ロリ少女官能小説集:橙「このビデオ何ですか……」(東方/性的虐待)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
東方二次創作小説です。藍しゃまと橙もの。某所に投稿したという関係もあり、かなり鬼畜なのでご注意下さい。

------------------------

橙ちゃんはとっても良い子です。言いつけを守る忠実な式です。猫妖怪としての修行も休みませんし、忙しいらんしゃまのお手伝いもします。友達が初詣に出かける年始にも、忙しいらんしゃまの役に立とうと、主の部屋の大掃除を始めるのでした。

程々で良いとらんしゃまは言いました。押入れや机には手をつけず、目につく汚れだけ落としておいてくれれば良いと言ってくれたのです。小さな身体を労ってのことでしょう。優しいご主人様です。しかし、橙ちゃんの意気込みは、らんしゃまの想像以上でした。大好きならんしゃまに褒めてもらうために、一人前の式として認めてもらうために、隅々までピカピカにしようと頑張ってしまったのです。

檜の机をごしごしと磨き、散らかった押し入れを整理しました。山のような書類と、散らかった道具類。ところが、押入れ整理の最中、奥の奥に、見慣れない白っぽい木箱を見つけてしまったのです。中に入っていたのは、幻想郷では貴重なDVDの束と、カラー写真がまとめられた分厚いアルバムでした。ゆっくりと開いて、驚愕します。裸、裸、小さな裸。写真の中に写っていたのは、言葉もはっきりしないような幼女ばかりでした。

橙ちゃんはお赤飯前の子供ですが、エッチなことが分からないほど幼くもありませんでした。木箱の中に大切に保管されているのが、いやらしい写真であることは、残念ながら、理解できてしまったのです。無垢な橙ちゃんは、どぎついポルノに青ざめ、汗をにじませてしまいます。6歳以下のペド幼女ばかりというのも、困惑に拍車をかけます。大人同士の性行為の写真であれば、もう少し落ち着いて受け止められたのでしょうが、ちっちゃすぎる子供にこういうことをするのは、橙ちゃんの常識を超えていました。

こんな写真をらんしゃまが……? 何でこんなものが、らんしゃまのお部屋にあるの……? 橙ちゃんはびっくりして、信じられなくて、一枚一枚の写真に視線を流します。エッチな写真ではないという証拠を、写真の中に見出そうとします。しかし、見れば見るほど性的で、構図はあまりにも露骨でした。平坦な胸や幼い割れ目が接写されたもの、勃起したペニスを押し付けられているもの。泣きべそをかく妖精女児にペニスを突き立てるような、目を背けたくなるような悲惨な写真もありました。橙ちゃんは良い子です。幼女のおまたから血が出ているのを見ていると、心がずきずきして、落ち込んでしまいました。

こんなの嘘だ。らんしゃまが、こんな……。先ほどまでの元気な子猫は、すでにそこにはいませんでした。知的ですらりとして、貶しようがないほどに完璧ならんしゃまが、こんなものを見ているなんて信じられない気持ちでした。誰だって信じられないはずです。人も妖怪も見た目に引きずられるからです。こんな趣味があるなんて、橙ちゃんのほかは誰も知らないし、想像した者も誰一人としていないのでしょう。

橙ちゃんは首を振ります。まだ信じられないのです。らんしゃまのものじゃないかもしれない。悪い人を捕まえるために、証拠として取っておいているのかもしれない。それでも胸がばくばくとして、大好きならんしゃまへの疑いを抑えられませんでした。アルバムをめくる指が、勝手に動いて止まりません。そしてとうとう見つけてしまいます。小さいころの……、1歳から5歳ぐらい橙ちゃんの写真が、一番上等なアルバムに、大事に保存されていたのです。裸にされ、いやらしいポーズをとらされ、おちんちんを挿れられている幼い自分。茶色いネコミミに、二股の尻尾。間違いなく、小さいころの橙ちゃんでした。

そそり立ったペニスに中出しをされるおまんこ。おしっこをするところが、大人の肉棒に蹂躙されています。橙ちゃんは、大きな瞳をぱちくりとさせ、ひきつった顔で固まっています。切り取られ、保存された現実を、なかなか受け入れることが出来ませんでした。

記憶にありません。何も覚えていません。こんなことをされたなんて、全く覚えていません。小さいころの記憶は残らないものです。あるいはらんしゃまが、その膨大な妖力を使って、幼いころの記憶を書き換えたのかもしれません。冷や汗で濡れた手の動かし、同じ箱にあったDVDを旧型のプレイヤーで再生します。中に入っていたのは、3歳の橙とらんしゃまの性行為の映像でした。おむつを履いた橙が、裸のらんしゃまと抱き合い、白く反り立ったふたなりペニスを押し込まれる……、信じがたい行為の一部始終が、音声付きの映像として残されていました。スピーカーからやってくる声は、発情したらんしゃまのものでした。

夕方、らんしゃまが帰ってくると、橙ちゃんは涙を拭いて、放心状態からようやく抜け出しました。部屋に入ってきたらんしゃまに、証拠のDVDを突きつけ、震える声を抑えて、大好きならんしゃまを問い詰めるのです。聞きたいけど、聞きたくありませんでした。

「らんしゃま、このビデオ何ですか……?」

らんしゃまは一瞬、驚いたような表情をしました。しかし、らんしゃまだっていくつもの国を性で傾けてきた大妖怪です。未熟な式の対処法など、練るまでもなく把握していました。ゆったりとした衣服、やわらかな保護者の腕で、まだ小さい橙の身体を抱きしめました。温かくてやわらかな、お母さんのような温度。らんしゃまは申し訳無さそうな顔をして、ほろりと涙を流します。その感触にはある種の暗示をほどこすような妖力が込められていました。
東方二次創作小説です。藍しゃまと橙もの。某所に投稿したという関係もあり、かなり鬼畜なのでご注意下さい。

------------------------

「ごめんね、橙」
「ほんとに、らんしゃまが……?」

信じていたイメージが壊される感覚。けれど、抱きしめる腕の温かさは、確かに大好きなご主人様でした。らんしゃまは悲痛な声で、許しを請うように耳元で声をしぼりだします。

「出来心だったんだ。反省してる。橙が可愛いから我慢できなかったんだ」
「……」
「もうしないから……、本当にしないから……」
「……大丈夫ですよ。私、らんしゃまの式ですから。らんしゃまのこと、大好きですから……」
「良い子だね、橙……。ありがとう」

そう言って、ふんわりとした茶色い髪を撫でてくれます。らんしゃまの顔は涙に濡れながらも、いつもと変わらない優しいそれに戻っていました。張り詰めた緊張が溶けていくような気がします。橙はくりくりな瞳でらんしゃまを見上げて、涙を流しながら言いました。

「……もう、こんなことしないですよね?」
「ああ、絶対にしない」

そしてその先に、当然のように付け加えます。

「だからね、橙。このことは、誰にも言っちゃいけないよ」
「……」

無言でうつむく橙に、藍はきっぱりと言います。

「橙。おまえは私の式だろう。式なら、主人の言うことを、聞かなければいけないだろう」
「……はい」
「どうすれば良いか、分かるよね」
「……わかってます、らんしゃま。私は、らんしゃまの式です……。らんしゃまがそういうなら、誰にも言いません……」

そう言って、言わされて、胸がずきんと痛みました。それでも橙は、らんしゃまのことを嫌いになることが出来ません。育ててくれた恩もあるし、尊敬もしていました。何より忠実な式なのです。そうして、表面上、いつもの関係に戻りました。大妖怪の小さな式。小間使いのように働く、娘のような子猫。しかし、繊細な少女の心は、知らないうちに性行為をされたという事実に傷つき、今もじくじくと痛んでいるのです。

橙ちゃんは自分に言い聞かせます。らんしゃまはきっと疲れてるんだ。蟲毒の壺のように異変が絶えない幻想郷で、ゆかりさまの裏方として、色々なことをやらされているんだ。だからついつい魔が差して、変なことで吐き出す以外、どうにもならなくなっちゃったんだ。らんしゃまは悪くない。私には想像できないぐらい、大変な毎日なんだ。

子猫の私を式にして、育ててくれたお母さんみたいな人。大好きならんしゃま。素敵ならんしゃま。美人で完璧ならんしゃま。その名声は幻想郷中に広まり、知性と美貌を疑うものは誰一人としていません。主の嗜好をばらして、その評判に傷をつけるのは、きっと親不孝で、式失格なことなのだと橙ちゃんは思いました。式は命令通りに動く道具です。逆らってはいけないのです。そう自らの心に言い聞かせ続け、見つけたことを誰にも打ち明けず、胸の奥の傷を一人でこらえ続けました。

それから橙ちゃんは、マヨヒガを引き払い、身の回りの世話を任されるようになりました。以前よりもずっと、主の役に立てる立場になったのです。離れて暮らすよりも嬉しいはずなのに、ずっと望んでいたことのはずなのに、寂しくなくなるはずなのに、橙ちゃんの心はどこか憂鬱で、悩みのため息は止まりませんでした。木箱の中身は増えています。身寄りのない人間や妖怪の子供を、こっそりと「食べている」に違いありません。こんなことはもうやめてほしい……、その一言を言うことが出来ません。らんしゃまに嫌われたくありませんでした。見捨てられたくありませんでした。身寄りのない捨て猫には戻りたくありませんでした。

ある秋の夜、橙ちゃんはとうとう、らんしゃまと一緒の部屋で眠ることになります。何をされるのかは気づいていましたが、逃げる素振りも見せませんでした。風呂場で身体を良く洗って、らんしゃまの部屋にやってきます。期待に応えるために、身体と性器をピカピカに磨いておいたのです。橙ちゃんはとっても良い子で。ご主人様のためならなんでもする忠実な式でした。

幼い割れ目は濡れていました。あの時の頃は身体が覚えていました。幼穴は知らぬ間に調教され、大人のそれを受け入れられるほどに柔らかく広がり、射精を促すべくぐにぐにとうねり搾ります。胸の奥のかなしみを押し殺しながら、らんしゃまとの夜を終えました。よほど気持ちが良かったのでしょう。らんしゃまの子種が、無毛の膣からとめどなく溢れ、桃色の具が見えないぐらい真っ白になってしまっています。そそり立つ肉棒をしゃぶり、愛液と精液をお掃除しました。

忠実な子猫のオナホール。生の子供ダッチワイフ。橙ちゃんの腰の動きは、久々とは思えないぐらい見事なものでした。一人前の式として認められる日も、いよいよ近いのかもしれませんね。