ロリ少女官能小説集:★ロリコン少女(8歳/14歳/レズ)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
ロリコン少女の過ち あの夏レズJCは親戚の幼女を襲ったを発売しました。性欲の強いレズJCが、いけないと思いつつも、親戚のJSに性的いたずらをする話です。

希少なおねロリもの。以前に執筆したJSレズ開花 は和姦でしたが、こちらは無理矢理め。暗い犯罪臭が漂っています。

ロリコン少女の過ち あの夏レズJCは親戚の幼女を襲った
ロリコン少女の過ち あの夏レズJCは親戚の幼女を襲った(JS8歳/JC14歳/レズ)

※この小説には以下の要素が含まれます。
小学生 中学生 ロリ レズ 百合 おねロリ ペッティング オナニー 強制 撮影 乳吸い クンニ シックスナイン 貝合わせ クリ責め 恋愛

【あらすじ】
中学生「福山詩織」は、幼女しか愛せない自分に気づいた。操縦不能な激しい欲望を、家族や友人からひた隠しにし、優等生の仮面をかぶる。詩織の欲求が満たされるのは、ベッドの上で自慰にふける時だけ。毎日のようにクリトリスをいじる。幼女を抱きたいという願望は、それでも消えることが無かった。そんな詩織は、2年生の夏休みに、親戚の小学3年生「倉橋かなた」の家庭教師となる。初めて手にしたチャンスを逃すことは出来なかった。内気な幼女の信頼につけ込み、幼い性器の陵辱を始める。写真を撮り、身体を舐め、シックスナインで絡み合う。初めて齧った禁断の果実。幼女と交わる一時は、果実のように甘く、そしてほろ苦かった。文字数約50000字。(鬼畜度:低 強引めに性行為に持ち込む描写があります)


【目次】
1.誰にも言えない過去
2.幼女の身体が見たかった
3.オナニーだけが安らぎの一時
4.下校時間 夏の予定
5.ロリータの香り
6.かなたちゃんのはだか
7.夢のシックスナイン
8.肌と肌が絡み合って
9.こぼれた涙
10.もう戻らないあの夏


【登場人物】(★はエロシーンに登場する人物)
★福山詩織:ふくやましおり(13-20)
セミロングの中学生。模範的な生徒の仮面をかぶっているが、心の奥底には幼い少女への欲望が煮えたぎっている。その性欲は、時にコントロールが出来なくなるほど強い。親戚の女児に劣情を抱き、欲望のはけ口にしてしまう。

★倉橋かなた:くらはしかなた(8)
ポニーテールの小学生。極度の人見知りで恥ずかしがり屋。身体を動かすのが好きで、習い事の水泳に打ち込んでいる。何でも出来る詩織を姉として慕うようになるが……。

●遠藤春香:えんどうはるか(13-20)
詩織の同級生。運動部に所属するショートカットの女の子。

●おばさん(36)
かなたの母親。引っ込み思案すぎる娘を心配している。

【文章サンプル】
詩織はしばらく、赤ん坊のようにかなたの胸に甘えていた。詩織の細指は、柔らかな横腹を撫で、肋骨を触り、背中のラインを堪能する。これが幼女なんだ。数年前までは自分が幼女だった。この小さく美しい身体が失われてしまったことに、詩織は今更ながら、残念さを感じる。かなたの肌は、どこを触っても汗ばんでいた。クーラーが効いて十分に涼しいはずなのに、かなたの額には汗が浮かんで、詩織の頭にまでぽたりと垂れてしまう。詩織の柔らかい手が、ふとももをすりすりと愛撫する。やがて満足した詩織は、おっぱいから口を話し、心の底から嬉しそうに微笑んだ。詩織の顔はかなた以上に赤くなっている。幼女の身体に興奮してしまったのだ。

「どう? 気持ちいい?」

かなたは困ったような顔をして固まり、うんともすんとも返事をしなかった。

「良く分からなかった?」
「……うん」
「じゃあ、もっと気持ちが良いところ舐めてあげる」

詩織は鼻息を荒くしながら、白いパンツのゴムに手をかけるのであった。小さなリボンがへその下を飾り、おしりには猫の絵が書かれている。とても可愛らしい子供パンツであった。パンツがずらされ、尻たぶが一つあらわになってしまう。かなたはとっさにパンツを押さえ、首をぶんぶんと横に振った。ポニーテールもつられて暴れる。

「どうしたの?」
「パンツやだ……、はずかしいよ」
「いいでしょ。女の子同士なんだから」
「……や」
「お願いだから……」

じれったい。詩織の股間はじんじんとしていた。先ほどまで残っていたわずかな理性は、幼い乳房を愛撫したことで、全て吹き飛んでしまった。このまま終わるなんてありえない。もっと、楽しいことが、過激なことがしたい。

「ねえ、かなたちゃん、ちょっとだけでいいから。さっきだって、私がしてほしいことをしてくれるって言ったじゃない」
「それは……、で、でもぉ……」

かなたは泣きそうになりながらふとももをこすりあわせていた。いつものお姉ちゃんならここで許してくれる。詩織はかなたの心を察して、色々な気配りをしてくれる。だからかなたのような子でも、うちとけることが出来た。それなのに、獣のように発情した詩織は、いつものように優しくなくて、欲望を満たすまでは絶対にやめてくれないのである。かなたはじっと見つめてくる詩織に耐えられなくなって、自らパンツを下ろしていく。

「良い子、そう、良い子ね……」

靴下だけになったかなたが、ようやく目の前に現れる。ぽっこりとしたお腹の下には、子供の秘所があった。無毛のおまんこ。桃色がかった白い大陰唇が、ぷっくりと肉づいて柔らかなすじを形成している。肉同士で出来た窪みの奥には、クリトリスや小陰唇、赤い性器肉があるはずであったが、かなたのピュアなおまんこの具は、2つの大陰唇でまるまる隠されてしまっているのであった。視線が集中していることに気づくと、かなたは性器を手で覆いかけたが、詩織に手をのけられてしまって、瞳をますますうるませるのであった。

銭湯やプールの更衣室を除き、めったに見れない子供の割れ目。こんなに間近で見るのは、もしかすると、これが初めてなのかもしれない。自分のものはもう毛が生えていて、大人のそれとあまり変わらなくなっている。おしっこのにおいがするクレパスは、女子である詩織にも手が届かない至宝なのであった。詩織の指がゆっくりと動き、親指がおずおずと大陰唇を触る。

「柔らかい……。可愛い……」

かなたは無言だった。抵抗がないとみるや、詩織はますます積極的になり、ぷにぷにとプリンのようなその感触を、堂々と楽しむのであった。鼻を近づけて割れ目のにおいを嗅ぐ。やっぱりおしっこのにおいがする。近づけば近づくほどそれは強くなっていく。

「ちょっと汚れてるね」

詩織はポケットからハンカチを取り出し、唾液を付けて、おまんこの表面を軽く拭く。割れ目の部分を特に念入りに清掃した。指を少しづつ肉に食い込ませ、内側の汚れを拭き取ろうとする。意識して強めにこすると、かなたのお尻がぴくりと震えるのであった。

内側まで綺麗にしたとは言えなかったが、とりあえず、おまんこの表面はだいぶ清潔になった。この8歳の幼女は、自分の性器さえろくに触ったことが無い。汚れていても、気づくことが出来なかったのだ。かなたは頬をりんごのようにして、息をわずかに乱していた。新しい刺激にくらくらとしている。詩織は汚れたハンカチをポケットにしまうと、おまんこにキスをし、陰部の表面をぺろぺろと舐めた。

「かなたちゃんのここ、すっごく美味しい……」
「汚いよ、病気になっちゃうよ……?」

詩織の心がちくちくと痛む。ごめんね。お姉ちゃんは変態だったんだ……。桃色の舌が幼い割れ目をねぶる。とろのように柔らかい幼女の性器肉は、いくら舐めても、舐め足りることはない。すじを舌で愛撫して、大陰唇に吸い付き、鼻をぐりぐりと押し当てつつ、お尻の肉を揉みしだく。かなたは泣きそうな顔で詩織を見ていたが、ある程度のところでクンニは打ち切られたので、涙が溢れることはなかった。詩織は次に、かなたをベッドの上に座らせ、足をさらに開かせた。かなたの股間は、詩織の唾液としみ出た愛液でべったりと濡れているのであった。

ロリコン少女の過ち あの夏レズJCは親戚の幼女を襲った(JS8歳/JC14歳/レズ)
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(JS10歳/18歳/レズ)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
中学生「福山詩織」は、幼女しか愛せない自分に気づいた。操縦不能な激しい欲望を、家族や友人からひた隠しにし、優等生の仮面をかぶる。詩織の欲求が満たされるのは、ベッドの上で自慰にふける時だけ。毎日のようにクリトリスをいじる。幼女を抱きたいという願望は、それでも消えることが無かった。そんな詩織は、2年生の夏休みに、親戚の小学3年生「倉橋かなた」の家庭教師となる。初めて手にしたチャンスを逃すことは出来なかった。内気な幼女の信頼につけ込み、幼い性器の陵辱を始める。写真を撮り、身体を舐め、シックスナインで絡み合う。初めて齧った禁断の果実。幼女と交わる一時は、果実のように甘く、そしてほろ苦かった。文字数約50000字。(鬼畜度:低 強引めに性行為に持ち込む描写があります)有料作品のサンプルです。

ロリコン少女の過ち あの夏レズJCは親戚の幼女を襲った
ロリコン少女の過ち あの夏レズJCは親戚の幼女を襲った(JS8歳/JC14歳/レズ)

【1:誰にも言えない過去】
福山詩織は東京にある有名大学に通う大学生である。セミロングの髪の毛に、透き通るような白い肌。きめ細やかな皮膚にはシミひとつない。目鼻唇が調和のとれたバランスで美しく配されている。彼女には、意外なことに、一人のボーイフレンドもいなかった。学校付近のアパートで一人暮らしをし、平日は毎日学校に通っている。休日になれば、同じ大学の友達と都内の各地に出歩いたり、図書館で読書をしたり、映画を見に行ったり。昔の友だちに会って、童心に返ることもあった。詩織は大学生として、人並みに充実した生活を送っているのであった。

昔から優等生で、器量も良かったため、故郷でも自慢のお嬢さんとして近所では評判だった。問題を起こしたこともない。小学校から大学まで、ずっと模範的な人間を通してきた。少なくとも周りは、詩織のことを恵まれた人間として見てきたのである。

そんな彼女には、誰にも明かすことの出来ない秘密があった。同性愛者であること。ロリコンであること。人並み外れた性欲を持つこと。その全てが折り重なって、中学二年生の夏休みに、親戚の小学生を半ば無理矢理犯してしまったこと。ボーイフレンドがいないのも、当然のことであった。男に全く興味が無かったのだ。

「はぁ、はぁ、かなたちゃん……」

詩織は今、アパートの布団の中でごそごそと動きながら、昼間から一人、オナニーにふけっていた。手元にある写真を見ながら、どろどろになったおまんこをいじり回す。写真の中に写っているのは、ポニーテールをした8歳程度のいたいけな幼女であった。足を開いて、大事な所を丸出しにしている。撮影をしたのはもちろん詩織だ。その汗の味も、愛液のにおいも、すぐに思い出すことが出来る。写真を見ながら妄想していると、この上なく甘くほろ苦い、あの夏の思い出が蘇ってくる。

中学生だった詩織は、小学3年生の内気な幼女を脱がし、触り、全身を舐めまわした。あの子は女の子には興味がなかった。エッチなことも良く分かっていなかった。それなのに詩織は、我慢ができず、この一桁年齢の幼女を犯してしまったのである。傷ついていたかもしれない。今もその傷は残っているのかもしれない。そう思いながらも、もう二度と戻らない日々を捨て去ることは出来ず、未練とともに、全ての記録を保存しているのであった。写真は大切に保管し、コピーをして、バックアップもきちんと取っている。当時の日記も取ってある。妄想の中だけでは、永遠に私の恋人でいて欲しい。クリトリスをいじる指が、ますます速くなる。絶頂へと向かう。

かなたちゃん。私の初めての人。私の最後の人。生まれてから死ぬまで、全ての生涯で、私が身体を重ねる唯一の女の子。今でも好きだった。本当は結ばれたかった。けれどもそれは、今も昔も、成就し得ない夢なのであった。

「はぁ、はーっ、はっ、はっ、かなたちゃん、大好き……。愛してる……!」

家の外では車が走り、子供達の笑い声が聞こえる。アパートの中で性欲処理をしている詩織のことなど、誰も気づいていない。詩織は一人、愛する幼女とセックスする空想で、オーガズムを迎えるのであった。全身に快感の電流が走る。クリトリスがじんじんとして苦しい。おまんこから快楽が溢れて、洪水のように止まらなくなる。詩織は我慢ができず、布団の中で潮を吹いてしまった。全身が小刻みに震え、指先までもが気持ちよくなっていく。そんな極上の快楽に浸りながら、詩織はその美しい瞳から、塩辛い涙を零すのであった。

所詮全ては妄想だ。あの夏に味わった恍惚は、もう二度と戻ってこない。愛しいかなたを抱きしめることも、もう二度と出来ないのであった。

ロリコン少女の過ち あの夏レズJCは親戚の幼女を襲った(JS8歳/JC14歳/レズ)
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(JS10歳/18歳/レズ)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
中学生「福山詩織」は、幼女しか愛せない自分に気づいた。操縦不能な激しい欲望を、家族や友人からひた隠しにし、優等生の仮面をかぶる。詩織の欲求が満たされるのは、ベッドの上で自慰にふける時だけ。毎日のようにクリトリスをいじる。幼女を抱きたいという願望は、それでも消えることが無かった。そんな詩織は、2年生の夏休みに、親戚の小学3年生「倉橋かなた」の家庭教師となる。初めて手にしたチャンスを逃すことは出来なかった。内気な幼女の信頼につけ込み、幼い性器の陵辱を始める。写真を撮り、身体を舐め、シックスナインで絡み合う。初めて齧った禁断の果実。幼女と交わる一時は、果実のように甘く、そしてほろ苦かった。文字数約50000字。(鬼畜度:低 強引めに性行為に持ち込む描写があります)有料作品のサンプルです。

ロリコン少女の過ち あの夏レズJCは親戚の幼女を襲った
ロリコン少女の過ち あの夏レズJCは親戚の幼女を襲った(JS8歳/JC14歳/レズ)

【2:幼女の身体が見たかった】
子ども時代の詩織は何の変哲もない優等生であったが、思春期が訪れると、うちに秘められた性欲が目覚めた。少女は自分の欲望に動揺したが、生まれ持った運命を変えることなど、絶対に出来ないのであった。

詩織は本屋の中にいた。白い手提げバッグの持ち手が、華奢な手の中で汗ばんでいた。灰色のワンピースを来た中学生の少女が、セミロングの髪を揺らしながら、きょときょとと辺りを伺っている。目が泳ぐ。口の中が干上がってしまいそうだ。

少女の頬は、緊張と羞恥のあまり、夕焼けと見紛うほど赤く染まっている。額の白い肌から玉の汗を流しながら、すらりと伸びた生足で、密集した本棚の合間を足早に歩くのであった。現在中学1年生、13歳になったばかりだ。ほっそりとした顔。瞳は大きく、目鼻立ちはくっきりとしていた。可愛らしいというよりは美人という雰囲気で、13歳にしては大人びた容姿を身にまとっている。詩織は、容貌から連想されうるような、そつのない優等生だった。そんな彼女にも、お目当ての品がある。子供は買ってはいけないはずの18禁の漫画。それも、普通の女の子が好むようなものでは、全く意味がないのであった。

想像することさえ罪とされかねないほどの、現代社会の禁忌――幼すぎるほどの幼女が、大変なことをされている作品が、どうしても欲しかったのである。同性愛を扱っているものならなお良かったが、見つからなければ、異性愛でもかまわない。現実の幼女に手を出すことはできない。映像も小説も映画も、この手のことは表立っては扱っていなかった。それでも詩織は追い求めた。彼女の欲求はそれでしか満たせない。思春期を迎えた詩織は、幼い同性にしか欲情できない自分を、悲しいほどに理解していた。涙を流すこともあったのである。

そんな乙女が、永遠のような葛藤と苦悩の末にやってきたのが、数十年前から街の片隅で営業している古ぼけた書店なのであった。この店は、辺りの子供、特に男の子の間で、意外なほどに人気がある。子供でもいやらしい本を買うことが出来たからだ。

インターネットの普及していないこの時代、子供たちにとってのエロ供給源は、いわゆるエロ本が大半だった。読みたいものや買いたいものが山ほどある。しかし、大人の目は厳しく、手に入るものといえば捨てられてボロボロになったゴミ捨て場の捨て本ばかり。物色済みであれば、質もたかが知れている。子供たちはそんなしょうもないもので、芽生えたばかりの欲求を処理する運命なのであった。しかし、この街の子供達は例外だった。

この書店では、会社員ならとっくに定年であろう、80半ばの白髪老人が接客をしている。店主でもある老人は、会計カウンターの中で椅子に座り、老眼鏡をかけていつも書物を読んでいるのであった。だが、本を開くこと自体が習慣になっているだけで、営業時間のほとんどは文字も読まず、ただうとうととしている。会計の時には、こちらから声をかけなければいけない。応対は亀よりも遅い。普通に本を買うだけならば、不便極まりないだけの店。習慣と顧客の善意で成り立っている、趣味性の高い商店であった。

その辺りが、子供達にとって都合が良かったのである。店主の老人は視力が弱い。頭の回転も、50年前と比べ、牛歩のように遅くなっている。エロ本をレジに出しても、相手が子供なのかどうかさえ確認できない。そもそも、買っている本の内容自体あまり気にしていないらしい。子どもたちがエロ本コーナーにたむろしていても、注意はおろか、気づくことさえまれであった。

店主の老衰という事情により、期せずして、この書店は、地元の少年の性のオアシスになったのである。詩織がこの店に来たのも、男子の雑談から、ここがそういう店なのだと知ったためである。初潮が訪れたころから、膨らみ始めた性への欲求。幼女への欲求。このころは、詩織自身も少女と言えるような年齢であったが、幼い少女からしても幼いと言えるほど、小さくて可憐な蕾に心惹かれているのであった。

詩織は足を進めながら思う。心惹かれるといったような、生易しい表現では済まされない。詩織は小さな女の子に欲情していた。ときおり、発作のような強い衝動が詩織を襲う。少女を部屋に連れ込んでレイプをしてみたい。すれ違う幼女が可愛らしすぎて、胸が痛くなってしまう。強姦する妄想でオナニーをしたこともある。そのたびに詩織は自己嫌悪に陥り、自分を汚い人間だと、心のなかで卑下してしまうのであった。メディアが、周囲が、そのような欲求そのものを異常視していた。そんな視線に抗って自己規定できるほど、思春期の心は固くない。詩織はそんな欲求の元に生まれついた自分を、心の底から呪うこともあった。

それでも。空想の世界で、小学校低学年ぐらいの女児と交わると、草原程度に毛の映えた女性器がとても気持ちよくなって、心の底が幸福感で暖められてしまうのである。小さい子でするオナニーだけが、詩織の性欲を癒やした。恋にも似て冷めやらない、燃えるような欲求……。詩織は幼女の裸体が見たくてたまらなくなった。そして、当時の社会において、少女の肢体を見ることができるのは、漫画というメディアにほとんど限定されているのであった。

詩織はほこりの舞う密閉された店内を進み、最奥にて、目的の棚を見つけた。この店の奥には2つの棚がある。そこだけは、書店の中で唯一、18歳未満には見せられない書籍を扱っていたのであった。詩織は、セミロングの髪が揺れるほどに素早く、棚の左右を確認した。

「誰もいない……よね」

心臓がばくばくと鳴っていた。腕時計を見る。午前7時40分。この店は10分ほど前、ようやく開いたばかりであった。不便な店で買う物好きも、近所のエロガキ達も、まだ1人も店を訪れていない。そうでなければ、小さい子が出てくる本なんて買えるわけがなかったのである。

誰も来ないうちに。誰にも見られないうちに。

「早く買わなきゃ……」

幼女ものを買うところを見られたら、友達にも幻滅されてしまう。学校に行けなくなってしまう。それほどまでに思いつめながら、なお買いに来る欲求の強さであった。発散しないと爆発しそうだったのだ。急がないと。年下の女の子に惹かれているなんて知れたら、どんな質の悪い噂が立つか――。

ロリコン少女の過ち あの夏レズJCは親戚の幼女を襲った(JS8歳/JC14歳/レズ)
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(JS10歳/18歳/レズ)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)