ロリ少女官能小説集:★JS聖夜姦淫(JS9歳)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JS聖夜姦淫 純粋なロリ少女がロリコンサンタと中出し交尾を発売しました。ロリコンおじさんがサンタに変装し、幼女の家に忍び込んで中出しセックスをしてしまう話です。

限定無料配布シリーズということで、例によって、しばらくしたら無料配布を行う予定です。時期は一ヶ月後あたりを予定しています。もちろん、有料で買ってくれたほうがありがたいです(明日の生活費のために)。早めに読みたい方や、お金に余裕のある方は、有料で購入していただけると助かります。

JS聖夜姦淫 純粋なロリ少女がロリコンサンタと中出し交尾 限定無料配布シリーズ
JS聖夜姦淫 純粋なロリ少女がロリコンサンタと中出し交尾(JS9歳)
-----------------------

※この小説には以下の要素が含まれます。
小学生 クリスマス サンタ 住居侵入 クンニ フェラ 口内射精 セックス 中出し

【あらすじ】
クリスマスの夜が更けていく。小学4年生の女児「篠山花梨」は、サンタさんを信じるような純情無垢な女の子であった。家族のみんなとパーティーをして、チキンやケーキに舌鼓を打つ。夜中にはサンタさんがやってきて、花梨に素敵なプレゼントをくれる。そんな幸せな聖夜に、1人のロリコン侵入者が現れるのであった。合鍵でマンションに侵入し、ベッドで眠る花梨に迫る。目を覚ました花梨は、中年男の赤い服を見て言った。「サンタ、さん……?」。花梨に与えられたのは、見知らぬ男からの生交尾のプレゼントであった。オナニーも知らない幼裂にサンタ男の舌が迫る。交尾の快楽を教え込み、無毛の膣に挿入する。何も知らない幼性器が精子付にされ、9歳の少女は快楽に溺れる。文字数約30000字。(鬼畜度:強 いたいけな少女を騙して中出しします)

【目次】
1.メリークリスマス!
2.サンタさんの侵入
3.初めての快感、クンニリングス
4.恍惚のフェラチオ
5.性夜初夜
6.子袋の中のクリスマスプレゼント


【登場人物】(★はエロシーンに登場する人物)
★篠山花梨:ささやまかりん(9)
セミロングの小学4年生。サンタさんを信じてしまう純粋すぎる女の子。性経験のない処女であったが、クリスマスの夜にやってきた「サンタさん」に犯され、初めてを体験してしまう。オナニーをしたこともなく、初潮さえまだ来ていないのだが……。

★サンタさん(40)
サンタさんに変装してエッチなことをしようとするロリコンおじさん。三年前、一年生だった花梨に一目惚れをし、それ以降ずっと恋心のようなものを抱き続けてきた。盗聴やゴミ漁り、下着泥棒などに手を出した末に、花梨ちゃんそのものを毒牙にかけることとなる。

【文章サンプル】
ひょっとして、感じてるのか? 感じてるのか、何とも思ってないのか、微妙な表情で男のすることを観察している。そこで漏れてきたのは、言葉というにはあまりに甘い、恍惚のため息であった。

「はぁぅ……、くぅ……、ふぅ、ふぅ、ん……!!」

花梨が漏らず声は、泣いているかのように切なげだったが、繰り返される熱い呼吸には、明らかに快感が含まれていた。はじけるような電気がだんだんと強くなり、おまんこの外に溢れてくる。男は手で花梨のふとももを撫で、とうとう限界まで足を開かせてしまう。すでに強い抵抗はない。おまんこが丸見えなのに、足を閉じようとする素振りさえ見せない。男は2本の親指で少女の大陰唇を触り、桃色にひくつくおまんこの中身を、無遠慮に晒し、広げてしまるのであった。

子供の性臭がぐっと強くなる。花梨のおまんこは、中身まで典型的な子供まんこであった。わずかに膨らんだクリトリスは、完全に皮に包まで、強すぎる刺激から周到に保護されていた。ためらいがちに広がる小陰唇は、耳たぶよりも小さいぐらいだ。桃色の肉からは強いおしっこの匂いがするのだが、肉をみだらにきらめかせているのは、クンニによってしみ出た小学生の愛液である。広げていくと膣穴が開いて、愛液のませた粘音がする。にちりくちりと、ねとついた膣壁同士が開いていく音。子供でも濡れるのか。男の興奮を煽るには十分であった。

花梨は自分のおまんこを弄ばれていることを知りながら、沈黙を貫いて、甘い息をこらえようとしていた。されていることはもう、どうしようもなくエッチだった。花梨のような無知な少女でも、それぐらいのことは理解できる。しかし、それなのに、やめてほしいという言葉が出ない。初めて味わうびりびりが、この先を知りたがっている。結局花梨はされるがままで、足を開きながら、指と舌による陵辱を受け続けることにした。熱くなったおまんこの中身に、舌が這って刺激を加える。ふとももがびくっと震えた。甘い声がだんだんと強くなる。

「んく……、ふぅ、ん……。はぁ、はぁ……」

小陰唇の裏を舐められ、クリトリスを唇で愛撫され、吸われては舐められ、舐められは吸われ、少女の中でおかしな感情が膨れ上がっていった。じんじんとする。おまんこの周りからふとももにかけての一帯が、しびれてしまって止むことがない。

「サンタさん……」

切なくか細い声で言う。

「はぁ、はぁ、なんか、おまたが……」
「気持ちよくなってきた?」

花梨は何も答えなかった。その質問に正直に答えてしまっていいのか分からなかったからだ。お水が出てくる。サンタさんに悪い子だって思われてしまいそうだ。大きな手のひらが汗ばんだふとももを撫でる。割れ目の中身に舌を潜り込ませ、膣穴の入り口の処女膜を舐め味わう。熱い電気の奔流は耐えられないほど強くなっていった。クリトリスがさらに膨らみ、神経の塊が作動して、小さい弱点が敏感になる。サンタさんの舌が、ちょこんとした突起物をぐるぐると回るように舐め、吸って甘咬みして指でこねる。膣口からこぼれた愛液を吸って、再びクリトリスにキスをした。

「あ、く、はぁ、はぁっ、はぁ、はーっ……!」

何かが起こることを身体そのものが予感していた。遠くの水平線でざわめきが聞こえ、その音がどんどん膨れ上がっていくような、期待と不安が混濁した感覚。大人の快楽が燃え盛りながら子宮の奥でうねって、敏感な神経を這いまわる。怖い。楽しい。気持ちがいい。セミロングの髪は汗に濡れ、パジャマに包まれた上半身は、夏場のようにびしょ濡れだった。身体がおかしくなっていく。このプレゼント、すごい……! サンタさんって、こんなことも知ってるんだ……!

そうしてサンタさんの行為を受け入れた瞬間、クリトリスがじんとして、ふとももがびくびとと痙攣して、腰ががくっと動き、息が苦しいほどに乱れた。何かが来たのは分かったが、その正体がつかめない。

「あ、くぁ、はぁぁ……!」

おしっこの穴がじんじんして、放尿したい気分になる。クリトリスがコリコリになる。膣穴が収縮し、開いた膣壁がくっついてしまう。アナルのようにすぼまった膣穴は摩擦の快楽を生み出していた。快感汁の雫が、圧力に負けて垂れ出てきてしまった。玉のような愛液のしずくが性器から尻へとこぼれ、男はそれを舐め、子供まんこの蜜を膣穴から啜った。

なんだろう。これ、なんだろう。花梨には分からない。子供には理解できない。サンタさんが、魔法をかけてくれたの? 気持ちよくなる魔法を……。家族で行った温泉、海を割り進むフェリーの上の海風、学校のテストを上手くこなし褒めてもらった瞬間、花梨という子供が体験した気持ちよさとは、明らかに別種の快楽。腰がばかになって、動けなくなってしまうほどの快感。心地良いのに恐ろしくなって、自分の体を抱きしめてしまう。おまんこの熱さはそれでも止むことがなかった。

その感覚にオーガズムという名前があるのだと知ったのは、年が明けた翌年、五年生になった時のことである。今の花梨は、新しく流れこんでくるその感覚を受け止め、溢れてくるものを恍惚のままにむさぼりながら、甘く噛みしめるしかなかった。

JS聖夜姦淫 純粋なロリ少女がロリコンサンタと中出し交尾(JS9歳)
英国幼女の誘惑 淫乱金髪JSと両穴セックス留学生活(JS8歳/英国)
女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)
クリスマスの夜が更けていく。小学4年生の女児「篠山花梨」は、サンタさんを信じるような純情無垢な女の子であった。家族のみんなとパーティーをして、チキンやケーキに舌鼓を打つ。夜中にはサンタさんがやってきて、花梨に素敵なプレゼントをくれる。そんな幸せな聖夜に、1人のロリコン侵入者が現れるのであった。合鍵でマンションに侵入し、ベッドで眠る花梨に迫る。目を覚ました花梨は、中年男の赤い服を見て言った。「サンタ、さん……?」。花梨に与えられたのは、見知らぬ男からの生交尾のプレゼントであった。オナニーも知らない幼裂にサンタ男の舌が迫る。交尾の快楽を教え込み、無毛の膣に挿入する。何も知らない幼性器が精子付にされ、9歳の少女は快楽に溺れる。文字数約30000字。(鬼畜度:強 いたいけな少女を騙して中出しします)

JS聖夜姦淫 純粋なロリ少女がロリコンサンタと中出し交尾 限定無料配布シリーズ
JS聖夜姦淫 純粋なロリ少女がロリコンサンタと中出し交尾(JS9歳)
-----------------------

【1:メリークリスマス!】
篠山花梨は幼女のような少女だった。頭も身体も何も知らなくて、当然ながらおまんこも、この世に満ちるいやらしいことを何一つ理解していないのであった。

女の子は現実的で、男の子よりませているものなのだと、大抵の人は信じている。小学生のころから色気づいて、お化粧に手を出したりする。一桁のうちに赤ちゃんの作り方を覚えてしまうような、ませた女の子もいるだろう。しかし、全体の流れがどうであれ、真ん中から外れた例外は、どこにだっているものなのである。

篠山花梨は例外だった。3人姉妹の末っ子で、思春期秒読みの小学4年生だが、男子の同級生からも「子供っぽい」と言われるような、ひどく遅れた少女なのである。頭の回転もゆっくりだし、誕生日も3月だ。オナニー経験はないし、エッチな妄想もしたためしがない。来春には五年生というこの時期になっても、サンタさんを信じているほど純粋な性格を保っているのであった。

128センチ26キロの、痩せ型な子供体型。真っ白なセーターに青いロングスカートで、幼い身体を温めている。ペケ口のうさぎさんがプリントされた灰色の靴下。キューティクルたっぷりのセミロングが、華奢な肩を流れていた。ブラさえ着けていない胸は舗装された道路のように平坦であるが、白く繊細な手先や首の細さ、愛玩動物のように大きく開いた瞳などは、少女の愛くるしさと色香を既にまとっているのであった。儚いロリータのエロスがある。唇は桃色。無邪気な性格もあって、うるんだ唇には常に笑顔が添えられている。粉雪のようで傷のない鼻は、ひくひくと動いて、漂ってくるクリスマスディナーの匂いをいじきたなく味見しているのであった。

今日はきっと山盛りのチキン。丸くて真っ白なケーキを、家族で分けて食べるんだ。頭のなかの空想は夢のように広がり続けている。

食べ盛りらしく食いしん坊なところもあるが、幼女特有のイカ腹はすでにくびれつつあった。全体として整った体型、子供らしい顔立ち、黒く魅惑的な瞳。世間一般からすれば美少女の領域に入るのだろう。もっとも、脳みそからして子供っぽい花梨は、自分が異性から見て魅力的かどうかなんて、大して気にしていない。心の底から子供なのだ。この可愛らしさだって、化粧っ気なしの天然物である。

そんな花梨であるから、クリスマスには興奮を隠せずにいた。部屋のテレビからは、陽気な年末番組の音が聞こえていたが、画面の前に座っていることも出来ず、部屋の中をうろついている。幼稚園児のように落ち着かず、部屋をちょこちょこ歩いては、窓際に立ってマンション外の様子を伺うのであった。

外の世界は真っ白だ。砂糖のような雪たちが、ベランダの柵や闇の中の杉の木に積もり、真っ黒なコンクリートの地面にもぽろぽろと降り注いでいる。花梨の部屋の窓にも、窓枠にも、白い粒がいくつも張り付いている。ホワイトクリスマスの空は、白い粉雪を街一帯に降り注がせているのであった。

白い雨の向こうでは、クリスマスの電飾が商店街をきらびやかに彩り、自家用車の列が慌ただしく動きまわって人と物を活発に運んでいる。普段は寂れた商店の通りも、今日ばかりは人が溢れ、陽気な活気に満ち溢れて、……街そのものが明るくクリスマスという祭りを祝っている。花梨は鼻が当たるほど窓に近づき、暖かな吐息で窓を曇らせながら、降りしきる白い贈り物に興奮して見入った。

みんな楽しそう。クリスマスなんだもの、きっと楽しいはずだ。みんなが楽しければ、私だって楽しい。サンタさんだってきっと、みんなの喜びを肌で感じ、楽しんでくれているはずだ。花梨は桃色の唇で満面の笑みを浮かべる。花梨のような純粋な子供にとって、クリスマスは特別な日であった。一年間良い子にしていれば、サンタさんがやってきて、花梨の大好きなものをプレゼントしてくれる。……今年9歳になり、10歳の誕生日も間近だ。花梨という少女は、その大きさになってなお、サンタさんという存在を1ミリの疑いもなく信じきっているのであった。大きな靴下だって、一週間も前から準備してぶらさげている。

友達の中には、サンタさんなんていないって言う子もいる。4年生といえばそんな年頃だが、そんなことでは、花梨は揺らがない。そういう子はきっと、プレゼントを貰えなかったから拗ねているんだ。サンタさんは絶対にいる。花梨には分かる。だって、毎年かかさず、靴下の中にプレゼントを入れてくれるんだから。

プレゼント、楽しみだなぁ……。

「ふふっ」

どんなプレゼントをくれるんだろう。そんなことを想像しただけで、笑い声が漏れてしまう。そんな花梨の背後から、ドアをノックする音が聞こえた。振り返るころには扉が開いていた。中学生になった花梨の姉が、扉の隙間から顔を出している。

「ご飯の用意、できたみたいだよ」
「今行く!」

花梨はそう言って、とてとて走りでドアへと向かい、お姉ちゃんと一緒に食卓へと向かうのであった。狭い廊下を抜けて、広いリビングルームへと至る。黄色の暖色カーテンが窓を遮り、白い電灯が部屋中を照らす場所。地面には電気カーペットが敷かれ、冬であることを忘れてしまいかねないほど、足元がぬくぬくとする。キッチンでは、食器と調理器具がかちゃかちゃと音を奏でていた。流し台のざあざあ。父親は既に席につき、リモコン片手にテレビを見ている。

花梨の関心は、食卓の上にあった。今日のディナーは、予想どおり豪華絢爛だった。丸いケーキにフライドチキン、ポテトにクリームシチュー、洋風に装われた食卓は、とっくに整えられて、平らげられるのを待っている。

JS聖夜姦淫 純粋なロリ少女がロリコンサンタと中出し交尾(JS9歳)
英国幼女の誘惑 淫乱金髪JSと両穴セックス留学生活(JS8歳/英国)
女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)
クリスマスの夜が更けていく。小学4年生の女児「篠山花梨」は、サンタさんを信じるような純情無垢な女の子であった。家族のみんなとパーティーをして、チキンやケーキに舌鼓を打つ。夜中にはサンタさんがやってきて、花梨に素敵なプレゼントをくれる。そんな幸せな聖夜に、1人のロリコン侵入者が現れるのであった。合鍵でマンションに侵入し、ベッドで眠る花梨に迫る。目を覚ました花梨は、中年男の赤い服を見て言った。「サンタ、さん……?」。花梨に与えられたのは、見知らぬ男からの生交尾のプレゼントであった。オナニーも知らない幼裂にサンタ男の舌が迫る。交尾の快楽を教え込み、無毛の膣に挿入する。何も知らない幼性器が精子付にされ、9歳の少女は快楽に溺れる。文字数約30000字。(鬼畜度:強 いたいけな少女を騙して中出しします)

JS聖夜姦淫 純粋なロリ少女がロリコンサンタと中出し交尾 限定無料配布シリーズ
JS聖夜姦淫 純粋なロリ少女がロリコンサンタと中出し交尾(JS9歳)
-----------------------

「わぁ!」

長いまつげの目をぱっと見開いて、花梨は嬉しそうに手を合わせた。

「すごい! 今日はたっくさんごはんがあるね!」

私服姿の父親は末娘の感嘆に喜ぶ。

「ははは、そうだろう。今年は去年よりずっと豪華だぞ。真ん中のケーキなんて、わざわざ予約して、電車一本で取りに行ったんだからな」
「そうなんだぁ。真っ白で、とっても美味しそう!」
「崩れないようにするために、タクシーまで呼んで帰ってきたんだ。いいだろう。ほら、材料は全部国産を使用しているんだ。ここにだって書いてある」

小洒落たケーキ箱を見せびらかし、小さな武勇伝を語る父に、花梨は笑顔で相槌を打つ。一つ上の姉は、そんな2人に呆れながら、静かに席についた。細身長身の長女も、長い髪をなびかせながらやってきて、テーブルの隅の指定席に座る。そして最後に、厚手の鍋つかみを装備した母親が、あつあつの手作りグラタンを持ってダイニングテーブルに参上するのであった。さらに増えた料理に、花梨の視線が移る。そんな妹を横目で見ながら、柔らかな腹を手で抑え、一番上の姉は述べた。

「文句言うわけじゃないけど、なんか……クリスマスだからって多すぎない?」

鍋つかみを手から取り外しつつ、母は笑って答える。ウェーブをかけた髪の毛は、娘たちに負けないほどにつやめき輝いている。

「そんなことないわよ。子供はみんな、たくさん食べないと。なんてったって食べ盛りなんだからね」
「私はもう食べ盛りじゃないって……」

そんな姉はもう大学生。自立はしていないものの、大人の身体の彼女にとって、美容と栄養は深刻な問題でしかないのであった。一方花梨は、イノシシの足跡のように、まっすぐグラタンをにらみ、食べる気まんまんである。好き勝手やっても可愛くいられる子供が、こういう時ばかりは羨ましくなる。年をとるたびに、美容はどんどん繊細になる。妬ましげな姉の視線に、無邪気な花梨はみじんも気づかず、湯気を立てるグラタンにただ目を奪われているのであった。食い気より色気の姉と、色気より食い気の花梨。見比べて、両親は破顔する。

「いただきます」

家族の声が揃う。普段から良い物を食べているこの家族であるが、クリスマスの料理は一段と豪華である。この一年の幸福を振り返りながら、絵に描いたような理想の家族が、今日もつつがなく回っていくのである。

花梨は幸せな子供だ。楽しくクリスマスパーティーが出来るような、平穏な家庭に生まれ育ったのである。だからこそ脳天気のまま、愛されていることが出来た。家族のムードメーカーとして、これまでもこれからも、健やかに育っていくはずだ。その心には、いまだ一点の曇りもなかった。

それだからこそ汚れやすい。白い布地に、墨の染みは目立つ。

賑やかな会話に、陽気な正月番組の音が重なり、いつものように自然体で、家族は幸福でいられた。花梨はスプーンでシチューをいただき、フライドチキンをぱくぱくと食べて、べたついた手をウェットティッシュで拭いて、それでもまた食べて。家族の中で一番小さいのに、一番良く食べて、その元気さで家族を和ませてしまう。学校の話や、流行の話、さまざまな話題を交わした後で、花梨は思い出したように言った。

「今年もサンタさん来るかな?」

一番上の姉はくすくすと笑い、二番目の姉もみょうににやついていた。花梨のほっぺたはぷくりと膨れる。

「何で笑うのー!?」

次女はあわてて首を振る。長女はさらに笑みをこぼし、口元を隠した。

「ごめんごめん、笑ってない笑ってない」
「……うそぉ。お姉ちゃん、すっごく笑ってる」
「いや、これはただの思い出し笑い……。笑ったりなんてしないわよ。サンタさんはいるんだもんね」
「……? うん」

きょとんとして頷く花梨。母親は水の入ったコップを口元で傾けながら、そのやりとりに加わる。


JS聖夜姦淫 純粋なロリ少女がロリコンサンタと中出し交尾(JS9歳)
英国幼女の誘惑 淫乱金髪JSと両穴セックス留学生活(JS8歳/英国)
女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。