ロリ少女官能小説集:★JS銭湯合法露出(JS11歳/露出/乱交)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JS銭湯合法露出 男湯で性欲を発散する変態少女を発売しました。強い露出願望を持つ淫乱小学生が、子供であることを利用し、男湯で合法的に露出して、むらむらした若い男性客たちと乱交してしまう話です。

限定無料配布シリーズということで、出版一ヶ月後あたりを目安として、無料配布を行う予定です。買っていただくこと自体はありがたいので、早めに読みたいという方は、ぜひお買い求めください。

銭湯モノということで、表紙の色使いやデザインに女児銭湯のものを使用してみましたが、少し紛らわしいので表紙は差し替えるかも……。

JS銭湯合法露出 男湯で性欲を発散する変態少女 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JS銭湯合法露出 男湯で性欲を発散する変態少女(JS11歳/露出/乱交)
--------------------

※この小説には以下の要素が含まれます。
小学生 露出 視姦 銭湯 男湯に女の子 自撮り フェラ ぶっかけ クンニ セックス アナルセックス 3P 快楽失禁 乱交 初体験

【あらすじ】
大勢の前で裸になりたい。好奇や欲情の眼差しで全身を舐められてしまいたい。ショートヘアの元気系小学生「幸村芹那」には変態的な露出願望があった。でも、そんな趣味がバレたら、学校の友達に変態扱いされてしまう。芹那はそうして、ネットでの自撮りにまで譲歩し、自分の欲望に折り合いをつけてきたのであった。しかし芹那は思いついてしまう。小学生なら男湯に入れる。男湯に入って、合法的に裸を見てもらうことが出来る。数日後の夕方、早速銭湯に向かった芹那は、膨らみかけの胸や陰毛が生えかけたおまんこを男湯の中で晒してしまうのであった。集中する視線。盛り上がる欲情。興奮した芹那は昂ぶり、浴槽の中で自慰を始める。男たちはとうとう芹那の本性に気づき、ペニスを勃起させ、少女との乱交を始めるのであった。文字数約36000字。(鬼畜度:無 鬼畜な表現はありません)


【目次】
1.芽生え始めた願望
2.ふと思いついた
3.遠出
4.視線の味
5.誘惑されて触られて
6.見られながらの初交尾
7.新しい関係


【登場人物】
★幸村芹那:さちむらせりな(11)
小学6年生の女の子。ショートヘアの美少女である。学校では、活発で明るい普通の女の子を装っているが、その殻の奥には変態的な露出願望があった。自作のエロ画像をネットに晒し、欲望のはけ口としていたが、その刺激に飽きたらず、男湯に入って合法的に露出することを思いつく。

★学生の集団
風呂のない安アパートに住まう大学生たち。芹那が男湯にやってきた時、たまたま居合わせた客である。子供が相手ということもあり、初めはちらちらと盗み見る程度であったが、芹那の変態性に気づくと、抑えがきかなくなり……。


【文章サンプル】
芹那の膣穴は、ひくひくと動き、時折きゅっと収縮してとろみのある蜜を吐き出すのであった。甘い蜜である。男たちを香りで誘い、食べてしまうための誘惑の蜜。大量のおしべに囲まれて、芹那のおまんこは、空腹のあまりよだれを垂らしている。太いウインナーを咥えて精を吸い出し、満腹になりたがっているのだ。

芹那のおまんこは広げられたまま、ただただ鑑賞され、触られることもなく放置された。視線が愛撫になり、ろくに触られても居ないのにどんどん湿りを増していく。芹那のおまんこを広げていた男は、芹那の蜜が放つ香り立つ性臭に我慢が効かなくなり、とうとう口を近づけて芹那にクンニをし始めたのであった。手始めの挨拶として、クリトリスにキスをされた。

「んッ……!? んむぅ……!」

長くて広い舌が、クリトリスから膣穴までをねっとりと舐めていく。ぴちゃぴちゃと音を立て、膣穴からずるずると愛液を吸い出し、クリトリスに濃厚なキスをして、尿道口の周りを舌先でからかう。それだけの愛撫でびくびくと腰が跳ねてしまった。体中を愛撫され、視線で舐められてしまったがゆえに、芹那のおまんこは、今までにないほど発情し、敏感になっているのである。感度が良い、感じやすい身体になってしまっていた。こうしている今も、胸や尻を撫でられている。あまりに気持ちが良くて、フェラチオが止まってしまう。

「ハァ、ハァ……。ほら、良いところなんだから、休んじゃ駄目だよ」
「んうぅ……」

そうして芹那は全身を愛撫されながら、ペニスを熱心に奉仕しなければならなくなった。しかし、芹那の体は、激しすぎる愛撫の末に限界を迎えてしまったのである。体中をはっきりと見られたまま、男の人に見られたまま、オーガズムを迎えてしまうのだ。

「ん゛ッ……」

くぐもった声。それと同時に、芹那の全身が今までにないほどびくびくと跳ねるのであった。尻や背中に浮かぶ、汗とも水滴とも突かない液体が、オーガズムの痙攣に寄ってたらたらとこぼれていく。そんな芹那とは無関係に興奮した男は、びくつく尻にペニスをこすりつけ、勝手に達して精液をかける。私、イっちゃった。男の人達に見られながら、もう一回イっちゃった。他の男たちも、芹那の痴態で興奮の極地に至り、尻や背中に好き勝手に射精をするのであった。

「芹那ちゃん、もしかしてイった? 今、絶対にイってたよね?」
「くっ……、こっちもそろそろ出るよ」

芹那のそんなエロティックな反応に、しゃぶられていたペニスも限界になってしまった。フェラチオをさせていた男は、芹那の濡れたショートへアをねぎらうように撫でて、上目遣いで見上げた芹那に、微笑みながら言うのであった。

「全部飲むんだよ。美味しくはないと思うけど、頑張って」
「ん……!」

芹那は目を見開く。とうとう来たと思った。精液ってどんな味なんだろう。どんな味でも飲まなきゃいけないんだ。口の中のペニスがビクビクと痙攣し、亀頭の先の鈴口がら、濃厚な精液が喉に向かって発射されるのであった。どくどくという音とともに、芹那の桃色の口の中が生臭い粘液で汚されていく。舌に広がる苦い味に、芹那はわずかに顔をしかめたが、あの射精が口の中で起こったという興奮は芹那という少女にとって鮮烈であった。ごくりと喉を鳴らす。粘っこくて飲みにくい赤ちゃんの汁を、ごくごくと食道に落としていってしまう。おまんこではない穴で、受精してしまったような気分になる。

「ん、む、んく、んく……」

そうして口の中を、気持ちよくさせた証で満たした芹那は、クリトリスの表面で舌が踊るのを感じながら、もう一度軽くイってしまうのであった。足の指先から頭のてっぺんまで、びくびくと跳ねて気持ちよくなってしまう。芹那の絶頂を感じ取ったのか、クンニリングスを続けていた男は、口を離して指マンに移った。おまんこを開きながら、親指でクリトリスをこする。すると、ぴちゃぴちゃという音を立てて、尿道から勢い良く潮が発射されるのであった。

「おっ、芹那ちゃんまたイったか」
「さっきイったばっかりだろ? 性欲強いねー」
「んッ、う、うぅぅ……!」

こんな言葉責めで、芹那はぞくぞくとしてしまう。私は変態な子供だ……。芹那はそうして幸せな気持ちに浸り、射精が終わったペニスをようやく口から引き抜くのであった。

「ぷはっ、はぁ、はぁ……」
「芹那ちゃん、お口見せて。ちゃんと飲めたかチェックしてあげる」

芹那は恍惚となって、その言葉を受け入れてしまう。フェラチオをしてあげた男を見上げながら、大きく口を開く。芹那の口にはもう精液が無かった。一滴残らず、お腹の中に収めてしまったのである。それを確認して満足したのか、男は頭に手を伸ばし、芹那のおつむをぐりぐりと撫でてやった。

「すごいじゃん。全部飲めたんだ」
「えへ……、思ってたより、飲みやすかった」
「芹那ちゃんエロいなぁ。俺の元カノなんて、フェラもしてくれなかったぞ」
「芹那ちゃん、俺のもやってくれよ」
「俺も俺も!」

芹那の言葉を聞き、爆発寸前のペニスがつぎつぎと突きつけられるのであった。どのちんちんも立派に反り返り、芹那の興奮を煽る形をしていた。芹那は迷って目移りしてしまう。どのおちんちんで遊ぶのも、芹那が思うままなのだ。その一方で、下半身では別の試みが行われていた。新たな男が芹那の下半身を占領し、お尻にペニスをこすりつけているのである。

JS銭湯合法露出 男湯で性欲を発散する変態少女(JS11歳/露出/乱交)
女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)
自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出(JS11歳/JC12歳)
大勢の前で裸になりたい。好奇や欲情の眼差しで全身を舐められてしまいたい。ショートヘアの元気系小学生「幸村芹那」には変態的な露出願望があった。でも、そんな趣味がバレたら、学校の友達に変態扱いされてしまう。芹那はそうして、ネットでの自撮りにまで譲歩し、自分の欲望に折り合いをつけてきたのであった。しかし芹那は思いついてしまう。小学生なら男湯に入れる。男湯に入って、合法的に裸を見てもらうことが出来る。数日後の夕方、早速銭湯に向かった芹那は、膨らみかけの胸や陰毛が生えかけたおまんこを男湯の中で晒してしまうのであった。集中する視線。盛り上がる欲情。興奮した芹那は昂ぶり、浴槽の中で自慰を始める。男たちはとうとう芹那の本性に気づき、ペニスを勃起させ、少女との乱交を始めるのであった。文字数約36000字。(鬼畜度:無 鬼畜な表現はありません)

JS銭湯合法露出 男湯で性欲を発散する変態少女 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JS銭湯合法露出 男湯で性欲を発散する変態少女(JS11歳/露出/乱交)
--------------------

【1:芽生え始めた願望】
幸村芹那は露出狂だった。予備軍だった。まだ小学生なのに、激しい露出願望を胸に秘めていたのである。その萌芽が見られたのは、おおよそ2年前、小学4年生の朝のことであった。

幼児の時代を抜け、大人に向けてぐんぐん成長していた4年生のころの芹那には、艶めくショートヘア、大きな瞳、微笑む口元など、すでに様々な魅力が備わっていた。スポーツ万能ではないが、友達と一緒に身体を動かすのは、芹那にとっての最大の娯楽である。そんな日常的な運動による引き締まったボディラインは、体育の時間に美しく映える。胸はまだ膨らんでいないが、お尻には脂肪が付いて、胸のような魅惑の丸みが服の上に浮き出るのである。

クラスの男子が何処かで気にかけてしまうような美貌を、体いっぱいに纏っていた。端的に言って、芹那は美少女である。そんな芹那が、突然の思いつきにより、露出の味を知ってしまったのだ。

陽光が窓から差し込む部屋、パジャマから洋服に着替えている途中、タンスの中の手が下着を握りながら止まったのである。そこで初めて妄想した。もし、パンツを履かないで学校に行ったら、一体どんな気分になるんだろう。どんな風な気持ちになれるんだろう。どんなにドキドキ出来るんだろう。芹那の脈拍は自然と上がっていった。芹那は何の影響を受けるでもなく、そんなことを頭の中に浮かべてしまった。

ショートヘアに彩られた頭にじんわりと汗が滲む。芹那は昔から活発で、明るく元気な女の子であった。そんな日向の女の子とは、到底調和し得ないねちょねちょとした闇の願望である。周りの友達や大人が知ればきっとそんな評価を下すのだろう。しかし芹那は、そんな欲望に違和感を抱くこともなく、選択肢の一つとして受け入れたのである。芹那は4年生。分別もついてくるころであるが、活発な性格もあって、時と場合によっては思いつきのままに突っ走ってしまう。

そんな考えなしの芹那であるが、今回ばかりはしばらく考えていた。考えた挙句に、考えなかった場合と同じ結論に至った。まだ輪郭を得ていない性欲と、きらめくような好奇心が、芹那の心を動かしたのである。タンスの中にパンツを突っ込み、そのまま閉めてしまう。シャツに袖を通し、スカートを履いて、……それだけだ。パンツを履かないで学校に行くつもりだ。芹那はそのまま、何にもおかしなところがないかのように振る舞って、両親と一緒に朝食を食べ、玄関のドアを開ける。そうしてノーパンのまま、学校にまで行ってしまったのであった。

芹那はみょうにドキドキとして、まともに頭を働かせることが出来なかった。顔はすでに赤く、額には汗が滲んでいる。一時間目が始まる前から、興奮のために瞳がうるんでいた。スカートの丈は膝まである。派手に動いたりしない限り、そうそう見られることはないはずだ。そんなことを考えながら、バレたときの妄想をしてしまう。

これってすごくエッチなことだ。4年生の芹那は、未知の興奮にふとももを擦り合わせる。良くわからないけど、凄いことをしている。

芹那はそのままノーパンで授業を受け、特有の興奮と緊張を痺れるほどに感じながら、午後の授業終了までの時間を過ごした。芹那のプチ露出に気づく者はいない。でも、もし、誰かに見られたら。本当はもう見られてて、影で噂をしているとしたら? 心臓が踊り、頭がぼうっとする。そして、そのぼうっとした意識が、芹那という少女を興奮の極地へと陥れるのである。

芹那はその日の夕方、下校をする前に、学校の2階にある図書室に向かった。授業内での発表のために借りていた本を、帰しておかなければいけなかったからだ。芹那は額の汗を拭き、人気のない図書室の中に入って、受付にいる図書委員の女の子に借りていた本を手渡した。芹那よりも1学年か2学年上の、上級生の少女である。弱々しい白い手で芹那の本を引き取るのであった。返却を済ませた芹那は、、がらんとした図書室に並ぶ本棚を眺めた。何か面白いものはないかと足を伸ばした瞬間、足元の丸椅子に気づかず、それにけつまずいて、体のバランスを崩してしまったのであった。

夕日の差し込む図書室の中で、芹那の身体が傾いていった。とっさに手を伸ばしたので怪我は無かったが、そのかわり、芹那のスカートが生尻が見えるぐらい派手にめくれ上がってしまう。ふとももの合間から見えるのは、淫靡なおまんこの割れ目だ。芹那は3秒で気づいたが、その時にはもう手遅れになっていた。

「あっ……」

図書委員の女の子は、転んでしまった芹那に手を貸そうとしたが、丸出しのお尻を見て手を引っ込めてしまう。芹那がパンツを履いていないことは一目瞭然である。ノーパンで学校に来るなんて、普通の子がすることじゃない。図書委員の女の子は、どうしていいかわからず目を伏せてしまった。芹那は自分の火遊びがバレてしまったことに気づき、慌ててスカートを直しながら、真っ赤になって立ち上がる。芹那は声を震わせ、一言だけ口走った。

「だ、誰にも、言わないで……! お願いします……!」

図書委員の女の子は、顔を赤くして、返事もできずにただ頷いた。メガネを掛けた、いかにも読書好きな無害そうな女の子で、芹那がノーパンだったことなど、バラすようには見えなかった。放課後の図書室は人が少ない。芹那にとって幸いなのは、目撃者が図書委員一人しかいなかったことである。しかし、図書委員の瞳には、同情と嫌悪と哀れみが混ぜ合わされたような、冷たい色が滲んでいたのだ。

その目つきにぞくりとする。自覚もないままに、快感を覚えていた。同時に芹那は、死んでしまいたくなるほど恥ずかしくなって、長い足で駆け出して、図書室から逃げ出してしまったのである。走って、走って、走って、校門を出て、コンビニの側を抜けて、横断歩道を駆け抜けて、自分が住んでいるマンションにまで戻ってきて、慌ただしく玄関を開けた後、自室に直行し、柔らかなベッドに飛び込んだのであった。

「あぁぁ……。見られた……。絶対、変な子だって思われた……!」

それは芹那にとって、思い出したくもない恥の体験であった。露出にはリスクがあるのだと、子供なりに思い知った瞬間でもあった。その一方で、芹那という少女が初めてオーガズムを迎えた思い出の刹那でもあった。

パンツを履いていないお尻を見られてしまった時、芹那のマゾヒスティックな心がゴリゴリと刺激されたのである。声を絞り出して、逃げ出して、走っている時……。何もかもが終わってしまったかのような絶望感の中で、芹那は人知れず絶頂を迎えたのである。芹那はその心根から、露出に快感を覚える人間だった。

股間がひんやりとする。股の間に手を伸ばすと、性器が濡れていることが分かった。「イク」という言葉も現象さえも知らなかった芹那は、恥ずかしさのあまり漏らしてしまったのかと考え、あまりの情けなさに涙目になって、お風呂場でシャワーを浴びる。しかし、5年生や6年生になって、性知識の土台が確立されるにつれ、感じていたのだと、イっていたのだと、あの時の記憶を解釈できるようになっていった。

裸を見られてイくなんて、まるで変態みたいだ……。6年生の頃には生理も来て、身体も心も次第に大人になっていった。そうして、自分が露出に強い興味を抱いているのだということを、冷静に自覚できるようになったのである。

古今東西、老若男女、極めて一般的な話として、こういう趣味は原則、先鋭化していく傾向にある。芹那はあの日から、どんどんエッチになっていった。


JS銭湯合法露出 男湯で性欲を発散する変態少女(JS11歳/露出/乱交)
女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)
自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出(JS11歳/JC12歳)
大勢の前で裸になりたい。好奇や欲情の眼差しで全身を舐められてしまいたい。ショートヘアの元気系小学生「幸村芹那」には変態的な露出願望があった。でも、そんな趣味がバレたら、学校の友達に変態扱いされてしまう。芹那はそうして、ネットでの自撮りにまで譲歩し、自分の欲望に折り合いをつけてきたのであった。しかし芹那は思いついてしまう。小学生なら男湯に入れる。男湯に入って、合法的に裸を見てもらうことが出来る。数日後の夕方、早速銭湯に向かった芹那は、膨らみかけの胸や陰毛が生えかけたおまんこを男湯の中で晒してしまうのであった。集中する視線。盛り上がる欲情。興奮した芹那は昂ぶり、浴槽の中で自慰を始める。男たちはとうとう芹那の本性に気づき、ペニスを勃起させ、少女との乱交を始めるのであった。文字数約36000字。(鬼畜度:無 鬼畜な表現はありません)

JS銭湯合法露出 男湯で性欲を発散する変態少女 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JS銭湯合法露出 男湯で性欲を発散する変態少女(JS11歳/露出/乱交)
--------------------

【2:ふと思いついた】
それでもノーパン登校は、さすがにあの日だけに止めた。大人しそうな上級生だったから良かったものの、同級生に見られたり、上級生でも意地の悪い人間に見られたりしたら、たちまち噂になって、芹那は居場所を失っていただろう。いじめの口実にもなったかもしれない。芹那はあれきり、危険な露出を卒業することにしたのだ。禁露を始めたのである。そのかわり、買ってもらったスマホでネットのエッチな情報にアクセスしたり、覚えたてのオナニーをしてみたりして、いくぶんか常識的に、欲求を発散しているのであった。

しかしやがて満足できなくなる。深刻な欲求不満になった芹那は、野外で裸になる代わりに、スマホのカメラ機能を使って、自分の身体を撮影するようになった。写真にしてしまうというのも、露出の一形態である。初めは自分で鑑賞して、露出したような気分になって、それだけで満足していた。だが、やがて再び満足できなくなり、少しづつ投稿して他人に見せるようになった。全身を写していたアングルも、やがて局部に集中するようになり、顔が見たいという要望を受けて、鼻から下をすでに晒してしまっていた。そうして色んな人に視姦してもらうことが、芹那の慰めになったのである。

撮影場所も、野外が多くなっていった。子供として振る舞うべき学校でゲリラ的にスカートをめくる。非常に背徳的であり、そこが芹那のハマりポイントであった。友達に見つかったらどうしよう。そういう不安感が芹那のエムを刺激し、性器を欲情させてしまうのである。

6年3組幸村芹那、趣味はネット露出。みんなに知られたら人生終わりだけど、本当は、心の底では、知られてみたいと思っていた。いつか本当に、町中で裸になってみたいと真剣に夢見ていた。人前でオナニーをしたり、セックスをしたりしたら、絶対に気持ちいいのに、絶対にしてはいけないのだ。願望に心を踊らせる。芹那は夢見る乙女だった。

夢。願望。欲情。そのための転機もきっかけも、突然訪れるものである。

それは、夏休みも間近の、7月上旬のことであった。昼休みになると、芹那は人気の少ない校舎裏に向かい、窓からも見えない壁際の死角に隠れてスマートフォンをいじる。これは芹那の日課であった。学校の中でおまんこを撮影して、ツイッターに投稿するのである。強い露出願望がある芹那にとっては、自宅よりも野外、見えない場所よりも見えかねない場所の方が、興奮できて好ましいのであった。過激な場所でやってしまった方が、注目され、保存され、拡散され、色々な人におまんこを見てもらえるという事情もあった。色んな人のオナニーに使われるのだと思うと、芹那の子宮がぞくぞくするのである。

「えへ……」

これから撮影をするのだと思うと、何だか楽しくて、自然と股間が濡れてきてしまう。ネットの匿名性に守られているが、芹那はすでに露出狂であった。

成長した芹那の身体には、はっきりと女性の特徴が現れていた。相変わらず可愛らしい見た目をしていたが、全体のシルエットは明確に変化していた。2年というのは、小学生にとって途方もなく長い時間である。わずかに丸みのあった子供のおなかは、綺麗にくびれでカーブを描き、ぺったんこだった胸部にも、丸みのある脂肪の盛り上がりがあった。中学校に進学するころには、本格的なブラを付けなければならなくなるだろう。

そんな魅惑の肢体を、芹那は惜しげも無く晒そうとする。晒すことに価値を見出してしまうのだ。芹那は自分のスカートをめくり上げ、灰色のショーツを下ろしておまんこを外気に触れさせる。わずかに溢れたクリトリスの皮、そこから縦に割れ目が下っている。大陰唇はぷっくりと肉厚で、恥丘と割れ目の縁の部分に産毛程度の陰毛がちょろちょろと生えているのであった。一度左右を確認し、誰も来ていないことを確認する。そうして壁にもたれかかり、陰毛もまばらなおまんこを指で開いて、わずかに湿った子作りの粘膜をカメラ機能で撮影してしまうのであった。

かしゃりかしゃりと何度も撮る。そのたびに、処女膜が張った膣穴が、ぴくぴくと可愛らしく反応するのであった。

写真フォルダに収められた画像を、アプリ経由で公開してしまう。そうしてネットに出したら、大勢いるフォロワーが、芹那の変態行為を鑑賞しにきてくれるようになるのだ。芹那は自分のことを、JSの6年生だと堂々とプロフィールに書いていた。見つかればどうせ消されるのだから、モザイクをかけたりする必要もなかった。可愛い小陰唇も、膣穴も、少しだけ覗いたクリトリスも、何もかもが全部丸見えなのである。それから数分、芹那は画面を見つめ続けていた。間もなく反応がやってきて、お気に入りにもちらほらと入れてもらえる。これだけ食いつきが良いのは、少女のおまんこが宿す、官能と希少性のためなのだろう。

私、凄いことしちゃってる……。凄い人数に見られちゃう……。

JS銭湯合法露出 男湯で性欲を発散する変態少女(JS11歳/露出/乱交)
女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)
自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出(JS11歳/JC12歳)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。