ロリ少女官能小説集:★JS妹淫乱交尾(10歳/近親和姦)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で……」を発売しました。(長い……)。お兄ちゃんのことが大好きなショートヘアの妹が、お風呂場で中出しセックスをする話です。……つまり、タイトル通りのロリエロ話ですね。「お兄ちゃん」という単語が167回出てくるぐらいにはラブラブなので、和姦派の人に特におすすめです。

限定無料配布シリーズということで、一ヶ月後を目処に無料で配るつもりではありますが、余裕のある方は有料でも購入していただけると助かります。有料購入していただいて発生した収入は、資料購入費や学習費などの、クオリティ向上のための経費としても使用されております。

JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で…… 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で……(JS10/ラブラブ近親和姦)

【基礎情報】
ジャンル:近親相姦(兄妹)・和姦
全体的な作品傾向:明るい ギャップ萌え 背徳 ラブラブ
全体的な鬼畜度:無 (鬼畜要素はありません)
本文文字数:約44000字 

【属性とプレイ】
妹 元気系少女 ショートカット 淫乱 ロリ 積極的 手コキ フェラ 口内射精 まんぐり返し 指マン クンニ 挿入 セックス ディープキス 中出し

【作品紹介】
何事も多面性がある。小学五年生「野崎結衣」もそうだ。半ズボン姿でふとももの覗かせ、公園を元気に走り回り、男子生徒と取っ組み合いの喧嘩をするボーイッシュな女の子に見える。しかしそれだって、ほんの一面にすぎないのだ。……結衣は最近セックスを覚えた。お兄ちゃんに教えてもらった。その気持ち良さを想像すると子供まんこがびしょびしょに濡れてしまう。お兄ちゃんといるときの結衣は、鮮烈なほどに女の子であり、オスとの交尾に夢を抱く小さな一つのメスなのであった。それなのに、自分から求めるのは羞恥心が許さないのである。お兄ちゃんの仕方ないちんちんを1000円で満足させてあげる。やれやれという風に兄の気を引いてみる。お兄ちゃんが抱いてくれるなら1000円なんていらないのに。濃厚近親相姦小説。


【目次】
1.ショートヘアの少女は兄妹セックスにドはまりしていた
2.お兄ちゃん!
3.元気妹のねっとりフェラ
4.元気妹にとろとろクンニ
5.元気妹とパンパン生交尾
6.事後のひととき


【登場人物】
●野崎結衣:のざきゆい(10)
ショートヘアの小学五年生。半ズボン姿が似合うボーイッシュな美少女だが、胸も膨らみ、スタイルは良くなり、体は丸みも増しつつある。お兄ちゃんとした興味本位のセックスが忘れられず、両親が留守にする日は、発情期のように求めてしまうのであった。お兄ちゃんのことはかなり本気で好きらしい。

●野崎竜也:のざきりゅうや(20)
大学の陸上部に所属するたくましい短髪青年。急速に女になりつつある妹に出来心で手を出してからというもの、元気過ぎる妹に頻繁に求められてしまっている。


【文章サンプル】
敏感さで言えば一歩劣るおまんこの玄関であるが、今の結衣はその柔肉さえも発情させ、弱めの性感帯として反応させてしまう。陰毛がまるでないつるつるの場所を舐め楽しむと、竜也はおまんこを広げたままひくつく粘膜をまた舐めまわし、結衣の性器に直接的な快楽を与えていくのであった。

「あぁ、はぁ、はぁ……」

結衣はうっとりと目を細める。湯で濡れた尻やふとももが、舌先に弱いところをいじめられるたびに、ぴくぴくと痙攣して嬉しがるのであった。結衣の顔はますます赤くなる。結衣の反応を見て竜也が勃起をする。勃起したおちんちんがまんぐり返しをする結衣の背中に当たると、お兄ちゃんが興奮しているのだと分かって、結衣のおまんこの潤滑もさらに増していくのであった。そうして出来上がってきた結衣のおまんこ、しかし本番はこれからである。ぷっくりと膨らんだ包茎クリトリスを舌先でくりくりと舐めてやると、ぴくぴくではなくビクビクと痙攣し、少女の秘めたる快感が粘膜と肉から溢れてしまうのであった。

「はぁ、はぁ、あぁ、はぁぁ……!」

皮に包まれたクリトリスを舐め、吸い、大陰唇や粘膜を巡ってからもう一度吸うと、結衣は大きな声を漏らし、切なく喘ぎながら快感に震えるのであった。結衣のクリトリスは敏感である。最初にセックスをしたときに、中身がどうなっているのか気になって剥こうとしたら「痛い!」とビンタされてしまったほど敏感な突起物なのだ。優しく扱わなければならない。皮の上から優しく舐めるだけで我を失いかねないほどに気持ちが良いらしく、ひと通りクリトリスをねぶっても、もっとやってもっとやってと結衣の瞳が訴えてくるのであった。

クリトリスを舌先でいじりながら、竜也はふと思い出す。5歳の頃の結衣は手がかかった。同じ絵本なのに何度も読めといやいやと暴れ、聞き入れられないとなれば、兄を蹴飛ばすほどの元気の良い幼稚園児なのである。しかし今の結衣は、女の子の色香を体中から漂わせて、ぴくぴくと肌を痙攣させながら、おまんこへの責めを視線で求めてくるのであった。たった5年の歳月、しかし結衣の5年は、女の子の心にここまでの変容を促したのである。たったそれだけの年月で、何も知らない幼児から、淫らなメスになってしまった。艶かしい結衣の雰囲気に、竜也のオスも自然といきり立ってくる。興奮に包まれたまま兄は妹をひたすら責めたてていった。

竜也は左右の手のひらで結衣のふとももを優しく撫でると、右手の太い人差し指をびちょびちょの膣口に挿入し、熱い蜜壺をくちゃくちゃとかき回した上で穴からそれを引き抜くのであった。一度差し込んで抜くだけで指の表面は愛液まみれになる。今度は中指と人差し指を同時に膣口に当て、ぐっと奥まで押しこむのであった。最初はきついようにも思われたが、柔軟性に満ちた結衣のおまんこはなんなく指に適応し、内部の肉ひだを指にからませながら膣まわりの筋肉全体で指を締めつけるのであった。子宮口に到達する。コリコリの子供子宮はまだ生殖能力を有していないのであるが、快感神経は張り巡らされており、クリトリスと違う深い快感が結衣の身体をうずかせるのであった。

「はぁ、はぁ、ん、あぁ、お兄ちゃん……!」
「どうした? 苦しいか?」
「ちがう、気持ちいいの……! お兄ちゃんにそこをぐりぐりされると……」
「……ここか?」
「あっ、はぁ、うっ、うん、赤ちゃんのお部屋の入り口をね、優しく触られるとぉ、……はぁ、はぁ、お腹の奥がうずうずして、とっても気持ちよくてぇ……!」

結衣は切なげに告白し、おまんこに満ちる快感を吐露するのである。お兄ちゃんにしてもらえることがそれだけ嬉しいということでもある。にちゃにちゃと粘っこい音を立てる穴、ぴくぴくと愛らしく震える少女の身体。口元はだらしなく半開きになって、出るのは喘ぎと熱い吐息。桃色の口の端からは、温かな唾液がこぼれてしまっている。結衣は鼻をすんと鳴らして、太い二本指を締め付けながら言った。

「お兄ちゃん、もっと激しくしてよ……」

JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で……(JS10/ラブラブ近親和姦)
ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館(5歳/9歳/売春)
山奥の売春孤児院 JS少女とおじさんの受精セックス結婚式(JS11歳/妊娠)
何事も多面性がある。小学五年生「野崎結衣」もそうだ。半ズボン姿でふとももの覗かせ、公園を元気に走り回り、男子生徒と取っ組み合いの喧嘩をするボーイッシュな女の子に見える。しかしそれだって、ほんの一面にすぎないのだ。……結衣は最近セックスを覚えた。お兄ちゃんに教えてもらった。その気持ち良さを想像すると子供まんこがびしょびしょに濡れてしまう。お兄ちゃんといるときの結衣は、鮮烈なほどに女の子であり、オスとの交尾に夢を抱く小さな一つのメスなのであった。それなのに、自分から求めるのは羞恥心が許さないのである。お兄ちゃんの仕方ないちんちんを1000円で満足させてあげる。やれやれという風に兄の気を引いてみる。お兄ちゃんが抱いてくれるなら1000円なんていらないのに。濃厚近親相姦小説。

JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で…… 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で……(JS10/ラブラブ近親和姦)

【1:ショートヘアの少女は兄妹セックスにドはまりしていた】
土曜日の午後4時、夏の日差しも正午の激しさを失い、太陽が傾くとともに地表が熱を失い始める時間だ。そんな夕暮れも間近の時刻、すらりと引き締まったスレンダーなショートヘアの美少女が、小麦色に焼けた足でジャングルジムの最上部に器用に立って、ポケットからスマートフォンを取り出したのであった。風が来る。少女の汗が香りながら散り、気化熱を奪って立ち去っていった。汗に濡れた黄色いシャツと、ふとももの半ばで切ったようなベージュ色のズボンが、さらさらと危うく揺らめいている。ジャングルジムを登る男子生徒たちも、乱れるシャツの裾や、半ズボンの口から見える少女の素肌に目を奪われずにはいられなかった。小麦色の肌の向こうに、白みがかった焼けていない部分が覗く。雪のように白い。小学五年生の剥け始めた色香である。

しかし少年たちは、そんな気持ちをおくびにも出さない。素肌に抱いた感動は心のなかにしまっておく。そうして、野性味むき出しの乱暴な口調で、頂点の美少女に言い放つのであった。

「馬鹿な奴だな。こんな所に逃げやがって、これで同点だぞ!」
「動くなよオトコオンナ!」

ジャングルジムの四方から登る坊主や短髪の少年たちは、5人そろって少女を見上げ、微細な動作に気を払いながら、一段一段の上に登るのであった。逃げられないように、逃げられないように、少しづつ追い詰めていく。側にある大木の影で休む、ロングヘアーや三つ編みなどの個性豊かな女児たちは、ジャングルジムのてっぺんを心配そうに見上げながら、唯一の希望に声援を送るのであった。

「結衣ちゃーん、逃げてー!」
「ここで負けたら同点になっちゃうよー!」
「スマホなんて見てる場合じゃないって! 男子たちが来てるんだよ!」

しかし肝心のショートヘア美少女「野崎結衣」は、スマホに視線をやったまま、画面をひたすら操作している。

「……ぁ」

顔がほんのりと赤く染まり、何かを懸命に目で追っているのであった。他の子供たちとはまるで別世界にいるように飄々としている。緊迫感に満ちた友達のことなど意識のどこにも入らない。男子なんて眼中にも入らない。ただただ画面を見つめて、大きな瞳をきらきらとさせているのである。

風がもう一陣吹いた。スマートフォンの刺激によりにじんだ結衣の興奮の汗は、先ほどと同じように突風にさらわれる。フェロモン漂う少女の汗は、そうして桃色の官能を纏いながら、虚空に消えていくのであった。別の子供たちがジャングルジムの側を走りぬけ、ある者はブランコをこぎ、ある者は砂場で遊び、夏の突風が吹きつけられるたびに公園を囲う木々がざわめいていく。そして差し込む厳しい日差し。10人の少年少女とそびえ立つジャングルジム、それを取り巻く諸々の状況が、この公園の全てであった。

……結局、この子供たちが何をしているのかといえば、単純明快、鬼ごっこをしているのである。しかしこれは、ただの鬼ごっこではない。男女5人づつのチームに分かれて、10分おきに攻守交代をする。逃げる側が逃げ切れば1点、追う側が全員を捕まえても1点、そうして3点を集めきったらそのチームの勝ちとなるのであった。では、そんな遊びに、何故こうも真剣になっているのか。賞品があるからである。負けた側のチームは、勝った側のチームのぶん、月曜日の学校の掃除を負担させられることとなっていた。下らないといえばそれまでだが、掃除を押し付けられるのは屈辱的である。自らの尊厳のために子供たちは戦っていたのだ。

女子チームが2点、男子チームが1点。結衣が逃げ切れば女子の勝利、結衣が捕まれば男子は同点に迫る。そして男子は、唯一の生き残りである結衣をすでに囲んでしまっているのであった。四面楚歌ほどの緊迫した情勢……、だが、ジャングルジムの頂点にいる結衣は、そんなことはどうでもいいといった雰囲気である。そうしてようやくスマホを半ズボンのポケットに押し込み、四方向から登ってくる男子を見回して、地上の現在の世界にようやく戻ってくるのであった。男子のうちで一番せっかちなものは、結衣の肌まで1メートルの距離に迫っている。もう数呼吸で捕まってしまう状況だと結衣はようやく知ったのであった。

「もう逃げらんねえぞ!」

その言葉が終わり、瞬き一つの後に行われた結衣の判断は、他の女の子とは比べ物にならないほど早い。素早い。男の子たちも反応さえ出来ない。算数のテストは22点だったのに、こういう野生的な瞬間においては、電子計算機に負けないぐらい素早く答えを導き出せるのであった。突破口は四面の一辺にある。太った少年が、ジャングルジムを登るのに手間取っているのを目測すると、すぐさま状況を総合し、逃れるための最適判断を下した。そちらの方向へと足を踏み外すこともなく器用に駆け、ジャングルジムの上で助走をつけて、思い切り幅跳びをして空中に飛び出たのであった。そこからなら逃げきれると踏んだのである。事実、全く邪魔が入らず、苦労もなく、結衣はジャングルジムという檻から解放されたのであった。

「わっ!」
「すごいすごい!」

大木のそばの女子が歓声を上げ、男子生徒は舌打ちをする。追い詰めた獲物に逃げられてしまった気持ちになった。少女の小さな体が放物線を描くように飛んでいる。鮮やかな青空と、影に満ちたボーイッシュ少女の姿。美しい肉体美があった。ショートヘアがなびいて耳が出て、玉の汗が空中で振り落とされる。結衣はそうして空中で着陸の姿勢を整え、茶色の土の地面を思い切り踏むのであった。足の裏がしびれる。てっぺんからの重力加速度と、少女の育ちつつある体の重さが、細く引き締まった足にそれなりの負担をかけた。しかし、立てなくなることもなければ、怪我をする様子もなく、普通に歩いて二歩三歩、そうしてなぜか降参するように両手を上げてジャングルジムに振り返るのであった。

「やめにしよう! やめやめ! 私すぐに帰らなきゃだから!」
「はぁっ!?」

ジャングルジムの頂上付近で、少女の跳躍に見惚れていた坊主頭の少年が、素頓狂な声を上げて抗議の言葉を述べ始める。

JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で……(JS10/ラブラブ近親和姦)
ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館(5歳/9歳/売春)
山奥の売春孤児院 JS少女とおじさんの受精セックス結婚式(JS11歳/妊娠)
何事も多面性がある。小学五年生「野崎結衣」もそうだ。半ズボン姿でふとももの覗かせ、公園を元気に走り回り、男子生徒と取っ組み合いの喧嘩をするボーイッシュな女の子に見える。しかしそれだって、ほんの一面にすぎないのだ。……結衣は最近セックスを覚えた。お兄ちゃんに教えてもらった。その気持ち良さを想像すると子供まんこがびしょびしょに濡れてしまう。お兄ちゃんといるときの結衣は、鮮烈なほどに女の子であり、オスとの交尾に夢を抱く小さな一つのメスなのであった。それなのに、自分から求めるのは羞恥心が許さないのである。お兄ちゃんの仕方ないちんちんを1000円で満足させてあげる。やれやれという風に兄の気を引いてみる。お兄ちゃんが抱いてくれるなら1000円なんていらないのに。濃厚近親相姦小説。

JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で…… 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で……(JS10/ラブラブ近親和姦)

「まだ勝負はついてないだろ!」
「そうだけどさ、外せない用事が出来ちゃって」
「だからってやめはないだろ! もう少しで勝て……」

勝てそうだったのにと言おうとして、それがいかにナンセンスか気づいた。女子より男子の方が運動能力が高いというのは、思春期を前にしたこの時期であっても同じことである。それなのにどうして女子チームがリードしていたかといえば、結衣の運動能力が高く、毎度毎度最後に一人になって、男子にもなかなか捕まえられなかったからである。ジャングルジムから綺麗に跳躍し、顔色一つ変えずに着地する芸当は、5年生の男女の誰にも真似ができない。まんまと逃げられた。このまま続けても、前の戦いのように逃げ切られてしまうだろう。そんな状況であるから、結衣の言葉には女子たちもブーイングを始めたのであった。

「せっかく勝てそうなのにー」
「もうちょっとやろうよ。男子をやっつけよう?」
「んー、でも、ちょっとね……。すぐに家に帰らなくちゃいけないんだ」
「……そんなぁ。もったいないなぁ」
「ねえ、用事って何なの?」

その質問に対してしばらく間があく。男子も女子もこの場のヒロインたる結衣の言動に注目している。しかし結衣は困ったように笑って、公園の入口に駆け出しながら言ったのであった。

「ごめん、ノーコメント!」
「えーっ!」

子供たちは騒ぎ出す。勝ち戦であったものだから、不平の声は女子から多く聞かれることとなった。しかし結衣は曲がらない。不平の声を笑ってごまかしながら、ほどよく引き締まった右手をぶんぶんと左右に振って、半ば強制的に別れを告げ、公園の入口へと走り続ける。

「やっぱ、押し付けるのは良くないよ。男女協力してやろうよ。掃除当番なんてなんだっていいじゃない。だからごめん! 今日の勝負は引き分けってことで……、男子もいいよね!」

負けん気の強い少年は、まだまだ戦えらあとでも言いたげな顔で結衣を見つめていたが、このまま戦っても掃除当番を押し付けられるだけであろうことは、今の跳躍でよりはっきりとしてしまっていたのであった。……三十六計逃げるに如かずと、中国の武将も論じていたではないか。

そんなことを考えていたかどうかはともかくとして、全速力で立ち去る結衣を止められる人間がいないというのは、どうしようもない現実である。女の子でありながら足が一番速いのだ。誰も追いつけないなら、無理に引き止めることも出来ない。そうして9人でぽかんと見送っている内に、結衣は公園の外へと消えていってしまったのであった。

結衣は笑みがこぼれそうな顔で住宅街を疾走しつつ、頬を乙女らしく染めて、一人内心で思うのである。

言えない。

絶対に言えない。

お兄ちゃんとエッチするから鬼ごっこをしてる場合じゃないだなんて、天地がひっくり返っても言うことが出来ない。駿河問いにかけられてもきっと口は割らないだろう。そんなことを言えば大事なお兄ちゃんがロリコンで逮捕されるであろうことを、5年生の少女はすでに理解していた。秘め事である理由も、秘め事でなければならない理由も、結衣は熟知していたのである。一口に小学生と言っても、低学年と高学年では体も心も異なっていた。

「はぁ、はぁ……!」

息を切らせても走るのをやめない。息が切れたぐらいでは走ることをやめられない。お兄ちゃんが待っているのだ。お兄ちゃんが家にいるのだ。今日は土曜日、休日であるが、結衣の父親と母親は夫婦水入らずでデートに出かけてしまった。つまりこのまま家に帰れば、お兄ちゃんと結衣の二人きりになれるのである。結衣の兄には竜也という名前があった。「野崎竜也」だ。「たつや」ではなく「りゅうや」である。結衣の兄らしく体格の良いスポーツマンであり、ペニスもかなり大きくて、そして、そして、結衣の初めての人なのである。誘われるがままに交尾をして、そのままエッチの虜になった。

結衣は小学5年生にしてセックスを知ってしまった。今どきの5年生であれば、性教育をまたずとも自主的に赤ちゃんの作り方を知るほど勉強熱心であろうし、インターネットという広大な教科書も使えるので、わからないはずはないのである。しかし、セックスの始めから終わりまでを初潮も経ずに修了してしまうような少女は、通う小学校の中でも、結衣ただ一人だけのはずである。あの場で鬼ごっこをしていた結衣を除く9人も、きっと皆、密かに性を探求しようとしているのだろうが、実践となれば結衣をおいて他にはいないに違いない。

そうして結衣は、そのことに罪悪感を覚えるどころか、新しい快楽にはまりこんでしまって、機会があればお兄ちゃんとの近親相姦セックスをしているのである。見かけによらず性欲が強い少女であった。許されるのであれば、スケジュール帳を全てお兄ちゃんで埋めたいぐらいに交尾をすることが大好きなのだ。

JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で……(JS10/ラブラブ近親和姦)
ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館(5歳/9歳/売春)
山奥の売春孤児院 JS少女とおじさんの受精セックス結婚式(JS11歳/妊娠)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。