ロリ少女官能小説集:★子供企画5(JE5歳/輪姦)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影を発売しました。母親に売られた幼女が、ローターでイかされたり、男の人に輪姦されたりしちゃう話です。他の子供企画シリーズ同様、かなり鬼畜寄りな作品となっていますので、和姦専の方はご注意下さい。

久しぶりの園児もの。どうかな……。

子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影 子供企画シリーズ (YKロリータ文庫)
子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影(JE5歳/輪姦)
-------------------------

※この小説には以下の要素が含まれます。
幼稚園児 幼女 ロリ 無知 撮影 ビデオ鑑賞 ディープキス ローター責め クンニ 指挿入 処女喪失 ローター固定 セックス 輪姦 顔射 レイプ 鬼畜

【あらすじ】
いつもは冷たいお母さんが、今日は何故か優しかった。晴れ渡った休日。5歳の幼稚園児「麦田由佳」は、お母さんと二人きりでお外に出かけ、……幼女アダルトビデオ専門会社の「子供企画」に預けられたのであった。エッチなことは何も知らない。オナニーもセックスも分からない。そんな幼女が手を引かれ、AVに出演させられるのである。エッチなビデオで性教育。ささやかに反応した園児のおまんこに、激しく振動するローターを当てる。未知の感覚に怯え始める由佳であったが、陵辱はもう止められない。そうして広げられた小さすぎるおまんこに、男優たちの肉棒が突き立てられ続けた。10回以上の射精、激しい輪姦交尾、由佳はとうとう追い詰められ、激しさのあまり壊れ始めていく。文字数約52000字。(鬼畜度:高 強姦描写があります)


【目次】
1.はじめてのアダルトビデオ
2.由佳の身体が売られた日
3.キスと愛撫
4.初めてのオーガズム
5.休憩時間
6.絶え間ないおしおき
7.熱い子種、満たされる園児子宮
8.大人の肉棒に輪姦されて
9.解放


【登場人物】
★麦田由佳:むぎたゆか(5)
ロングヘアの美幼女幼稚園児。可愛らしい顔立ちには猫のような雰囲気がある。性知識は全く落ちあわせておらず、オナニー経験もなければ、自分がどうやって出来たのかも知らない。ぴっちりと閉じた性器には子供のにおいが漂っている。

★母親(29)
由佳の母親。家計の足しにするため、報酬と引き換えに由佳を子供企画に預けた。

★監督:かんとく(43)
非合法な子供アダルトビデオメーカー、「子供企画」の社長兼監督。カメラマンも担当し、人手が足りなければ男優もこなす。強面の中年男性。

★栗山真弓:くりやままゆみ(29)
子供企画の女性スタッフ。長い髪を一房のポニーテールにしている。

★男達
由佳を輪姦する竿役として関連団体から派遣されてきた人々。まだ5歳の由佳を集団で輪姦する。


【文章サンプル】
由佳ははぁはぁと息をしながら、快感でぼんやりとし始めた頭を働かせる。お母さん、毎日こんなことをしてるの? おまたがくるしくなっても、頑張ってお仕事してるの? 由佳の身体が動き、ロングヘアーが揺れた。おまたがじんとする。いよいよ心が乱れてくる。そうして、膣穴をほじくっていた指が引きぬかれた。男は濡れた指を眺め、親指と人差し指の間で愛液を粘つかせ、由佳を感じさせたことに満足感を得るのであった。

「濡れたな。由佳ちゃん、気持ちよかったろ。ん?」

この男にとって、幼女とのセックスは初めてのことであった。いくら裏の世界とはいっても、治安の良好な日本ではそれほど好き勝手に振る舞うことは出来ない。幼女の強姦なんて、普通は出来ることではない。これぐらいの子供にも入る。幼女でも濡れる。指先で粘つく官能的な事実に、童貞を捨てた時以来の興奮を覚えているのであった。

「……もう、おわり?」

股間に残る熱を感じながら、懇願するように尋ねる。男は由佳の尻をぺちりとはたいた。

「ふざけんなよ。終わらねえって。これから由佳ちゃんは、俺とセックスするんだよ」
「せっくす……? せっくすって、なに……?」
「大人のちんこを、由佳ちゃんのまんこに挿れるんだよ」

監督はじっとカメラを構えている。由佳とのセックスを黙認したのであった。物言いがつかないと見るやいなや、男は由佳を肩から持ち上げる。右腕で右ふともも、左腕で左ふとももを抱え、カメラの前で両足を思い切り広げさせる。そうして、濡れた由佳のおまんこをカメラの前に晒してしまうのである。

「このまんこを犯してやるんだ。羨ましいだろ、お前ら」

男はペニスを隆々とさせながら、仲間の男たちと将来の視聴者に勝ち誇ってみせるのであった。何が始まるのか分からないらしく、由佳はきょろきょろして泣きそうになっている。スカートは完全にめくれ上がっていた。由佳の性器は再びぴっちりと閉じていたが、割れ目の合間からしとしとと蜜が漏れ、膨らんだクリ皮が割れ目の外にはみ出ている。この姿勢を恥じらっているのか、性器をいじられた興奮からか、由佳の頬は桃色に染まり、額には汗がにじんでいるのであった。

「すげえな」
「本当に濡れてる」
「子供でも感じるんだな……」

側で待機する男たちはそうして感嘆の声を漏らし、一番手を奪われたことを悔しがった。一方、由佳を抱きかかえる男は、カメラの前に由佳の官能を晒した後、お互いが向き合うような方向で抱き直し、勃起したペニスを尻の割れ目にこすりつけた。体位としては、いわゆる駅弁に近い。

「何が当たってるか分かるか?」
「おちんちん……?」

由佳は小声で答える。大きくなったおちんちんの硬い感触が、燃えるような熱が、由佳のおしりにも伝わってくる。

「おにいさんのおちんちん、なんかへんだよ……? あついし、かたくなってる……」
「今からこれを中に入れるからな。さんざん指を挿れた、セックスのための穴だ」
「ほんとうにいれちゃうの……?」

由佳は真っ青になる。指が2本入るようになった由佳のおまんこではあるが、男性器の太さは明らかにそれ以上である。その上、この男のペニスは、成人男性の平均よりも一回り大きいのであった。幼児の声で弱音を吐く。

「こわれちゃうよ……」
「うるせえな。ちゃんと濡らしたから、裂けたりはしないだろ」

男はそんな楽観的な言葉を漏らすが、入れられる由佳は気が気じゃない。監督はしゃがみ、上向きのアングルで由佳の下半身を撮影する。わずかに影が生まれ、視認性が悪かったので、栗山に小さなライトを当てさせて、由佳の下半身を照らしだすのであった。由佳の桃尻にペニスの亀頭がこすれる。由佳の汗ばんだ黒髪は、自らの肩や男の肩にからみ、エロティックな雰囲気を醸し出している。そんな中に映るうさぎさん柄の靴が、映像の犯罪臭を倍々に増幅していくのであった。

そして男は由佳を抱き直し、濡れたおまんこに亀頭を当て、そこからぐっと力を入れる。由佳の膣内に侵入をし始めた。小さすぎるおまんこに男性器をねじ込んでいく。子供の穴が広がって、セックスのためのオナホールになる。

「あ、あぁぁ……」

悲鳴のような声を漏らす。足をばたつかせるが、身体がちっちゃすぎて成人男性にはかなわない。由佳はやがて抵抗の気力を失い、男の胸板にぽってりと身体を預けるのであった。由佳の割れ目は、始めこそペニスを拒んでいたものの、膣口がしだいに広がっていき、多少強引ながらも亀頭までが入ったのである。由佳はぴくぴくと身体を痙攣させ、太すぎるものに広げられる感覚に、歯を食いしばって耐えようとするのであった。

子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影(JE5歳/輪姦)
あさひ三姉妹1 変態叔父さんのがちぺど幼女淫乱保育(JE1-5歳)
幼風俗 売春幼女ハーレム禁断のメス穴セックス(JE3-5歳/売春)
いつもは冷たいお母さんが、今日は何故か優しかった。晴れ渡った休日。5歳の幼稚園児「麦田由佳」は、お母さんと二人きりでお外に出かけ、……幼女アダルトビデオ専門会社の「子供企画」に預けられたのであった。エッチなことは何も知らない。オナニーもセックスも分からない。そんな幼女が手を引かれ、AVに出演させられるのである。エッチなビデオで性教育。ささやかに反応した園児のおまんこに、激しく振動するローターを当てる。未知の感覚に怯え始める由佳であったが、陵辱はもう止められない。そうして広げられた小さすぎるおまんこに、男優たちの肉棒が突き立てられ続けた。10回以上の射精、激しい輪姦交尾、由佳はとうとう追い詰められ、激しさのあまり壊れ始めていく。文字数約52000字。(鬼畜度:高 強姦描写があります)

子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影を発売しました。母親に売られた幼女が、ローターでイかされたり、男の人に輪姦されたりしちゃう話です。他の子供企画シリーズ同様、かなり鬼畜寄りな作品となっていますので、和姦専の方はご注意下さい。

久しぶりの園児もの。どうかな……。

子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影 子供企画シリーズ (YKロリータ文庫)
子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影(JE5歳/輪姦)
-------------------------

【1:はじめてのアダルトビデオ】
真っ白な壁の手広い撮影スタジオ。その中心のソファーに、桃色のマイクロビキニを身につけたロングヘアーの幼女がいた。ちっちゃなお尻はソファーに埋もれ、その隣にはポニーテールの女性が寄り添っている。監督は女性から距離を取り、撮影の開始を伝える。

「そろそろ始めるぞ」
「はい。……由佳ちゃん、怖がらなくていいからね。普段通りにしてればいいから」
「……?」

監督はカメラを構え、距離と角度を操りながら、幼女の官能を引き出す構図を探した。熱く点灯した白い照明たちが、彼の被写体を明るく照らしている。黒髪のおつむから、足先のちっちゃな爪まで、……子供の細かなパーツが、その魅惑全てが、性欲のために晒されてしまうのであった。

「もうさつえいするの?」
「そうよ。モデルさんのお仕事。由佳ちゃんらしく、お姉さんと一緒に頑張ろうね」

麦田由佳ちゃん。年長さん。趣味はクレヨンでのお絵かき。今回の女優は5歳の幼稚園児である。幼いほど興奮するという紳士淑女のために抜擢された、ロングヘアーの美幼女であった。身長はおおよそ100センチである。

撮影は今日が始めて、というより、撮影をすることさえ知らされずに、このスタジオに連れて来られていた。モデルの仕事と聞かされているが、どんなモデルかは分からない。お母さんの言いつけ通り、静かに座って良い子にしている。良い子の由佳ちゃんとしてお姉さんと一緒にお勉強を始めるのだ。女性はリモコンを操作し、ディスクの中の動画を再生するのであった。

早すぎる性教育。ソファの前の液晶テレビに、小学生ものの過激なロリータビデオが映しだされた。見ず知らずの小学生が、大の男に犯されようとしていた。裸にされて、滑らかな肌をいやらしく撫で回されている場面だ。

『秋菜ちゃん、次はおちんちんを舐めてみようか』
『……はぃ』
『そんなに怖がらなくても大丈夫だよ。ようく洗ってあるし、汚くないからねぇ』
『わかり、ました……』

女の子は涙声だった。心をかき乱すような淫らなやりとりが、テレビのスピーカーから聞こえてきた。裸の小学生と大人の男性が、おちんちんを使って何かをしようとしているのだ。表の世界では違法とされている大人と子供の性行為。禁忌がエロスを増幅するなら、これ以上の官能はない。しかし、人形のように小さな由佳は、きょとんとした顔で、初めて見る映像に目をまんまるくさせるばかりであった。

由佳という幼稚園児はなにも知らない女の子だった。エッチという言葉は知っている。スカートをめくったり、裸を見たりすることがエッチなのだということは分かる。しかし、エッチなことというものの正体が、具体的にどういうことなのか、お母さんも先生も教えてくれたことがなかったのである。エッチなものを、どうしてエッチに思うのか、由佳は知らないのだ。自分がどうやって出来たか知らないのだ。性の入り口にさえ立っていない幼女。このビデオの鑑賞が、性の世界への第一歩となる。

監督は何を言わず、空気のように場に溶け込んで、遠巻きにカメラを構えながら由佳の反応を記録していた。始めての反応が、このシーンのメインテーマであった。初めては一度しかない。純粋さを含んだ驚きは、宝石のように希少でエロティックである。露出度の高いマイクロビキニがその純粋さを汚していく。ギャップが官能のスパイスとなって、視聴者の情欲をさらに煽っていくのであった。

由佳は、幼女ボディには不釣り合いなほど、露出度の高いマイクロビキニを着せられている。表で流通するビデオなら、このレベルの衣装は着せられないだろう。女の子らしい桃色の布地が、かろうじて乳首と割れ目を隠している程度だった。着ているために、かえっていやらしくなるタイプの水着だ。紐のようなTバックがマシュマロのお尻に食い込んでいる。それでいて、上も下も一回りサイズが大きく、ぽっちりとした乳首や具が全く見えない一本線の縦すじが、ぶかぶかの布地から時折覗いているのであった。

園児という年齢が、その状況を助長する。隠そうともせず体を動かし、危ういシーンを作り出してしまうのであった。まだ5歳の女の子は危機感を持つことが出来ない。小学校にすら上がっていない幼女には、エッチなことへの羞恥心が殆ど芽生えていないのであった。

再び身体が動き、わずかに乳首が覗いた。さらさらのロングヘアー、猫のように大きなおめめ、裸足になったちっちゃなあんよ。そのぷりぷりの子供肌は湯たんぽのように温かく、顔立ちの可愛らしさもあって、その手の嗜好を備えた人なら、抱きしめるだけで勃起してしまうに違いなかった。大きな瞳が、わずかにうるんでくりくりと動く。そんな小さすぎる幼女が、何も知らないままに、大人の性に晒されようとしているのであった。

「んー……」

まだ小さな由佳は、画面に集中することが出来ない。時々カメラが気になって、そっちの方を向いてしまう。隣に座ったポニーテールの女性、子供企画スタッフの栗山真弓は、由佳のなで肩に触り、画面の中の少女を指さすのであった。

「ほら、由佳ちゃん。見ててごらん」
「……?」

ちょこんと首をかしげ、ちっちゃな手をもじもじとさせる。何か異様なことが始まろうとしていた。そんな空気を察するが、それの正体が分からない。驚くすることも、恐怖することも、泣いてしまうことも出来ない。無邪気な声で、隣に座る栗山に訊いた。

「……おもしろい?」
「とっても面白いから、目を離さないでね。あ、ほら、あのお姉ちゃんが何かするよ。なんだろうねー?」

そう言われて画面の中を見る。裸の小学生はようやく決心したらしく、そっと起き上がって、男優に近づいていった。

「……このおねえちゃん、なんではだかなの?」
「何でかなぁ。不思議だね。由佳ちゃんも分かったら、教えてくれるかな?」
「うん……」

そう言われて少しだけやる気が出たらしい。ちっちゃなおててを膝に付け、画面の中の出来事を、黒い瞳で見つめるのであった。

子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影(JE5歳/輪姦)
あさひ三姉妹1 変態叔父さんのがちぺど幼女淫乱保育(JE1-5歳)
幼風俗 売春幼女ハーレム禁断のメス穴セックス(JE3-5歳/売春)
いつもは冷たいお母さんが、今日は何故か優しかった。晴れ渡った休日。5歳の幼稚園児「麦田由佳」は、お母さんと二人きりでお外に出かけ、……幼女アダルトビデオ専門会社の「子供企画」に預けられたのであった。エッチなことは何も知らない。オナニーもセックスも分からない。そんな幼女が手を引かれ、AVに出演させられるのである。エッチなビデオで性教育。ささやかに反応した園児のおまんこに、激しく振動するローターを当てる。未知の感覚に怯え始める由佳であったが、陵辱はもう止められない。そうして広げられた小さすぎるおまんこに、男優たちの肉棒が突き立てられ続けた。10回以上の射精、激しい輪姦交尾、由佳はとうとう追い詰められ、激しさのあまり壊れ始めていく。文字数約52000字。(鬼畜度:高 強姦描写があります)

子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影を発売しました。母親に売られた幼女が、ローターでイかされたり、男の人に輪姦されたりしちゃう話です。他の子供企画シリーズ同様、かなり鬼畜寄りな作品となっていますので、和姦専の方はご注意下さい。

久しぶりの園児もの。どうかな……。

子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影 子供企画シリーズ (YKロリータ文庫)
子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影(JE5歳/輪姦)
-------------------------

画面の中の女の子は、裸であるにもかかわらず、大きな赤いランドセルを背負っていた。背丈の小ささからいって、小学3年生ぐらいだろう。肩はわずかに震えていた。額の隠れたショートヘア。頬を伝う汗が見えるほどの高画質である。下がった眉。結ばれた唇。これからさせられることに怯えながらも、その感情を必死に隠そうとしている。そんないじらしい表情が、見るものの情欲を掻き立てるのであった。

由佳よりは少し大きいが、ようやく割り算や筆算を教わるようになっただけのちっちゃな子供なのである。それでいて、性的なことも、全くわからないではないという年齢であった。いきなり大人に連れ去られ、ロリビデオに出演させられたとすれば、恐怖するのも致し方ないところである。涙を流してしまわないだけ、この女の子は強かった。

そんな文脈も分からない由佳は、何が始まるんだろうという好奇心だけで、ロリータビデオを鑑賞しているのである。あのお姉ちゃん、なにしてるんだろう……。由佳の頭にはそれだけがあった。幼稚園児の年長さんである由佳から見れば、小学3年生は年上のお姉ちゃんなのであった。そんな裸のお姉ちゃんが大人のおちんちんを触り、震える唇でキスをし、キャンディのように舐めて、ハリボテの笑みを浮かる。

おちんちんと言えばおしっこが出る場所だ。由佳にもそれぐらいの知識はある。けれども、その中途半端な知識が、ランドセス姿のお姉ちゃんを奇異な何かに見せてしまっているのである。ますます分からなくなる。何であんなにばっちいものを舐めるのだろう。

幼稚園で見た包茎おちんちんとは違う、ズルムケになった大人のペニス。生まれて初めて見るそれを、由佳はじっと見つめていた。そこから目を離せなかった。何だか変な気分だった。物珍しさからか、官能からか、脈動する肉棒を幼女の視線がなぞっていった。由佳のような幼児にも、いくばくかの性的欲求が備わっている。太くて長い変なものに、由佳の人差し指が向けられる。

「あれ、おちんちん?」
「よく知ってるね。そうだよ。大人の人のおちんちんは、……ううん、子供のもかな、ドキドキしたときにああいう形になるの」
「……そうなんだ。……へんなの」
「由佳ちゃんは、おちんちん見るの好き?」
「え……、すきじゃないよ……」

そう言いながら、由佳の視線は外れない。園児ぐらいの子供にも、幼児性欲と呼ばれる欲望がある。大人のそれとは違う、生焼けの子供の欲求がある。幼稚園の先生に恋愛感情を抱いたり、オナニーを覚えてしまったりすることがあるのは、そういうものとして人間が生まれるからだ。たくましく黒光りをする一物に、何か特別な感情を覚えているのだろう。隣に座った栗山は、そんな由佳の顔を微笑ましく覗き見るのである。

母親がああいう仕事をしてると、子供も淫乱になるのか。由佳ちゃんはペニスへの嫌悪感が薄い。今回の撮影はスムーズに行くかもしれない。怯える女の子も可愛いから、それはそれでつまらないけど、残業がなくなるのは、それはそれで嬉しい事だ。

栗山という名のポニーテールの女性は、子供企画の専属スタッフであった。幼女の勧誘と撮影補助を専らの仕事としている。幼女と一緒にロリビデオを鑑賞するのも、やはり仕事の一環であった。

栗山の大きな手が、由佳のロングヘアーを撫でる。小さな人形を慈しむかのように、艶めく黒髪を丁寧に撫でていく。ちっちゃな肩や背中を触る。小さなビキニを引っ張っておしりの形を強調させる。栗山は監督に目配せをしたが、合図を送るまでもなく、監督のカメラは、その官能的な手つきを映像の中に収めていたのであった。由佳も気づかないうちに、エッチな映像を作り出す。由佳は栗山の手つきのいやらしさにも気づかず、小さな指で画面を指さし、側に座る栗山に不思議そうな顔で問うのであった。

「あのおねーちゃん、なにしてるの? なんでおちんちんぺろぺろしてるの?」
「何でだろうね。由佳ちゃんは何でだと思う?」
「んと……」

由佳は唇を結んで考えるが、やはり分からず、瞳に不満が宿る。

「ゆか、わかんない……。おねーちゃん、おしえて?」
「ふふ。今度教えてあげるから、今は一緒に、ランドセルのお姉ちゃんのビデオを見ようね」
「えー……。いまききたいのに……」
「だーめ。良い子だから、もうちょっとだけ我慢して、ね。由佳ちゃんは良い子なんだよね?」
「でも……」
「お母さんにも良い子にしてなさいって言われたじゃない。あんまり悪い子になると、お母さん、迎えに来てくれなくなっちゃうよ?」
「……わかった。がまんする」

由佳は釈然としないものを感じつつも、素直な良い子としてテレビに視線を移した。画面の中の小学生は、じゅぽじゅぽといやらしい音を立てながら、器用にペニスを吸い上げている。何してるんだろう。おいしいのかな? おくちにいれてるんだから、きっとおいしいんだろうな……。そんな子供らしい推論をしながら、R18の違法エロ動画の鑑賞を続ける。

そのうち、動画のカメラアングルも、少女の身体を攻めるいやらしいものへと変わった。汚される純粋の官能が、画面いっぱいに満ち溢れていく。

おちんちんに汚辱される女の子の口元をアップで魅せつけると、華奢な肩や小さい胸などを舐めるように視姦し、2つに割れたお尻を斜め上から俯瞰した。カメラワークが変わっていく。そして、お尻の下に急接近し、ふともものエロスを堪能した後、身体の前にやってきて、小さな子供まんこを接写してしまうのであった。

カメラを担当しているであろう人間の毛深い手が、女の子の大事な部分を躊躇なく触っていく。女の子の甘い声が漏れた。にちにちとエッチな音がスピーカーから鳴って、幼稚園児の鼓膜に、入ってはいけないような淫音として響いていくのである。

『エッチだね。こんなに濡らして……。子供なのにこんなに濡れちゃってるんだ』
『ん、うぅ、撮らないで、ください……』
『駄目だよぉ。こういう所の映像が、お客さんに受けるんだから』
『そんな、あぅ……』

小学校高学年ぐらいの女の子であれば、このような映像を見て顔を赤らめるのだろう。あるいはショックを受けて青ざめてしまうかもしれない。だが由佳はそういうことが分かる年齢ではなかった。大陰唇の肉が開かれ、ピンク色の粘膜が露出するような抜きどころに差し掛かっても、由佳の疑問はますます深まるばかりだ。由佳は画面をじっと見ながら、ちっちゃなあんよをぶらぶらとさせて、退屈を表現するようになった。

子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影(JE5歳/輪姦)
あさひ三姉妹1 変態叔父さんのがちぺど幼女淫乱保育(JE1-5歳)
幼風俗 売春幼女ハーレム禁断のメス穴セックス(JE3-5歳/売春)