ロリ少女官能小説集:★ロリータ妊娠風俗(5歳/9歳/売春)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館を発売しました。ねずみ少女という、性成熟と初潮が極めて早い幼女たちが、知らないおじさんたちと売春をして妊娠出産をする話です。

幼女が妊娠するというシチュエーションのために、ある程度のファンタジー要素を取り入れています。現実に+αした程度のファンタジー度合いであり、とっつきにくさは無いと思うので、好みに合えば、敬遠せずにご購入いただけたら幸いです。

ファンタジー要素を増やすと、話やプレイにバリエーションが出しやすいんですよね。いかがでしょうか。

ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館 (YKロリータ文庫)
ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館(5歳/9歳/売春)

-----------------

※この小説には以下の要素が含まれます。
小学生 幼稚園児 ロリ 風俗 売春 ケモミミ 幼女 オナニー 処女喪失 セックス 中出し 女体盛り 乱交 3P アナルセックス 妊娠 出産

【あらすじ】
本土南方の群島では、ねずみ少女というエッチな女の子たちが村を作って平和に暮らしていた。ねずみの丸耳、ねずみの尻尾。12歳で成長が止まり、子供は殆どメスになる。性欲が強いねずみ族の少女たちは、春風とともに本土にやってきて、家族経営の即席風俗で精子と生活費を出稼ぎするのであった。……8歳の少女「ココ」もそんなねずみ少女の一人である。季節は春。人間とのセックスに期待しつつも、心の不安を拭えずにいた。初潮を迎えたココは、しきたりに従い、人間の精子で沢山の赤ちゃんを孕まなければならないのである。初対面のお客さんと中出しセックス。宴会会場での輪姦乱交。柔らかな幼女のイカ腹が、子宝で淫らに膨れていく。文字数約46000字。(鬼畜度:無 鬼畜な表現はありません)


【目次】
1.少女たちの上京
2.生まれつきの淫乱ロリータ
3.家族集合
4.お客さんがやってきた
5.幼い身体でお仕事お仕事
6.出来ちゃったみたい
7.屋形船の宴会乱交
8.おじさんたちにまわされて
9.出産、村の病院にて


【登場人物】
★ココ(9)
売春出稼ぎにやってきたねずみ族の美少女。ウェーブのかかったセミロングの髪を、いつも丁寧に手入れをしている。姿形は人間の少女と殆ど変わらないが、灰色がかった髪や丸い耳、細長い尻尾など、随所に鼠の特徴が見られる。ねずみ族のしきたりに従い、家族運営の風俗店で、人間の赤ちゃんをたっぷり妊娠してくるという使命を与えられている。

★シャーリィ(16)
ココのお母さん。腰までの長さのロングヘアーを首元あたりで結っている。7歳の時にココを出産して以来、お客さんとの間に沢山の赤ちゃんを作り、今では大家族のお母さんとなった。16歳という年齢ではあるが、ねずみ族の遺伝子のため、12歳程度の外見で成長が止まっている。

★ミント(5)
ショートヘアの幼女。5歳になったことで売春が許され、お姉ちゃんたちと一緒に出稼ぎにやってきた。風俗店では最年少、セックス未経験の処女である。

★妹たち(6-8)
ココの妹たち。ちっちゃな身体で風俗のお仕事をお手伝いする。


【文章サンプル】
「お客さん慣れてないみたいなんで、私がリードしますね。ここに横になってください」

そう言いながら、ココは布団をぱんぱんと叩いた。男は言われるがままに、白い布団に寝そべり、仰向けになって天井を見る。15センチほどのペニスが天を突き、ずるむけになって、男の発情を見せつけるように象徴するのであった。

180センチ近い男に対して、まだ9歳のココは130センチにも届いていない。二人の間には、頭2つ分の体格差があった。しかしその体格差に反し、ココの性経験は男よりも圧倒的に多く、頭の中には、ぱんぱんになるぐらいの性知識が詰め込まれているのである。ココと相対するなら、数回程度のセックス経験では、童貞同然になってしまう。大抵の客は、ココの官能を前にして、ただ搾り取られることしか出来ないのであった。

ココは立ち上がり、男の下半身をまたぎ、ゆっくりと腰を下ろしていった。おまんこの下には勃起したペニスがある。ココは騎乗位で、男の新鮮な精液を搾り取ろうとしているのだ。

「じゃあ、私のここに挿れちゃいますね」

ココはふとももの間にある柔らかく膨らんだ双丘をぷにゅぷにゅと触った。隣のミントが、男の人と熱情的に交わっている影響で、ココのおまんこもつられて発情し、すでにびしょびしょに濡れてしまっていた。先ほどまでおちんちんを舐めていたことも、興奮へと至るスパイスになっている。割れ目の周りは透明な愛液で湿り、ふとももには何条もの愛液の川が流れ、淫らなフェロモンが幼い身体にまとわりついているのであった。割れ目の奥で膣がきゅっと締まる。白い額に汗の粒が光り、赤い頬をゆったりと流れていった。

これはお仕事だ。お金を貰うためのお仕事なのである。しかしねずみ少女は、仕事でするセックスでも快感を覚える、無類のセックス好きなのであった。腰が降りていく。快感への期待で、口元に笑みが浮かんでしまう。お客さんの手前なんとか平静を保っているが、久しぶりのおちんちんを挿れてしまったら、頭がおかしくなって、延々とセックスをしてしまいかねないほど興奮で脳が沸騰しているのであった。

長らくセックスをしていなかった。おまんこがおちんちんに飢えている。ねずみの尻尾がちょこちょこと揺れた。内心の興奮が、尻尾にも出てしまっているのだ。丸耳に響き渡る妹の喘ぎ声を聞きながら腰をさらに落とすと、割れ目に亀頭が当たって、ぬるぬるの膣内に潜り込んでいった。

「あ、あ、おちんちん、きたぁ……!」

ココは目を輝かせている。ずるずると膣壁をこすりながら、ペニスは最奥へと割り入っていった。子宮口に到達すると、陰茎は根本までココのおまんこに飲み込まれ、ひくつく肉の洗礼を海綿体全体で味わうことになったのである。人間の9歳では、これほど奥には挿れられなかっただろう。初潮を迎えたココは、小さな身体に見合わず、固くそそり立った巨根を飲み込んでしまえるほど柔軟なおまんこを持っているのであった。膣がぎゅっと締まって、ペニスに快感を与える。勃起したクリトリスが皮から頭を出したので、ココは指でぐにぐにといじり、子宮とお豆の二重快楽に震えるのであった。

「あ、はぁ、はぁ、はーっ、気持ちいい、気持ちいい……! お客さんの、太い……!」

うわ言のように呟きながら、ココは腰を動かし始める。最初は緩慢だったが、すぐにピストンの速さが増し、激しい性器の擦れあいにココの腰ががくがくと痙攣するのであった。腰を浮かせて下ろすたびに、パンパンと肉がぶつかる。子宮が叩かれ、快楽が下半身に浸透していく。熱を帯びた子宮は、久々の交尾に反応して切なげにうずき、膣液はだらだらとこぼれて、お客さんのペニスと玉袋を愛液まみれにしていくのであった。

久しぶりのおちんちん。刺激が強すぎる。初潮を迎えたばかりの子宮が赤ちゃんの素を欲しがっている。ココの平坦な胸に汗が浮かび、桃色の乳首はピンと立って、下品なぐらいに発情を主張していた。丸みのあるお腹に汗のしずくが下り、下腹部とふとももは興奮に燃えている。身体が熱い。これがセックスだ。久しぶりの感覚に、ココが身体を震わせる。

ウェーブのかかったセミロングの灰髪は、ココの身体が上下に踊るたびに、躍動的に揺れて汗の粒を飛ばした。奥まで挿入したまま、ぐりぐりと腰を回す。堅いおちんちんがあらゆる場所にこすれて、性の快楽が下半身を支配する。男は射精しないように我慢するので精一杯なようで、情けない声を抑えながら、激しすぎるココの騎乗に耐えようとするのであった。

「はぁっ、はぁっ、はぁ、はぁ……!」

子供の高い声で喘ぐ。ペニスを全て飲みこみ、抜ける寸前まで引き抜いて、また腰を落として陰茎を肉で包んでしまう。膣壁のひくつきは生き物のようで、陰茎の側面に密着しながらきゅうきゅうと甘えて精液をねだるのである。精液がこみ上げてくる気がする。始まってからまだ間もないのに、精液が飛び出てしまいそうになる。ココはペニスを奥まで挿れると、男の身体に自らの上半身を重ね、顔を近づけて唇を奪うのであった。薄桃色の柔らかな唇に、男の理性が切り崩されていく。

「もう、出そうだ……」
「出しちゃっていいですよ。私、沢山妊娠して、おうちに帰らないといけないんです。だから、コンドーム無しで、ここまま……!」

そう言って、ココは男に抱きつく。その言動が人間にとって、どれだけ背徳感を掻き立てるのかも把握しないまま、9歳の少女は射精をねだり、しきりに腰を動かして精液を搾り取ろうとするのであった。ピストンをするたびに、小さなお尻が官能的に揺れた。男もココを抱き返し、下から思い切り突き上げていく。上下の責めが合致して、正常位に移ったオスとメスは、さらなる快楽の沼に引きずり込まれていくのであった。ココのおまんこは、それ自体が底なし沼であった。桃色の肉にペニスを入れたが最後、精液を吸い尽くされるまでセックスをやめることが出来なくなってしまう。

ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館(5歳/9歳/売春)
幼風俗 売春幼女ハーレム禁断のメス穴セックス(JE3-5歳/売春)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
※この小説には以下の要素が含まれます。
小学生 幼稚園児 ロリ 風俗 売春 ケモミミ 幼女 オナニー 処女喪失 セックス 中出し 女体盛り 乱交 3P アナルセックス 妊娠 出産

【あらすじ】
本土南方の群島では、ねずみ少女というエッチな女の子たちが村を作って平和に暮らしていた。ねずみの丸耳、ねずみの尻尾。12歳で成長が止まり、子供は殆どメスになる。性欲が強いねずみ族の少女たちは、春風とともに本土にやってきて、家族経営の即席風俗で精子と生活費を出稼ぎするのであった。……8歳の少女「ココ」もそんなねずみ少女の一人である。季節は春。人間とのセックスに期待しつつも、心の不安を拭えずにいた。初潮を迎えたココは、しきたりに従い、人間の精子で沢山の赤ちゃんを孕まなければならないのである。初対面のお客さんと中出しセックス。宴会会場での輪姦乱交。柔らかな幼女のイカ腹が、子宝で淫らに膨れていく。文字数約46000字。(鬼畜度:無 鬼畜な表現はありません)有料小説のサンプルです。

ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館 (YKロリータ文庫)
ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館(5歳/9歳/売春)

-----------------

【1:少女たちの上京】
彼女たちはすでに、コンクリート溢れる東京の周縁部で、急行の電車に揺られているのであった。

背の高いビルが立ち並ぶ町並みを突き抜けるように、何本もの線路が束になって橋の下を流れている。その線路の向こうから、数分ぶりに列車がやってくるのであった。ガタンゴトンと規則的な走行音は、瞬時に大きくなり、橋の上にいても聞こえるほどの轟音になる。その音に驚き、野良猫が飛び起きるのだ。しかし、十車両以上も連結された鉄色の電車は、数十キロの高速で突き進み、あっという間に背を向けて去っていくのである。この速さであるから、目的地も既に間近であった。

駅と駅と間を一秒でも早く駆け抜ける。合理性のために生み出された鉄の馬が、電気を吸って走り続けている。柔らかな陽光が、その金属車体を照らし、車内にまでその光は届いた。日差しは徐々に眩しさを増し、茶色の座席に座る乗客を、明るく照らしだしている。

とはいえ、時刻は11時ごろ。人はそれほど多くなかった。普通の会社員であれば職場で働いている時間であり、子供たちも学校で、遊びと勉強に励んでいる。電車の乗客となる人間は少なく、都内であっても人がまばらで、座席もぽつぽつと空いているのであった。

「すぅ、すぅ……」
「んむぅ……」

灰色に染められた幼い彼女たちは、そんながら空きの電車の貴重な乗客であった。そう、電車の茶色い座席には、白い肌をした可愛らしい少女達がいて、電車の大きな揺れに、ゆらゆらと、小さな身体を委ねているのであった。

場所は車両の端っこだ。灰色の手作りワンピースを着て、仲良く並んで座っている。下は5歳、上は9歳。春のうららかな陽気が眠気を誘うのだろう。大きく黒い瞳をうっとりと細めて、整った鼻ですうすうと寝息を立てるのであった。見惚れてしまうような美少女姉妹、目を引くほどの仲良し姉妹は、お互いにもたれかかって、身体の温かさにまどろんでいる。カーブで電車が揺れるたびに、小さな身体を揺らされている。微笑ましい姿。とはいえ、彼女たちはただの女の子ではなかった。この女の子たちは、日本の南方からやってきた、エッチなねずみ少女なのである。

姿形は人間と変わらない。ただ、身体のそこここに、ねずみのような身体的特徴を有しているのである。身体が揺れると、小さな頭から生えた丸いねずみ耳も動き、カーブブレーキの音に、ピクピクと反応してしまうのであった。尻尾の先はちょこまかと動き、毛髪はわずかに灰色がかって、全身をねずみ色に統一してしまうのである。灰色はねずみ少女にとって、特別な色である。ねずみ少女のアイデンティティである。もっとも、灰色といっても、子供らしく艶めきキューティクルもたっぷり含んでいるので、老人の枯れた頭髪とは異なり、まるで銀の糸のように一本一本が美しいのであった。銀髪と言ったほうが、かえってイメージが湧くかもしれない。

ねずみ少女たちは、この時刻に電車に乗るようにという母の言いつけをきちんと守っている。背が低く、腕も足も華奢な少女たちにとって、朝方や夕暮れ時の満員電車は、乗りこなすことさえ困難な危険地帯なのである。

電車の巨体は再び揺れる。数十キロの速さで動けば、子供の身体をもてあそぶぐらい、前後左右に揺れるものなのだ。少女のうちの一人が、ワンピースに包まれた身体をくねらせ、姉の方に寄りかかっていく。可愛らしい寝息も、細い腰も、幼いながらに官能的で、見るものを仄かに誘っているのであった。ワンピースから浮き出る丸みは、餅のように柔らかく性的なのである。電車が揺れる度に可愛らしく反応してくれるので、周りの人間も、ちらちらと少女達を盗み見て、密かに楽しんでいるのであった。

上京するねずみ少女は、今や春の風物詩た。ことによると、桜より見応えがあるかもしれない。

だが、まどろむ少女たちのショーも、一旦その幕を閉じる。揺れていた身体は、次第に落ち着いていった。カーブやブレーキの度に踊っていた白いつり革たちも、わずかに揺れつつ、振り幅を徐々に縮めているのである。慣性の力が弱まる。気づけば、電車が駅に着いてしまっていた。

扉が開くと、わずかに乗っていた乗客が電車を後にし、スーツ姿の大人達が、入れ替わるように乗り込んでくる。どたどたという足音。発車のチャイム。駅員の大きな声。……その音で、ねずみ少女の一人が目を覚ます。

「ん……、おそと……?」

寝ぼけ眼を手でこする。ぼんやりとしまっていて、外か中かも良く分かっていないらしい。丸い耳が可愛らしくぴくんと揺れた。耳から入ってくるのは、明らかに外の環境音だ。それも、故郷の島の潮騒ではなく、人間の街の騒がしい音たちである。見た目5歳ぐらいの女の子は、大きな瞳をしばたたいて、きょろきょろと辺りを見回す。そうして、自分がどこにいるのか改めて確認するのであった。

そうだ。わたし、お姉ちゃんと一緒にトウキョウに行くんだ。だからわたしは、おうちにはいないんだ。……電車はもう都内に入っているのだが、そんなことに五歳児が気づくはずもなく、こくりと頷いて一人納得する。納得すると、なんだかほっとして、椅子の背もたれに背中を預けるのであった。

ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館(5歳/9歳/売春)
幼風俗 売春幼女ハーレム禁断のメス穴セックス(JE3-5歳/売春)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
※この小説には以下の要素が含まれます。
小学生 幼稚園児 ロリ 風俗 売春 ケモミミ 幼女 オナニー 処女喪失 セックス 中出し 女体盛り 乱交 3P アナルセックス 妊娠 出産

【あらすじ】
本土南方の群島では、ねずみ少女というエッチな女の子たちが村を作って平和に暮らしていた。ねずみの丸耳、ねずみの尻尾。12歳で成長が止まり、子供は殆どメスになる。性欲が強いねずみ族の少女たちは、春風とともに本土にやってきて、家族経営の即席風俗で精子と生活費を出稼ぎするのであった。……8歳の少女「ココ」もそんなねずみ少女の一人である。季節は春。人間とのセックスに期待しつつも、心の不安を拭えずにいた。初潮を迎えたココは、しきたりに従い、人間の精子で沢山の赤ちゃんを孕まなければならないのである。初対面のお客さんと中出しセックス。宴会会場での輪姦乱交。柔らかな幼女のイカ腹が、子宝で淫らに膨れていく。文字数約46000字。(鬼畜度:無 鬼畜な表現はありません)有料小説のサンプルです。

ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館 (YKロリータ文庫)
ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館(5歳/9歳/売春)

-----------------

ショートヘアの可愛らしいねずみ幼女。彼女には、ミントという名前が与えられていた。

ドアが閉まり、電車が再び揺れ始める。お姉ちゃんたちは、相変わらず夢の中であった。仲良く並んで寝息を立てる。起きているのはこの5歳の幼女だけだ。特にすることもなかったので、ねずみの幼女はあんよをぱたぱたさせながら、ぼんやりと頭を働かせた。

トウキョウについたら、なにするんだっけ? ……そうだ、お姉ちゃんたちと一緒に、人間の男の人とエッチなことをしちゃうんだ。たくさんのお金を貰って、欲しい物もいっぱい買ってもらうんだ。写真やビデオでしか見たことのない逞しい男性のペニス。硬い肉の槍を受け入れる瞬間を想像し、ちっちゃなおまたをむずむずとさせてしまう。

下半身にじんとにじむ、辛いような嬉しいような発情の感覚。子宮が勝手に反応して、桃色の幼膣がぴくぴくと動いてしまうのであった。

ねずみ族にとって、5歳というのは一つの節目になる。お母さんやお姉ちゃんたちと一緒に本土へ出かけ、一緒に売春をして、お金を稼ぐことが認められるようになるのだ。この子はまだ処女である。人間ならば、処女でいるのが普通だ。しかし、早熟なねずみ族の少女は、初潮前の5歳に一人前の性欲を身につけてしまうのである。ねずみ算よろしく、繁殖力の強いねずみ族の少女たちは、性成熟が非常に早く、セックスも幼いうちに体験してしまうのであった。5歳の売春も不自然なことではない。彼女たちにとって、セックスは、極めて自然な生活の一部なのである。

彼女自身、5歳にして体験する初セックスを、怖がるどころか、何よりの楽しみにしていたのであった。だから、おちんちんのことを思い浮かべただけで、幼い子宮がきゅんきゅんと反応してしまうのである。

おまたが気持ちよくなりたがってる。がまんできない。オナニーしたい。ねずみ族であっても五歳児である。我慢というものが、まだ身についていない年齢であった。ミントはわずかに前かがみになり、灰色のワンピースの裾を掴んでばっとめくり上げる。白いショーツが丸見えになる。少女たちを盗み見ていたロリコンたちも、他の人間たちも、目を丸くしてぎょっとする。しかも、この5歳のねずみ少女は、自らのパンツの中に手を入れて、くちくちとおまんこをいじり始めてしまったのである。この幼女の性器は、ペニスを想像しただけで、既にはしたなく濡れてしまっていた。

「あぅ、う、あぁ……」

人差し指を割れ目にあてがい、指の腹でぐにぐにと撫でる。優しくしすぎても、乱暴にしすぎても駄目。女の子の繊細な場所である。しかしミントは、どうすればおまんこで気持ちよくなれるのか、小さな指先で覚えてしまっているのであった。慣れたものである。大股を開いてパンツの中を触る姿は、アダルトビデオに出演しても遜色ないほどに性的で、初々しい所がほとんど見られなかった。

「はぁ、はぁ、はーっ、ん、あぁ……」

子供の口から発せられる艶かしい声。周りの人間達は内心困りはてて、本に目を落としたり、眠ったふりをしたりする。大人ならば非難しうるのだろうが、子供がしているとなると、どうにも注意がしずらかった。子供のオナニーはありえないものとして隠されている。皆、どうすればいいか分からなかったのだ。気づかないふりをして、事が過ぎ去るのを待つ。居心地の悪い空気が電車の中に満ちていく。その空気に気づかないのは、当のミントただ一人だけなのであった。

ミントは親指をしゃぶりながら、パンツの中の手を激しく動かし、濡れた幼裂をいじりまわしている。クライマックスだ。汗で身体がびっしょりになり、息が悩ましく荒くなる。電車の走行音との取り合わせが、公共の場のオナニーという異常性を、余計に増幅させてしまっている。

そして、幼女が絶頂しビクビクと痙攣した瞬間、電車がブレーキをかけて、急に速度を落としたのである。その大きな揺れで、他のねずみ少女達も目を覚ましてしまうのであった。一番大きなセミロングのねずみ少女は、口元の涎を拭いてあくびをする。

「ふわぁ……」

彼女は五人姉妹の中で一番のお姉さんであったが、それでも背は小さく、年齢もまだ9歳であった。灰色のワンピースに包まれた華奢な身体。白くきめ細やかな子供肌。ぱっちりと開いた瞳。セミロングの髪の毛は灰色に染まりつつも、窓からの陽光で艶めき、銀糸のように輝いているのであった。

ぽりぽりと首をかきながら、お姉ちゃんらしく、寝過ごしていないかドアの上の表示を確認する。目的の駅はちょうど次であった。ほっとする。このまま寝てたら、寝過ごしちゃうところだった。初日から予約が入ってるって、お母さんも言ってたし、迷子になったら大変だし……。ねぼけた頭でそんなことを考えていると、頭の上の丸耳に、聞き捨てならない声が聞こえてきたのであった。

「ん、はぁ、はぁっ、はぁ、はぁ……」

あまりにも艶かしい、公共の場には似つかわしくない声。少女は声のした方向を向く。……視線の先では、5歳になったばかりのミントが、大股を開いてビクビクとオーガズムを迎えていたのであった。少女は真っ青になって、椅子の上から立ち上がった。

「ちょ、ちょっと、駄目だよオナニーなんてしたら」

ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館(5歳/9歳/売春)
幼風俗 売春幼女ハーレム禁断のメス穴セックス(JE3-5歳/売春)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。