ロリ少女官能小説集:★JE睡眠姦おまんこほいく(JE5歳/睡眠姦)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
「JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育」を発売しました。幼稚園児の女の子が、叔父にあたる大学生のお兄ちゃんに眠らされて、エッチないたずらやセックスをされてしまう話です。

小説で睡眠姦を描写するのはなかなか大変でしたが、なんとか書き上げることが出来ました。限定無料配布シリーズなので、1ヶ月後ぐらいを目処に無料配布を行う予定ではありますが、活動の継続のため、有料でも購入していただけると非常に助かります。

JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育(JE5歳/睡眠姦)

【基礎情報】
ジャンル:睡眠姦 いたずら 叔父と姪(大学生と幼稚園児)
全体的な作品傾向:インモラル 女体への興味 背徳感
全体的な鬼畜度:中(眠っている子と勝手にセックスしてしまう話です)

【属性とプレイ】
幼稚園児 幼女 歳の差 睡眠薬 睡眠姦 姪 脱衣 体舐め キス クンニ 挿入 初体験 処女喪失 セックス 正常位 後背位 中出し

【作品概要】
眠らせて犯すだなんて最低だって分かってる。でも、どうしても、可憐ちゃんとしてみたかったんだ――。大学生「相川健太」には可愛らしい姪っ子がいる。5歳の「上寺可憐」は真っ黒なロングヘアーの幼稚園児であり、引っ込み思案な性格のぶん、はにかむと物凄く魅力的になのであった。幼児そのものだった体は、年長さんにさしかかって前よりもすらりとお姉さんになっている。女の子としての特徴を増し、ふりふりのお洋服を着こなして、芳醇なロリータフェロモンを無意識のうちに発していたのであった。そんな美幼女の姪を、お兄ちゃんと慕ってくれる大切な姪を、健太は眠らせて裸にしてしまったのだ。体中を舐めまわし、写真を撮って、割れ目にペニスをこすりつけて……、俺って最低だ。そんな罪悪感とは裏腹にペニスはガチガチに勃起している。未就学児の眠り姫はこうして処女を喪失した。(文字数約41000字)

【目次】
1.愛らしい、あまりにも愛らしい幼女
2.ねむりひめ
3.裸にして味わって
4.舐め舐めおまんこほいく
5.ちっちゃなわれめと処女挿入
6.精子でいっぱい子供まんこ
7.おめざめの昼下がり


【登場人物】
●上寺可憐:かみでらかれん(5)
ロングヘアーが美しい、可憐な5歳の美幼女園児。恥ずかしがり屋で口数は少ないが、はにかむ顔も魅力的である。母親の弟に当たる健太をお兄ちゃんと慕っており、ほんのりとした恋愛感情も抱いてきた。そのため、ふたりきりになれる休日を、とても楽しみにしていたのだが……。

●相川健太:あいかわけんた(19)
性欲盛んな大学一年生。セックスの経験は無い。姉の娘にあたる可憐にお兄ちゃんとして慕われており、その可愛らしい姿に心身ともに惹かれつつある。


【文章サンプル】
そうして丹念に刺激した後、クリトリスの下から柔らかな粘膜を舐め下っていき、尿道口をぐりぐりとして周辺を舐めまわして、最後に膣口までやってきたのである。赤ちゃん作りの穴をぺろぺろと舐め、処女膜の感触を味わい、丁寧に刺激した後に期待を胸に吸ってみる。そうすると、妙にぬるぬるとした汁が、膣から口の中に流れ込んできたのであった。

健太は少し驚いて、大陰唇を押しのけていた右手を離し、その人差し指で膣穴をくすぐってみる。可憐の下半身がぴくんと跳ねた。その反応に興奮しつつ、健太は指先に付いたきらきらする粘液を観察し、親指と人差し指を擦り合わせその粘性を確認するのである。ぬるぬるした。ねばねばした。2本の指を離していくと、水晶のような色をした糸がいやらしく引いて、限界になってぷつんと切れる。

「愛液ってやつだよな。子供でも出るのか……」

生唾を飲む音がうるさい。張り詰めた神経が分かる。睡眠姦という極限の興奮の中で、可憐のおまんこが発情していることをようやくはっきりと認めるのであった。……感じてるのか? 眠ったままでも感じるのか? 健太は興奮して、可憐の大切な場所をべろべろと容赦なく舐め回した。激しくするだけでおまんこ全体がぴくぴくとし、ふとももまで小さく痙攣する。ちっちゃすぎる女性器による快感を、幼い身体全てで表してしまうのであった。

クリトリスにキスをし、小陰唇を舐め、もう一度クリトリスを刺激し、尿道の周りを味わって、……そこまでやってもう一度膣口を触る。溢れ出るエロ蜜の量はさらに多くなって、指先に汁がべっとりと付着した。膣口からあふれた女の子のジュースが、そうしてお尻へと垂れてしまうのである。健太は再び指で愛液をすくい、可憐の幼女クリトリスにその汁を塗りつけてみた。

「んぅ……、はぁ、はぁ……」

粘液まみれの指でクリトリスを触ると、寝ているはずの可憐が苦しそうに呼吸を始めた。動物の血が煮えたぎる。悶える可憐の声色は、発情したメスのそれであった。こんなに小さな身体だけれど、やっぱりおまんこで感じてるんだ。健太は興奮とともにさらにクリトリスをいじる。そうすると可憐は身体をよじり、どうしようもなく沸き上がってくる感覚に、反射的な反応を始めたのであった。布団の上で誘うようにくねくねと踊り、呼吸はさらに苦しげになって、額は快感で汗びっしょり、頬はほんのりと赤く染まっていく。この著しい反応が、健太の認識を塗り替えていった。

そうだ。俺はダッチワイフを相手にしているんじゃないんだ。可憐ちゃんという生身の幼女に、女の子を相手にこんなことをしているんだ。ひくつきがひどくなった性器を見ながら、欲情のあまり好奇心にかられる。このまま舐め続けたら、可憐ちゃんはイってしまうのだろうか?

舌を這わせ、再びクンニリングスを始める。今度は可憐をイかせるために、その可愛らしい姿を目に焼き付けるために、愛液でぬめった舌で、熱心にロリまんこを愛撫していくのであった。幼稚園児はオーガズムに達することができるのだろうか? 小さな女の子でもイけるのだろうか? 性欲にまみれた好奇心とともに、敏感になったクリトリスを集中攻撃していく。

舌先を尖らせて、皮に包まれた陰核をぐりぐりと押しつぶしていく。皮に守られた側面を優しく舐めて、唇全体で挟んで吸い上げ、先端をちろちろと刺激し、時には小陰唇や大陰唇も舐めた。性快楽に波をつける。ちょっとだけ気持ちいい場所と、とても気持ちいい場所を交互に愛撫して悶えさせる。可憐の呼吸はさらに乱れていった。健太もクンニは初めてであったが、しばらく熱心に続けていると、どういう風に舐めるのが一番効果的なのかがだんだんと分かってくるのである。可憐に奉仕するのがどんどん上手くなって、小さな身体の許容量を超えた快楽が、ちっちゃな下半身全体に満ちていくのであった。

「はぁ、はーっ、はぁっ、はぁっ……、あ、あぁ、あぅ……!」

さっきまで魔法少女もののアニメを見て、プチシューの甘みに喜んでいた幼女が、クンニリングスの刺激で身体をくねらせているのである。膣口からあふれる蜜はさらに量を増し、たらたらぽたぽたとお尻を濡らして、布団にまでシミを付けてしまうのであった。健太はそれを舌ですくって、勃起した包茎クリトリスに塗る。コリコリになってきた女の子の宝物を、集中的に舐めまわし凶悪に吸い上げる。発情しきったクリトリスに痛みを感じる要素はなかった。夢の世界にたゆたいながらもただ気持ちが良くて、淫らな呼吸でお兄ちゃんを誘惑する。さかったメスはセックスに熱中し、体全体の筋肉がぐっとこわばらせて……。

そこで頂点がやってきた。快楽の水準が急上昇した。全身をびくびくとさせ、汗ばんだふとももをがくがくとさせ、ちっちゃな手のひらをぎゅっと握りしめて、一瞬だけ呼吸を途絶えさせたのである。そうして数秒のあいだ痙攣が続き、強く身体を跳ねさせた後、激しい呼吸を再開して、体全体の力を抜いていき、快楽の汗でびっしょりになった全身をぶるりと震わせて、甘い吐息を漏らすのである。

「はぁっ、はぁっ、はぁ、はぁ、ふぅ、ん、あぁ……」
「イったんだよな、これ……」

JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育(JE5歳/睡眠姦)
子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影(JE5歳/輪姦)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
眠らせて犯すだなんて最低だって分かってる。でも、どうしても、可憐ちゃんとしてみたかったんだ――。大学生「相川健太」には可愛らしい姪っ子がいる。5歳の「上寺可憐」は真っ黒なロングヘアーの幼稚園児であり、引っ込み思案な性格のぶん、はにかむと物凄く魅力的になのであった。幼児そのものだった体は、年長さんにさしかかって前よりもすらりとお姉さんになっている。女の子としての特徴を増し、ふりふりのお洋服を着こなして、芳醇なロリータフェロモンを無意識のうちに発していたのであった。そんな美幼女の姪を、お兄ちゃんと慕ってくれる大切な姪を、健太は眠らせて裸にしてしまったのだ。体中を舐めまわし、写真を撮って、割れ目にペニスをこすりつけて……、俺って最低だ。そんな罪悪感とは裏腹にペニスはガチガチに勃起している。未就学児の眠り姫はこうして処女を喪失した。(文字数約41000字)

JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育(JE5歳/睡眠姦)

【1:愛らしい、あまりにも愛らしい幼女】
眠らせて犯すだなんて最低だって分かってる。でも、どうしても、可憐ちゃんとしてみたかったんだ――。

今年の春、ようやく大学生になった相川健太は、今寺可憐という少女にぎらついた欲望を抱いていた。いやどうだろう。可憐は少女と呼べるような年齢ではないのだ。上にずれているのではなく、下側に大きくはみ出ていた。だから、少女というより、幼女と呼ぶほうがしっくりくるのである。なにしろ年齢がたったの「5歳」なのだ。

たんぽぽヶ丘幼稚園というファンシーな名前の場所に通っている育ち盛りの年長さんである。クレヨンでぐちゃぐちゃに落書きをして、うんちおしっこでけらけらと笑って、ちょこまかと愛らしいあの幼稚園児なのだ。両親にも愛され一家の小さなお姫様としてずっと幸せに暮らしている。そんな今寺可憐は、健太の姪っ子にあたる続柄であり、家族のように同じ家で暮らす親しい間柄でもあるのであった。

相川健太は大学進学を期に、肉親の縁を頼りに、姉一家の自宅に居候させてもらっている。姪にあたる可憐もその家の住民だ。大学生になった健太は、可憐と一つ屋根の下に暮らす関係になったのである。姪のような、年の離れた妹のような、微妙な歳の差と関係だった。一緒にいる時間も多い。遊んでやることもある。そんな折に可憐は、計算のない幼女らしさで無意識のうちにくっつき、女の子の柔らかみでお兄ちゃんを誘惑してしまうのであった。

もじもじしながら時折笑い、保護欲を刺激するような危うさで、大股を開いて無防備にパンツを見せてしまう。可愛くて、可愛くて、ある種の人間には性欲さえ覚えさせるほど、……麻薬的に可愛いのだ。健太はもう可憐なしではいられない。人形のような美幼女が愛おしくてたまらない。

そうだ。仕草だけじゃなくて、見た目だって可愛いのだ。両親から譲り受けた深い夜闇の黒髪は、胸のあたりにまでさらさらと流れて、光を受ければ黒曜石のように艶めいた。穏やかに伸びる髪質とあわせて、幼女の平坦な体に女の子らしさを加味している。園児らしいミニチュアな女体には、幼稚園のスモックがよく似合った。二の腕・お腹・ふとももには幼女らしい丸っこさがまだ残っており、ちっちゃな足にも丸みがあって、手のひらサイズの桃色靴もこれまた幼く可愛らしいのであった。

両親の遺伝子を受け継いた5歳の無邪気な幼女には、たれた大きな瞳や桃色の頬、ためらいがちな桜の口元があった。気弱そうに下がった眉や、つんと伸びた睫毛の並びが、完成度の高いパーツを品を失わず彩っている。髪の毛から覗く耳や、髪型全体の可愛らしさもあって、5歳にすぎない園児の幼女は、全体として美幼女として成立しているのであった。近くにいれば、甘い香りでも漂ってきそうなほど……。

そんな麗しい外面には、墨を数滴垂らしたような儚げな影が香っている。可憐はどちらかといえば内向的な性格をしていた。酷く人見知りをして、何かともじもじしてしまう引っ込み思案な性分である。しかし感情にはわりと正直で、悲しければ泣いてしまうし、寂しければ顔に雨雲をかけるし、とっても嬉しい事があれば口元をにっこりさせて思う存分微笑むのである。

しかし、内気な可憐の微笑みは、誰にでも味わえるものではないのだ。知らない人に怯えてしまう可憐が笑顔を向けるのは、自分を作ってくれた両親、大好きな先生、仲の良い何人かのお友達、そして一緒に暮らしているお兄ちゃん、……すなわち、相川健太を含めた僅かな人々だけなのである。健太は信頼されていた。可憐は健太が大好きだった。お兄ちゃんとして慕い、愛してすらいたのである。

その健太が小さすぎる姪でエッチな妄想をしているのだ。

気弱な可憐が笑顔を見せる数少ない人であるお兄ちゃんが、小さな可憐の体に邪な欲望を抱いているのである。それもたちが悪いことに、欲望で終わるような欲望ではないのであった。欲望では終われない。妄想を現実にしてしまえ、……そんな純粋な欲望が狂犬のように吠え続けている。

可憐は小さく儚い。ガラス細工のような印象さえある。あの子の事を想ってオナニーしてしまうだけで、胸が締め付けられるほどの罪悪感にかられるというのに、眠らせて犯そうとするなんて、想像することも憚られることだと思ってはいた。だから健太は踏みとどまる。可愛い姪をレイプしなかった。煮えたぎる欲望は胸の奥にしまい、普通のお兄ちゃんでいることを選んだ。

だが自慰をしたとき、健太が感じたのは罪悪感だけだったのだろうか。あの子の幼い顔が、快感で汗ばむ瞬間を想像した時、溢れ出てきたのは罪悪感、そしてそれ以上の背徳快楽、何よりも甘美な禁断の悦楽だったのである。最低のことだとは分かっているが、もし仮に眠らせて犯したとすれば、ちっちゃな子供まんこにペニスをねじ込んだとすれば……、小さな体が肉棒とこすれて、最高の快感が健太のペニスを襲うのだろう。濃厚な白濁液を膣内に吐き出すのだ。

セックスという言葉さえ知らず、エッチという言葉の意味さえ裸でいること程度にしか捉えきれていない。そんなころっころとした5歳の女の子が眠っている隙を突いて、触って、舐めて、犯して……。何度妄想してティッシュを浪費したことだろう。何度空想してあの子を恋慕したことだろう。子供の子宮が妊娠してしまうぐらい、ぽっこりとしたお腹に命が宿ってしまうぐらいに、たっぷりたぷたぷに出してしまいたい。

今この瞬間、健太の勉強机にある引き出しの奥の奥には、通販で取り寄せたレイプ用の睡眠薬と、おまんこを濡らすためのローションがある。妄想を現実にする魔法の道具だ。幸いなことに、まだパッケージは開けられていない。一ヶ月前に購入したものだ。準備だけはして、実行は思いとどまっていたのである。良心が邪魔をして、邪魔をしてくれて、妄想を実行してしまうことは無かったのだが、日に日にその欲求は強くなり、我慢することが辛くなっていた。睡眠薬は使われなかったが、捨てることも出来なかった。

入りたい。入りたい。入りたい。……駄目だ。犯罪だけはしたくない。けど、あんなに可愛い子と一緒に暮らしていたら、俺は……。

大学の友人たちは、一人また一人と童貞を捨て、女体への理解を深めている。セックスなんて気を遣うし良いものじゃないと友人は言っていたが、それでもしてみたいのが健太にとってのセックスであった。この薬をあの子に使えば、エッチなことをすることが出来る。入るかは分からないが、もしかしたら挿れられるのかもしれない。挿れてみたい。試してみたい。年長さんの可憐がお兄ちゃんにべたべたと懐いて、ちっちゃな体をひっつけてくる瞬間ごとに、今すぐに押し倒して犯してしまいたい衝動にかられるのであった。

JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育(JE5歳/睡眠姦)
子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影(JE5歳/輪姦)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
眠らせて犯すだなんて最低だって分かってる。でも、どうしても、可憐ちゃんとしてみたかったんだ――。大学生「相川健太」には可愛らしい姪っ子がいる。5歳の「上寺可憐」は真っ黒なロングヘアーの幼稚園児であり、引っ込み思案な性格のぶん、はにかむと物凄く魅力的になのであった。幼児そのものだった体は、年長さんにさしかかって前よりもすらりとお姉さんになっている。女の子としての特徴を増し、ふりふりのお洋服を着こなして、芳醇なロリータフェロモンを無意識のうちに発していたのであった。そんな美幼女の姪を、お兄ちゃんと慕ってくれる大切な姪を、健太は眠らせて裸にしてしまったのだ。体中を舐めまわし、写真を撮って、割れ目にペニスをこすりつけて……、俺って最低だ。そんな罪悪感とは裏腹にペニスはガチガチに勃起している。未就学児の眠り姫はこうして処女を喪失した。(文字数約41000字)

JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育(JE5歳/睡眠姦)

駄目だ。絶対に駄目だ。あんな小さくて心優しい女の子を、眠らせてレイプしてしまうだなんて、絶対に……、駄目なんだ。だが性欲は沸き上がってくる。彼の性欲は並みのロリコンを超えていた。コントロール困難な衝動が彼の手先足先、体の全てにぐるぐると回って、可憐の幼女フェロモンと化学反応を起こし、信頼するお兄ちゃんの心をどうしようもなく暴走させてしまうのである。

ああ駄目だ。絶対に駄目だ。思いとどまれよ、俺……。そう考えながら可憐に目を奪われるたびに、してはいけないことをしてしまう快楽が、背徳禁忌の悦楽が、かえって増幅されてしまうのである。身長で言えば110センチにわずかに届かない程度、ちっちゃくて軽くて簡単に持ち上げられる幼女の体。抱きしめたら凄く柔らかくて危ういほどに小さいんだ。温かいんだ。そこまでは健太も知っている。じゃあ、割れ目の奥、小さく開いているはずの穴の奥、桃色にひくつく交尾の穴は……? そこはどれほど温かいんだろう? 柔らかいんだろう? どんな香りがするのだろう?

スパゲッティで口元を汚すその横顔、嬉しそうにホットケーキをほおばるそのほっぺた、大和撫子のように流れる黒髪、その合間から香る女の子のフェロモン。こんなに幼いのにメスの穴があるというその事実が、健太をどうしようもなく興奮させてしまうのであった。忙しい姉に頼まれ、可憐をお風呂に入れてあげることになると、可憐はお兄ちゃんの内心も知らず、無邪気に喜んでしまうのである。

「おにーちゃんと、おふろ……」

にっこりとする。上目遣いで見上げてくる。小さい女の子が上目遣いで……。

可憐は大好きなお兄ちゃんと一緒にお風呂に入れることを純粋に喜んでいた。引っ込み思案な微笑みが、彼の興奮と罪悪感を煽る。服を脱ぎ、真っ白でもこもこなパンツも脱いでしまうと、内気でインドア派な可憐の肌が、粉雪のようにきめ細やかで純な色をしているのだと分かってしまう。ものは使えば使うほど不可逆的に老朽化していくものだ。生まれてまだ5年しか経っていない可憐の肌は、20歳近くになってしまった健太のそれと比べ、もちもちぴちぴちとして触り心地が良い。シャワーで髪の毛と身体を濡らしてやり、あわあわのタオルで小さな身体を洗ってみると……、この幼女の垢が流れ、肌が瑞々しく艶めいて、ますます魅力的になってお兄ちゃんの心を捉えてしまうのである。

5歳の女の子はあまりにも無防備だった。裸なのに隠さない。お風呂で洗うとなれば、身体のどこでも触らせてくれる。おっぱい、おなか、おまんこ、女の子の柔らかな脂肪が詰まっている場所さえ、信頼して触らせてくれるのである。幼稚園児ぐらいの年齢だと、羞恥心が発達していない子も少なくない。可憐も裸を恥ずかしいとは思っていないのである。健太は幼稚園児の可憐で女の子の感触を知った。それで満足しておけばよかった。なのに健太はそれ以上を求め、自分を止められなくなっていったのである。

この子の中に入りたい。この子とセックスしてみたい。この子のおまんこの中にペニスをうずめて、小さな身体に欲望を流し込みたい。生まれながらに備わっている子宮というエッチな袋に、大人の精子をどくどくと流し込んでやりたい。……気づけば健太は勃起していた。お風呂が終わるまでそれを隠し続けなければならず、健太は興奮と緊張をひとときに強いられたのであった。

繰り返すようだが、この子はまだ5歳である。本人にも裸が恥ずかしいなんて気持ちは無かったし、お兄ちゃんを刺激していることになんて全く気付けていなかった。姉夫婦もこのぐらいの子の裸を隠す理由なんてそれほどないのだと想像していた。だが健太は可憐の幼いぷに肌に、男の繁殖欲を刺激されてしまっていたのである。お洋服のお着替えは目の前で行われた。健太が手伝わされることもあった。フェロモンたっぷりの可愛い女児の裸を、ちょうど真ん前で見せつけられるのである。おまんこだって隠さない。そのうえ、おしっこの香りさえ感じられるような、そんな距離感で裸になるのである。……たまらなかった。むらむらとした。それでも我慢しようとした。

しかし、延々と焦らされた末に、今度の休日に姉夫婦が共に休日出勤し、健太と可憐を残して夜まで帰らないのだと聞いて、……健太の忍耐力はあっけなく爆散してしまったのである。

この日なら、可憐とエッチなことが出来る。睡眠薬を使えば、姉夫婦にも可憐にも気付かれずに、その官能を味わい尽くすことが出来る。最低だと分かっていた。確かに悪いことだ。眠っている間にそんなことをするなんて……、しかし健太はもう止まらなかった。勃起したペニスがなかなか収まらない。どうしようもない妄想が頭のなかに広がっていく。

その妄想を素材に、何日も使って計画を練り上げ、どのように犯すのか算段を立てたのであった。本当に最低だと思って、何度も取りやめにしようとしたのだが、欲望はさらに膨らみ取り返しがつかなくなったのである。当日の朝にはもう、引き返す気さえ起こせなかった。

棚の奥の睡眠薬とローションが日の目を見ようとしている。永遠に封印して、カビでも生やさせておけば良かったのに。ロングヘアーの無邪気な姪はそんなお兄ちゃんの思惑を知らない。可憐の声を聞く度にペニスがどうしようもなく勃起して、抑えこむのが大変になって、苦労して……。健太はまだやめる気になれないでいる。

相川健太は爽やかな容姿をしていた。大学デビューでイメチェンし、服装にも気を使い始めたのである。そんな男とロングヘアーの美幼女が並んでいても、それほどの不審さはない。年は離れているが、兄妹に見えなくもない微笑ましい年齢差である。だがそれでも、可憐の大好きなお兄ちゃんは、姪の睡眠レイプを計画していて……、両親が出かけたあとに実行しようとしているのである。

眠らせて犯すだなんて最低だって分かってる。でも、どうしても、可憐ちゃんとしてみたかったんだ――。

彼はそうして自分のどうしようもなさを自覚しながらも、ちっちゃな姪の痴態を想像し、胸を躍らせているのであった。姉夫婦が出るまであと20分、ふたりきりになるまで20分、可憐へのいたずらが始まるまであとたったの20分である。可憐の両親にとっては出勤時間、可憐にとってはお兄ちゃんとふたりきりの楽しい時間のはじまりである。しかし、健太にとっての20分後は、生まれて初めて経験する睡眠姦の開始点、超えられないはずの一線を超える瞬間に他ならなかったのであった。その思惑を誰も何も知らない。ただ一人、主犯の健太を除いて……。

JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育(JE5歳/睡眠姦)
子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影(JE5歳/輪姦)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)