ロリ少女官能小説集:★JSお嬢様誘拐姦(JS8歳/強姦)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女を発売しました。幸せの中で育ったお嬢様幼女が、強姦おじさんに誘拐されて、監禁レイプされてしまう話です。鬼畜度は相当高く、「鬼畜度:高」に分類した中でも上位に入る鬼畜さです。手酷く犯されるので、苦手な方はご注意ください。

限定無料配布シリーズの一冊です。一ヶ月後あたりを目処に無料配布を行う予定なので、無料で読みたいという方はしばらくお待ち下さい。

JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女(JS8歳/強姦)

------------------------

【注意】
値段を確認してからダウンロードして下さい。無料期間以外では、299円の有料販売となります。

「幼女公爵」の電子書籍は有料販売のみとなっていますが、「限定無料配布シリーズ」は、例外的に、無料期間中タダでダウンロードできます。幼女公爵のロリ小説は、これ以外に20册以上出版されています。気に入っていただけた方は、その他の小説も、ぜひお買い求め下さい。大人寸前のJKから、生まれて間もないJEまで、一冊299円です。

★「限定無料配布シリーズ」無料配布期間等の情報は、ブログ「ロリ少女官能小説集」でお届けします。
http://lolitanovel.com/

※この小説には以下の要素が含まれます。
小学生 お嬢様 誘拐 脅迫 失禁 手コキ ぶっかけ イマラチオ セックス 初体験 中出し 監禁 鬼畜

【あらすじ】
小学3年生の「九条由梨奈」は、スタンガンを当てられ、強姦魔の車に引きずり込まれた。小さな手足を縛られ、口をテープで塞がれる。包丁の切っ先で脅され、抵抗の気力さえ削ぎ取られた由梨奈は、緊張と恐怖の限界に達し、哀れにも失禁してしまうのであった。……林の奥の一軒家で、容赦無い陵辱が始まる。なめらかな肌に平坦な胸、柔らかく膨らんだ尻、ふともも、猫のように愛くるしい黒真珠の瞳。魅入られた男は由梨奈の服を剥ぎ取り、知識としても知らないセックスを幼い身体を強要するのであった。強制手コキにイマラチオ。無毛の割れ目が割り広げられ、黒い男根が精子を吐き出す。初めて味わう中出し、粘膜を擦られ汚されていく感覚に、一筋の涙が紅色の頬を伝うのであった。文字数約31000字。(鬼畜度:高 強姦・誘拐描写があります)


【目次】
1.8歳の性奴隷
2.それが悲劇の始まりだった
3.脅迫と誘拐
4.見たこともないようなグロテスクなモノ
5.早すぎる中出し
6.永遠の悪夢


【登場人物】
★九条由梨奈:くじょうゆりな(8)
枝毛一つない黒のロングヘアー。保守的なファッションの可愛らしいお嬢様。育ちが良く、しつけも行き届いており、小学3年生という年齢に似合わないほどに丁寧な言葉づかいが染み付いている。富豪の一家に生まれ、何一つ不自由なく大切に育てられてきた。純粋無垢な「良い子」であるが、それだけに人を疑う力が弱く、理不尽な状況に脆い。

★中年男(36)
みすぼらしい身なりをした中年の鬼畜男。学校帰りの由梨奈を誘拐し、煮えたぎる欲望を流し込んでいく。

【文章サンプル】
「もう、やめて……」
「舐めてよ。由梨奈ちゃんのお口でおちんちんを掃除してよ」
「……舐めなきゃ駄目ですか?」
「舐められないなら、痛いことするよ」
「……わかり、ました」

そうして由梨奈は、何もかもを諦めたかのような暗い口調でぽつりと返事をした。突き出されたペニスを口に入れる。普段の由梨奈なら、絶対に出来ないことだ。中年男に対する恐怖心と、どくどくと動く心臓が、逆らってはいけないのだと由梨奈に囁いてくるのである。精液とカウパーに濡れた亀頭を、ちゅぱちゅぱとしゃぶり、尿道の精子を吸い出す。中年男の精子は苦味が強く、由梨奈の目尻からは、さらなる涙がぽろぽろと溢れてきてしまうのであった。

「おじさんのおちんちん、美味しいよね?」
「う……、うぅぅ……」

そのような言葉が、おちんちんをしゃぶる自分を直視させてしまうのである。私は、知らないおじさんのおちんちんを、おしっこをする場所を舐めさせられているんだ。由梨奈には性の知識がない。いやらしい場所を、汚い場所を、理由もわからず舐めさせられる絶望感が、繊細な心を砕き、弱らせていくのであった。しゃぶっているうちに、ペニスは再び大きくなってくる。子供の桃色の舌、粘性のある唾液に刺激され、おまんこに挿れているような快楽を得ているに違いなかった。由梨奈の口は温かく柔らかい。パフェやプディングのための舌が、生臭いペニスを舐めまわし、煮えたぎるような性欲を、ぶくぶくと沸騰させてしまうのであった。

中年男は興奮し、さらなる凶行に及ぶ。精液が絡んだ由梨奈の長髪を乱暴に握り、幼い口をオナホールのようにして、乱暴に腰を振り始めるのであった。

「んグ……!? ン゛ッ、んむぅぅ、ううぅ……!!」
「そのままだよ、噛んだら酷いからね」

喉奥にペニスを挿入し、引き抜いてはまたねじ込む。清らかな声を紡ぐ大事なお口をおまんこにして、中年男は激しく交尾をするのである。イマラチオ。由梨奈はイマラチオを知らない。何も知らない8歳児が、喉の奥を犯されている。窒息するような苦しさの中で、白く滑らかな紅頬に、いくつもの涙が伝うのであった。何でこんなことするの? 男の人ってこんなのが気持ちいいの? 陰毛が鼻をくすぐる。舌の上をペニスが滑る。子供の細い喉が、子宮口のように突かれ、犯されていくのであった。

涎を垂らし、嘔吐感さえも感じる由梨奈であったが、ペニスで塞がれては咳き込むことも出来ない。中年男は、由梨奈の悲しみにもかかわらず、激しく腰を振って快楽の再現を目指す。中年男の性欲は底なしであった。順当に行けば、性欲が落ち着いてくるような年齢であるが、由梨奈の幼い美貌が、萎えるはずのペニスを勃起させてしまうのである。しばらく続けた自慰制限も、高まる性欲に貢献しているのであった。

「はぁ、はぁ、由梨奈ちゃん、いいよ、気持ちいいよ……」
「ん、う゛ぅ、ううぅ、うう……!」
「ほら、出すよ。由梨奈ちゃんの中に、赤ちゃんの素を出すからね」

またアレが出るの? 白いおしっこが口の中に入ってくるの? 私の口は、トイレじゃないのに……。男は満足気に笑い、喉の奥にペニスをねじ込む。二度目の射精を始めるのであった。握られて前後されたために、綺麗な髪の毛がくしゃくしゃに乱れている。可愛い顔を真っ赤にして、肩をびくびくと痙攣させている。喉の奥で射精が始まったためか、苦い味はやってこない。そのかわり、喉を精液で塞がれる苦しさが、由梨奈の意識を朦朧とさせるのであった。

生きるために精液を飲む。精液を飲まなければ窒息してしまう。涙が溢れる。苦しい。息をさせて……。射精が終わりペニスが引き抜かれると、由梨奈はげほげほと咳き込んで、海底からようやく浮き上がってきたかのような心地で、必死に酸素を取り込むのであった。

「はぁー、はーっ、う、え、えぇぇ、はぁ、はぁ、ハァ、ハァ……!」

飲みそびれた精子が唾液とまざって、唇からだらだらと漏れ出てくる。由梨奈の整った顔は、涙と鼻水で汚れてしまっていた。額に滲んだ冷や汗が、乱れて垂れた髪の毛が、少女の悲惨さを何倍にも強調し、儚い美しさを際立たせてしまう。そのような惨状で可愛らしさを維持できているのは、幸運なことか、不幸なことか。今の由梨奈にとっては、この上ない不幸だ。男のペニスに蹂躙され、悶える由梨奈の美しい姿が、……中年男の鬼畜心に絶え間ない油を注ぎ続けるのである。陵辱された姿が性欲を刺激するのだ。精液が尽きるまで、姦淫は終わらないのだろう。

「はぁ、はぁ、ハァ……」
「由梨奈ちゃん、頑張ったね」
「は、ひぃ、もう、終わり……?」
「終わらないよ。今度は由梨奈ちゃんが気持ちよくなる番なんだから」
「ひ、や、嫌、そんな、いいですッ、気持ちよくならないでいいですから、もう、ゆるして……!」
「うるさい、ほら、由梨奈ちゃんも裸になるんだよ」
「え、や、やぁ、やっ、やッ……!」

JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女(JS8歳/強姦)
子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影(JS10歳/撮影)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
小学3年生の「九条由梨奈」は、スタンガンを当てられ、強姦魔の車に引きずり込まれた。小さな手足を縛られ、口をテープで塞がれる。包丁の切っ先で脅され、抵抗の気力さえ削ぎ取られた由梨奈は、緊張と恐怖の限界に達し、哀れにも失禁してしまうのであった。……林の奥の一軒家で、容赦無い陵辱が始まる。なめらかな肌に平坦な胸、柔らかく膨らんだ尻、ふともも、猫のように愛くるしい黒真珠の瞳。魅入られた男は由梨奈の服を剥ぎ取り、知識としても知らないセックスを幼い身体を強要するのであった。強制手コキにイマラチオ。無毛の割れ目が割り広げられ、黒い男根が精子を吐き出す。初めて味わう中出し、粘膜を擦られ汚されていく感覚に、一筋の涙が紅色の頬を伝うのであった。文字数約31000字。(鬼畜度:高 強姦・誘拐描写があります)

JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女(JS8歳/強姦)

------------------------


【1:8歳の性奴隷】
冷え渡る地下室、血のように赤く重い首輪、汚された身体、頬を伝う涙。黒く輝いていた瞳が、今では絶望に淀んでいる。温かな毛布だけが監禁された九条由梨奈を癒してくれた。鼻をすんと鳴らし、冷たい畳に身体を丸める。男は既に地上へと上がっていた。今日のお勤めを無事終えることが出来たのだ。

「ひぐ、ぐす、うぅぅ……、はぁ、はぁ……」

握られた腕が生々しく痛んでいる。乱暴に犯されたおまんこがじんじんと痺れ、先ほどの行為を忘れさせてくれない。

暖かなごはんも、幸せな家族も、不幸なんて知らずにいられた傷ひとつ無い人生も、全てあの強姦魔に奪われ、握りつぶされてしまった。あの日をもって、由梨奈の平穏な人生は終わってしまったのである。お嬢様としての生活から引き剥がされ、誰もが羨む幸福を失う。

九条由梨奈が美少女でなければ、あるいは、こんな目にあうこともなかったのかもしれない。人形のように隙のない黒髪のお嬢様である。雑踏の中で目を引いてしまうような美貌と、相反しながら同居する静かで大人びた雰囲気。8歳という年齢に見合わない落ち着いた魅力が、月光のように狂気をかきたて、あの男の情欲に火を付けたのであった。

黒い瞳がぱっちりと開き、細くゆるやかな眉がその瞳を彩っている。鼻はすっと通り、頬は柔らかく膨らみ、その下の唇は春の桜を模したような香る桃色に彩られていた。どちらかと言えば彫りが深く、くっきりとした顔立ちである。それでいて、東洋女児の柔らかな印象があるのだ。ふんわりとした顔の輪郭が、女児の美しさを象徴している。漆黒の長髪もあいまって、幼い大和撫子という印象を周囲に与えている。ようやく120センチに届いた小柄な身体は、生を受けて8年。見目麗しい、8歳の美幼女だ。

そんな幼女が、誘拐され、監禁されてしまった。身体のいたるところを犯され、性欲を吐き出す肉穴にされてしまった。子供の未発達な身体が、手足が、腹部が、ぽっちりとした乳首が、性器が、肛門が、夜闇のように純なロングヘアーが……大人の手と男根によって容赦なく蹂躙された。

12月10日の午後3時。それが悲劇の始まりだ。泣こうとも叫ぼうとも、それより前に遡れない。8歳の幼女に襲いかかった一連の出来事は、残酷な現実として、幼いの心に鞭を打つのであった。

あの男に目をつけられなかったなら、温かい屋敷の奥でパパやママと一緒にお正月を過ごせたのに。苦しいことも、痛いことも、何もなかったはずなのに。現実の由梨奈に与えられているのは、窓もない闇の地下室と、赤いペット用の首輪である。セックスの相手をさせられ、熱とひりつきを帯びたおまんことアナルである。口の中には、男の味が残っていた。耳も胸もなめられ、ねっとりとした唾液の感触が今も神経に張り付いている。男に誘拐されるまで、知識としても知らなかった行為……、セックスの感触が、洗い落とせないほどに身体に染み付いているのであった。

あの日のことを、後悔しない時はなかった。私がもう少し気をつけていたら。ほんの少しだけ注意して逃げ出す心があったなら。大きな声を出して助けを呼んでいたなら。……その空想全てが、今となっては無意味である。過ぎた現実は消すことが出来ない。刷り込まれた記憶はもう消すことが出来ない。まだ8歳の九条由梨奈は、その身体を、処女を、名前も知らない中年男に既に捧げてしまったのであった。

初体験の感覚が、今も夢に蘇ってくる。性器を押し広げられた感触を、今も膣が覚えている。性器に残るひりつきとともに、身体に残る火照りとともに、由梨奈の心は、あの昼下がりへと引き戻されていくのであった。

嫌だよ……。おうちに返してよ……。パパ、ママ、誰か。お願い、誰でもいいから。誰でもいいから、私をここから出して……。私、悪いことなんて、何もしてないよ……。ずっと良い子にしてたよ……。もう許してよ……。もう、酷いことしないでよ……。幼い割れ目からあふれたのは、男の黄ばんだ精液であった。頬に伝うのは、水晶のように透き通った一粒の涙であった。濡れた瞼に浮かぶのは、太陽が眩しい真冬の午後。記憶の向こうから現れたのは、焼きついた街の風景である。

由梨奈が住んでいたのは、地価の高い上等な住宅街だ。マンションや屋敷が立ち並ぶ穏やかな町並みが、今ではもう懐かしく、心の底から愛おしく思えた。愛おしいのは、戻れない日々の象徴だからだ。

……もうやり直せないあの日が、再び心に蘇ってくる。そのたびに小さな体が震え、自責の涙を流してしまうのであった。

JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女(JS8歳/強姦)
子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影(JS10歳/撮影)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
小学3年生の「九条由梨奈」は、スタンガンを当てられ、強姦魔の車に引きずり込まれた。小さな手足を縛られ、口をテープで塞がれる。包丁の切っ先で脅され、抵抗の気力さえ削ぎ取られた由梨奈は、緊張と恐怖の限界に達し、哀れにも失禁してしまうのであった。……林の奥の一軒家で、容赦無い陵辱が始まる。なめらかな肌に平坦な胸、柔らかく膨らんだ尻、ふともも、猫のように愛くるしい黒真珠の瞳。魅入られた男は由梨奈の服を剥ぎ取り、知識としても知らないセックスを幼い身体を強要するのであった。強制手コキにイマラチオ。無毛の割れ目が割り広げられ、黒い男根が精子を吐き出す。初めて味わう中出し、粘膜を擦られ汚されていく感覚に、一筋の涙が紅色の頬を伝うのであった。文字数約31000字。(鬼畜度:高 強姦・誘拐描写があります)

JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女(JS8歳/強姦)

------------------------

【2:それが悲劇の始まりだった】
冬の乾燥した寒風が、天に網張る無数の電線を揺さぶり、止まっていたカラスを慌ただしく追い散らしていた。その風が、コンクリートの家々の間を水のように通り抜け、古びた窓をがたがたと揺らし、竹箒のようになった木々を騒々しくかき鳴らすのである。並木の枝がざわめいていた。乾いた枯れ葉の群れが灰色の舗装道路を舞い、ざらざらと地面をひっかきながら塀の側に折り重なっていく。風がやみ、そして、唐突にしんとしたかと思えば、再び寒風が吹き荒れ、冬の凍気を街全体に行き渡らせていくのであった。

風の強い冬の日だったと、由梨奈も良く覚えている。肌寒さのために、好んで外に出る人間も少なかった。大通りから外れた道は、明るいうちから人影もまばらになり、声も足音もわずかになって、人の気配が消えていく。そこに現れる枯れ葉たちの雑音、耳の横を通り抜ける突風の音に、こまごまとした音がかき消されて、藻屑のように散ってしまう。

ボロボロのセーターを着たみすぼらしい中年男性が、お嬢様然とした由梨奈に話しかけていても、……その奇妙な組み合わせが織りなす会話の声さえも、冬の風は、一波の津波のように押し流して、全てを無いもののように隠してしまうのである。そのような状況が影響したのだろう。これから起ころうとしている出来事に気づく者はなかった。

風が止んだ後、中年男の品のない声が、由梨奈の耳にふたたび届くのであった。黒い瞳がじっと男を見つめている。その視線の真っ直ぐさは、どんな人間の話も真面目に聞く、由梨奈の心根の表れであった。

「そういうわけで、おじさん、道に迷っちゃったんだ」
「そうなんですか……。それは、困りましたね……」

丁寧語を操る幼女声。中年男と会話をする被害者……、九条由梨奈は、黒のロングヘアーをした小学3年生であった。赤いカチューシャが印象的な育ちの良いお嬢様である。赤いカチューシャ、紺色のベスト、膝下まで伸びる黒いスカートなど、保守的な色合いの洋服に身を包んでいる。色調が奏でる清楚という属性が、由梨奈の可愛らしさを乗算しているのであった。手袋に包まれた手で自らの頬を触り、霧のような息を漏らしながら心配そうな表情を浮かべている。根が優しいので、初対面の男を過度に警戒することなく、その話に耳を傾けてしまうのであった。

「このあたり、道がごちゃごちゃしてますからね……。パパやママのお客さんにも、迷う人は多くて、お手伝いさんが迎えに行くこともあるぐらいです……」

毎週やってくる訪問客や、対応するお手伝いさんたちを思い浮かべながら、心底同情し、由梨奈は返答する。区画の計画もおろそかに発展した町並みは、蜘蛛の巣のように道がからまり、立体交差もあって複雑なところがあった。可愛らしい声に興奮したのか、中年男はにたりと笑った。

「そうそう、そうなんだよねぇ。だからね、頼むよ、お嬢ちゃん。おじさん、迷子になりそうで、本当に困ってるんだ」

吐き出される息。表情の下品さに内心困惑するが、躾の行き届いた由梨奈はその気持ちを表に出すことはなかった。柔らかい笑顔を作り、目を泳がせて返事をする。その声色には、わずかに雨雲がかかりつつあった。

「……はい。困ってるのは、わかりますけど」

語尾に行くに従い、声のトーンが落ちていく。

「だろう? だから、お願いだよ。少しだけおじさんと来てくれるだけでいいんだ」
「はぁ……」

由梨奈は同情の色を絶やさず、しかしとうとう、視線を合わせられなくなった。顔が見れず腹を見る。必死さがにじみ出た男の様子にわずかに気圧されている。中年男はぺこぺこと不自然なほどに頭を下げた。子供相手にである。そんな風にされたら、無下に断るのも申し訳ない気がして、拒否感を覚えながらも、つい協力を匂わせるようなことを言ってしまうのであった。

「私なんかで、力になれるでしょうか……」
「なれる、なれるとも。この辺りに住んでるんだよね?」

由梨奈は後に引けなくなって、こくりと頷いてしまった。中年男は笑顔を保ち、さらに言葉を続ける。鼻息を荒くし、顔を近づけながら、由梨奈の手をそっと握るのであった。

「それなら、きっと大丈夫。人助けをすると思って、……ね?」
「それはいいんですけど……。うーん……、でも、パパやママが、知らない人についていったら駄目だって……」
「大丈夫だよ。ほんの数分だから」

JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女(JS8歳/強姦)
子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影(JS10歳/撮影)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)