ロリ少女官能小説集:★子供企画4(JS10歳/撮影)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影を発売しました。ネットでの声優活動を趣味にしているいたいけな女の子が、ファンの一人に携帯電話をハッキングされたことをきっかけに性奴隷に落ちていく話です。

タイトル通りかなりの鬼畜モノです。女の子が可哀想な目にあいますが、それでもOKという方は、手にとって頂ければ幸いです。

(余談ですが、Kindleでレーベル名を指定できるようになったので、「YKロリータ文庫」という名前で指定してみました。現状、特に意味はありませんが、将来的には自分の読みたいジャンルを探すための目印として、参考に出来るようにしたいと考えています)

子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影 子供企画シリーズ (YKロリータ文庫)
子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影 子供企画シリーズ(JS10歳/撮影)

※この小説には以下の要素が含まれます。
小学生 ロリ 撮影 脅迫 性器見せ 教室オナニー 野外放尿 初体験 セックス クンニ 中出し 妊娠 鬼畜

【あらすじ】
小学五年生「松原穂乃香」は、ネット声優活動に癒やしを見出す孤独な少女であった。幼さの残るボブカットに、整った顔立ち、可愛らしい声。三拍子揃って、ロリコンの間で人気者になる。しかし、ファンの一人「コウタ」に携帯をハッキングされ、居場所を奪われて性奴隷にされてしまう。映像や個人情報を人質にエッチなことを強要される日々。性器の撮影、教室でのオナニー、公園の砂場での露出放尿。恥辱に頬を染め、怯えながらも、脅されるままに操られ続ける穂乃香。しまいには、セックスをしなければ撮影した映像を売り飛ばすと脅され、その要求に、少女は……。文字数約45000字。(鬼畜度:強 強い鬼畜表現があります)


【目次】
1.孤独なネット依存少女
2.初めての命令
3.穂乃香の家族
4.教室内強制オナニー
5.陵辱の日々
6.転機
7.猛獣の罠
8.中出しされる子供まんこ
9.ロリータペット性奴隷


【登場人物】
★松原穂乃香:まつばらほのか(10)
小学五年生のボブカットの女の子。愛されずに育ち、ネット声優の活動を心の支えとしている。声も顔も可愛らしく、小学生という希少さもあるので、一定のファンはついてくれているらしい。複雑な家庭環境のため、家族とは基本不仲であるが、末弟の俊哉のことは、お兄ちゃんとして慕っている。

★コウタ
穂乃香のファンの一人。何度もメールのやりとりをしており、穂乃香にとっては数少ない信頼できる知り合いであったが、穂乃香の携帯にウイルスを送りつけ、性的な脅迫を始めてしまう。

★松原俊哉:まつばらしゅんや(19)
穂乃香の兄、大学1年生。血の繋がらない穂乃香にも別け隔てなく接し、何かと気にかけてやっている。

★栗山真弓:くりやままゆみ(29)
子供企画の女性スタッフ。


【文章サンプル】
「パンツ、見せればいいの……?」
「頑張って」

穂乃香は頷く。男の人にパンツを見せるなんて、大いに抵抗がある行為であったが、携帯を返してくれないのであれば、見せる以外の選択肢は取り得ないのであった。膝まで伸びたデニムスカート。わずかにためらった後、穂乃香はスマートフォンを手に取り、足をわずかに開いて、足の間にそっと潜り込ませた。肉色のふともも。しかし、真っ暗な闇が中を覆っていて、肝心のところを視認することが出来なかった。

「……良く見えないな。暗すぎて、パンツも何も見えないよ」
「じゃあ、どうすればいいの」
「スカートを上げて、光が入るようにして……。いや、いっそ、スカートを脱いでもらおうかな」
「う……、ぬ、脱ぐの?」
「出来るよね?」

有無を言わさぬ言葉の圧力。穂乃香は無言で唇を結ぶ。耳まで真っ赤にして、額に汗の粒を浮かべる。

異常な状況だった。数分前までは想像だにしていなかった。初潮も来たばかりで、オナニーの経験さえ数回分しかない。それなのに、突然足首を掴まれて、性の底なし沼に引きずり込まれつつあるような……。男の人に命令されて、こんなことをさせられるなんて。これは本当に現実なのだろうか。そんなことを考えるが、いくら頭を回転させてお、無傷で切り抜ける良案が出てくるとはどうしても思えないのであった。

逃避しても仕方がない。スマートフォンをベッドの上に置き、デニムスカートのボタンに手をかける。それだけの動作で、少女の下半身を守る布は、ストンとあっけなく落ちてしまうのであった。真っ白で柔らかな女児パンツが、蛍光灯の明かりの下にあらわになってしまう。

「いいね。もう少し、カメラに近づいてみようか」
「う、うぅ……」

穂乃香は一歩前に出る。

「そうそう、携帯持って、おまたの部分を写してみて」

ごくりと唾を飲む。言われたとおりにするしか無かった。コウタは穂乃香の何もかもを握っているのだ。大人しく従わなければ何をされるか分からない。穂乃香の個人情報を晒して、引退に追い込むことだって出来なくはないのだろう。怒らせてはいけないのだと思った。

わずかに尿が染み付いた布にカメラのレンズを向ける。性器の双丘が布地にうっすらと浮き出ていた。恥ずかしい。携帯電話の向こうでは、男の人が、こちらの様子を食い入るように鑑賞しているに違いないのだ。心臓がバクバクと鳴って、嫌な汗が額ににじむ。

「よし、次はパンツも脱いでごらん」
「え……!? パンツ、見せたのに……」
「パンツだけで満足出来るわけないじゃん。ほら、恥ずかしがらないで、脱いでごらんよ」

その一言で、穂乃香の瞳にふたたび涙がにじんでしまうのであった。

「何で……! パンツ、見せたら、やめてくれるって……」
「こっちはスカートの中を見たいって言っただけだよ。アソコだってスカートの中身だよね。ほら早く。途中でやめたら、穂乃香ちゃんのパンツ画像を穂乃香ちゃんの友達に送っちゃうからね。そういうの、耐えられないでしょ?」
「う、う、うううぅ……!」

騙した。また、騙された。穂乃香は怒りのあまり何か言ってやろうと思ったが、相手からの反撃がそれ以上に恐ろしくて、頬に涙を伝わせるほかは何も出来ないでいるのであった。スマートフォンをベッドに置き、半ばやけになってパンツを下ろす。動揺と興奮のためか、穂乃香は無言で泣きながらも、頬は赤く、息も乱れがちになるのであった。膝までパンツを下ろすと、手のひらで股間を隠した。しかし、少女の細腰と、柔らかな脂肪がついたお尻には、幼いながらも色気があり、性器を隠していたとしても携帯電話の向こうの男を興奮させてしまうのであった。

子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影 子供企画シリーズ(JS10歳/撮影)
子供企画 JS高学年強制AV出演(JS10歳)
子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)
小学五年生「松原穂乃香」は、ネット声優活動に癒やしを見出す孤独な少女であった。幼さの残るボブカットに、整った顔立ち、可愛らしい声。三拍子揃って、ロリコンの間で人気者になる。しかし、ファンの一人「コウタ」に携帯をハッキングされ、居場所を奪われて性奴隷にされてしまう。映像や個人情報を人質にエッチなことを強要される日々。性器の撮影、教室でのオナニー、公園の砂場での露出放尿。恥辱に頬を染め、怯えながらも、脅されるままに操られ続ける穂乃香。しまいには、セックスをしなければ撮影した映像を売り飛ばすと脅され、その要求に、少女は……。文字数約45000字。(鬼畜度:強 強い鬼畜表現があります)

子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影 子供企画シリーズ (YKロリータ文庫)
子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影(JS10歳/撮影)
--------------------

【1:孤独なネット依存少女】
「えへへ……」

ネット声優を始めてから、穂乃香は良く笑うようになった。

松原穂乃香は小学五年生である。黒い英字が印字された灰色のシャツ、安い白の腕時計、膝下まで伸びるデニムスカートに黒い靴下を履いて、白いスニーカーで舗装された住宅街の歩道を一人歩くのであった。スニーカーはわずかに傷んでおり、土汚れでふちが茶色がかっている。全身で一万円もかからないほど衣服は安物だし、さして露出度があるわけでもない。しかし、子供特有のぷりぷりな肌、やわらかな頬、大きな瞳、均整の取れた顔立ちなどは、服装のような皮などどうでもよくなるぐらい、可愛らしくて魅力的なのであった。

天使の輪が輝く飾らないボブカット、おかっぱ頭とも呼ばれるヘアスタイルも、無垢な少女と合わされば、純度がまして魅力的になる。少女の飾らない色香に無数の男が引きつけられる。子供を好物とするロリコンであれば、女児らしさと可愛らしさを同居させた穂乃香に惹かれてしまうに違いなかった。

その独特の魅力のおかげなのだろう。穂乃香はネットでそこそこの人気を博すアマチュアロリータ声優となっている。友達にも教えていない穂乃香の裏の顔だ。食べていけるかどうかはともかく、声優になるだけなら簡単なことであった。マイクさえあれば良い。インターネットが普及し、日本の各地に行き渡っている。自分自身を発信することは、昔よりもずっと楽になっていた。

幼稚園から上がったばかりの小さな子供から、晩年を過ごす老人まで、ネットの世界は等しく発表を許す。単なる独り言から、日記、イラスト、小説、ゲーム、体系だてられた論説までありとあらゆるものを飲み込み、この世界は拡大し続けている。少女の清らかな声も、ネットの網に乗って、表現の情報量を膨らませ続けているのであった。

「うわぁ、いっぱいお気に入り入ってる。久しぶりにランキングに載っちゃうかな」

白くてすべすべな指先で小さなスマートフォンをいじりながら、ゆっくりと自宅へと向かっている。ツイッターのフォロワーは今日も増えて、投稿した声もお気に入りに入れてもらった。みんなして可愛い可愛いと言ってくれるから、楽しくなって、ずるずるとハマってしまう。

素人ながらも、コアなファンはがっちりとついていた。公開されているプロフィールによれば、ファンの8割は、20代から30代程度の男性である。私のファンは、きっといわゆるロリコンなのだろう。そう理解しつつも、色んな人に相手をしてもらうのは心の癒やしになっていた。愚痴を言うとみんなして励ましてくれる。写真を上げれば褒めてリツイートしてくれる。小学五年生といえば、人によっては陰毛が生え、生理が始まるような年頃である。男の人にちやほやされるのも、度が過ぎなければ、それなりに心地良いものである。

こんなに温かく接してくれるのは、お兄ちゃんと、ファンのみんなだけだ。

「ふふっ」

見返したら、お気に入りがまた増えていた。1ポイント刻みの上昇が、少女の心を慰めてくれる。一通りサイトのチェックをすませると、デニムスカートのポケットにスマートフォンを入れ、足早に家へと向かうのであった。憂鬱な恐怖も、みんなのおかげで弱まってくれた。新しい声を録音して、みんなを喜ばせてあげようと思った。

少しエッチな声も、吹き込んでみようかな。アカウントを消されない程度の微妙なラインを狙って。そうすればきっと、ファンも増えるはずだ。

大通りを抜けて、狭い路地を進み、少し開けた場所にあるのが松原家の自宅だった。三階建ての洋風家屋に教室数個ぶんの庭園が広がる。庭には色とりどりの花が咲いていて、見るものを楽しませてくれるのであった。入り口には大きな門があり、柵状の大扉が侵入者を拒んでいる。穂乃香が通るのは、その横にある小さな入り口である。ランドセルの中から鍵を取り出し、差し込んで回して中に入った。家屋にまで続く石畳を歩く。静かだ。庭師のおじさんも、他のきょうだいも、みんなどこかに出かけているのだろう。ほっとする。誰もいない方が気が楽だったからだ。

玄関から入って三階まで登る。奥にある小さめの部屋が、穂乃香に与えられた自室であった。一番小さい部屋で、せいぜい四畳半である。その小ささが、家の中での立場を表しているような気もした。それでも、自宅の中では希少な、心を落ち着かせられる避難所である。

穂乃香の部屋には、ベッドの上のぬいぐるみのような女の子らしいものもあったが、基本的には普通の子供部屋である。ベッドや家具、勉強机や小さなテレビなど、機能のための家具が部屋の大半を占めていた。中に入り、桃色のシーツに包まれたベッドに、赤いランドセルを放り投げる。

「ふーっ」

背中がむれて汗ばんでいる。首元をつまんでぱたぱたと扇ぎ、濡れた背中を乾かしていった。足も広げて、股下に風を取り込む。自室にいると気が緩んで、学校やネットよりもだらしなくくつろいでしまう。汗ばんだ靴下を床に脱ぎ捨て、ベッドに寝転び、ポケットから取り出したスマートフォンを覗くのであった。画面を触りながら、膝から下をぱたぱたと上下させる。しばらく歩いたためか、足の裏はわずかに赤みがかっている。

「メールチェックしよっと」

子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影(JS10歳/撮影)
子供企画 JS高学年強制AV出演(JS10歳)
子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)
小学五年生「松原穂乃香」は、ネット声優活動に癒やしを見出す孤独な少女であった。幼さの残るボブカットに、整った顔立ち、可愛らしい声。三拍子揃って、ロリコンの間で人気者になる。しかし、ファンの一人「コウタ」に携帯をハッキングされ、居場所を奪われて性奴隷にされてしまう。映像や個人情報を人質にエッチなことを強要される日々。性器の撮影、教室でのオナニー、公園の砂場での露出放尿。恥辱に頬を染め、怯えながらも、脅されるままに操られ続ける穂乃香。しまいには、セックスをしなければ撮影した映像を売り飛ばすと脅され、その要求に、少女は……。文字数約45000字。(鬼畜度:強 強い鬼畜表現があります)

子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影 子供企画シリーズ (YKロリータ文庫)
子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影(JS10歳/撮影)
--------------------

先ほどは読みきれなかったメールたちを、切り崩すことにした。学校にいる間、スマホはいつもブルブルと振動している。宣伝やメルマガを除いても、5~6通のファンレターが届いているのだろうと思った。事実、届いていた。仲の良いファンの人達が、孤独な穂乃香にかまってくれる。だから楽しいのだ。

「あっ、コウタさんからもメールが来てる」

穂乃香の口元はほころぶ。枕に頭を乗せて身体を丸める。コウタさんは、ネットで知り合った中でも、特に仲の良い男性だった。穂乃香がネット声優として人気になる前から、何かと気にかけて励ましてくれていた。コウタさんに励ましてもらっていなければ、人気が出るまで根気強く続けることも出来なかったかもしれない。20代半ばの男性で、会社員をしているらしい。かっこいい人だと良いなと思ってしまうのは、思春期少女のサガだろうか。

------------------
件名:また上手くなったね

ホノカちゃん元気かな。コウタです。何度もメール送ってごめんね(*^-^)
昨日のホノカちゃんのボイス、すっごくクリアで可愛くて、我慢できずに送っちゃいました^^;

俺は声優さんのことなんて分からないけど、たくさん練習したんだろうね
すごく上手くなってて、何度も聞いては悶えてました
ホノカちゃんならきっと、本職の声優さんになれると思いますo(*^▽^*)o~♪

あんまり長いとウザくなるからこのぐらいにしておくね
またこんどチャットしよう。俺も家族のことでは悩んできたし、同じ仲間として相談にのるからさd(>_・ )

そうそう、この間遊んだゲームがとっても楽しかったから、ホノカちゃんにプレゼントするよ
ゲーム好きだったよね? Android向けのやつだから、携帯で落として実行してねd(*⌒▽⌒*)b

添付ファイル - game.exe
-----------------

「ゲーム?」

メールには確かに、exe形式のファイルが添付されていた。きっと、ゲームのプログラムだ。どんなゲームかな? あんまり難しいやつとか、ホラーだったら嫌だな。でも、コウタさんなら私のこと分かってくれてるだろうし、私でも遊べる初心者向けなのを選んでくれてるはずだ。この間だって、落としたアクションゲームが難しくてクリア出来ないって、コウタさんに泣きついて、攻略を手伝ってもらったんだった。

コウタさんは、私の悩みを簡単に見抜いてしまう。恐ろしいぐらいに私の心を言い当ててしまう。家族と上手くいっていないことなんて、メールでもツイッターでも一言も言っていなかったのに、コウタさんは鋭くも言い当ててしまったのである。コウタさんは私のことを一番理解してくれている。そんなコウタさんがくれたのだから、私が楽しめるゲームなのだろう。穂乃香は特に疑うこともなくファイルをダウンロードする。タップする。実行する。

そのプログラムが、穂乃香の人生を書き換えてしまうのだとも知らずに。

プログラムは実行された。しかし、ゲームは始まらず、アプリが並ぶホーム画面に戻ってきてしまった。穂乃香は小首を傾げる。黒い髪の毛が困惑に揺れた瞬間、スマートフォンの中から声が聞こえてきたのであった。

「穂乃香ちゃん?」

男の人の声。重く低い声色。一度も聞いたことのない声であった。通話ボタンなんて押してないのに。穂乃香は目をぱちくりさせて、スマートフォンのホーム画面を見つめていた。

「え、何で……?」

あわてて画面をスワイプする。画面の中からはまた男の声がした。

「慌ててる穂乃香ちゃんも可愛いね」
「ひっ!?」

慣れ親しんだスマートフォンを思わず手放す。スマホから聞こえるのは、愉快げな笑い声だった。

「誰なの……!? 何、これ、コウタさんはゲームって……」
「俺がコウタだよ」
「……!」
「知らないプログラムなんて走らせるもんじゃないよ。これでもう、ホノカちゃんの携帯は俺のものだ。カメラだって俺のものだ。青ざめたホノカちゃんが良ーく見えるよ。ふふ、ふふふ……」

コウタの声には機械的なところがあった。身元を隠すために、ボイスチェンジャーのようなものを使用しているのだろう。なにこれ。いたずら? コウタさんが、私を驚かそうとして……? 言葉が何も出てこない。何を考えてるんだろう。いたずらにしても度が過ぎている。コウタさんがこんなことをするはずない。もしかして、あのメールはコウタさんのふりをした偽物? 慌ててスマートフォンを取り、メールを確認しようとする。しかし、画面をつついた瞬間に現れたのは、勃起した男性器の無修正画像であった。

「やッ……!?」

顔を赤くして目を背ける。

子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影(JS10歳/撮影)
子供企画 JS高学年強制AV出演(JS10歳)
子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。