ロリ少女官能小説集:★清楚変態お姉ちゃん(JK17歳/おねショタ)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
清楚系変態お姉ちゃん オナニー晒しのJK姉は弟くんに恋をするを発売しました。高校生で巨乳のお姉ちゃんと、小学生の弟くんの話。いわゆるおねショタです。普段の小説が、「お兄ちゃん・おじさん×少女・幼女」ばかりなので、逆パターンですね。一応、女の子は高校生です。興味のある方はどうぞ。

清楚系変態お姉ちゃん オナニー晒しのJK姉は弟くんに恋をする
清楚系変態お姉ちゃん オナニー晒しのJK姉は弟くんに恋をする(JK17歳/おねショタ)

※この小説には以下の要素が含まれます
おねショタ 女子高生 ショタ(小学生) 巨乳 清楚 オナニー 露出 いたずら(女→男) ディルドオナニー 手コキ セックス 乳いじり 中出し 近親相姦

【あらすじ】
公園で露出オナニーをする変態少女が、お姉ちゃんにしか見えなかった。優太の姉「白草綾香」は高校3年生、私立の女子高に通う17歳である。Fカップ巨乳に柔らかなふともも、小学生の弟が気になってしまうほど官能的な身体。お姉ちゃんは、エッチなことが何よりも嫌いなはずなのに――。姉似の女性は、過激な動画を何本も撮影した。高校のトイレでディルドを挿入し、喘ぎ声を上げながら絶頂する。電車の中でおまんこをいじりまわす。逮捕されかねないほど危険な自慰。姉の身を案じた弟は、綾香を部屋に呼び出し正体を暴こうとする。追い詰められた姉は、自らの秘密を明かすとともに、弟に抱いてきた欲望を告白するのであった。文字数約48000字。(鬼畜度:無 鬼畜な表現はありません)

【目次】
1.変態女の公園露出オナニー
2.綺麗で優しいお姉ちゃん
3.朝の通学風景
4.お風呂場の思い出
5.決定的な証拠
6.あの人はお姉ちゃんなの?
7.ずっと我慢してたんだ
8.お姉ちゃんのおっぱい
9.姉弟本番、交尾、精通

【登場人物】(★はエロシーンに登場する人物)
★白草綾香:しらくさあやか(17)
優太の姉、高校3年生。豊かな胸と大きめなお尻を兼ね備えたスタイルの良い美人で、飾らない黒のロングは、見る者に清楚なイメージを与える。厳格な家庭環境もあってか、下品な事は嫌いなようだ。

★ミユキ(??)
露出系を中心とする過激なエロ動画を撮影し、ネットで不特定多数に公開している女性。マスクで顔を隠しているがm綾香にそっくりな外見をしている。

★白草優太:しらくさゆうた(11)
綾香の弟、小学六年生。耳が隠れるショートヘアの男の子で、姉である綾香よりも一回り身体が小さい。ネットで「姉にそっくりな露出娘」を見つけ、心の平穏が揺らいでいく。

【文章サンプル】
綾香は優太の顔を見た。男の子だから、ここに興味があるんだ。焼けつくような視線で、綾香のメス穴がじゅんと濡れる。綾香はパンツのゴムを掴み、そっと下ろしていく。股の部分の布が、糸を引きながらおまんこと別れる。陰毛が剃られてつるつるになった陰部からは、肌色の小陰唇がわずかにはみ出ていた。子どものような純粋さを今も保っている。もっとも、それの持ち主は、数多い日本人の中でも、確実に変態の部類に入る人間なのだが……。

むっちりとしたふとももを通って、濡れたパンツが足首にかかる。布を取り払って、丁寧にたたんだ。優太の視線がパンツに囚われているうちに、綾香は自分の股間を手で隠してしまう。ふとももを広げ、下半身を晒し、優太を誘ってみせるが、肝心な所だけは見えないのであった。汗がにじんだふとももは見える。ベッドとの間で潰れた尻肉も見える。だが、大陰唇と割れ目が手ですっぽりと覆われ、情欲を誘うメスの部分だけは、おあずけにされてしまうのだ。ちらりと見えた文だけでは、全然満足出来ない。優太は情けない顔で綾香を見るのであった。

「ユウくんが隠すなら、お姉ちゃんも見せてあげない」
「そんな……、でも……」
「お姉ちゃんもね、ユウくんのおちんちんちゃんと見てみたいの。ね、恥ずかしいのは分かるけど、エッチするんだからしょうがないじゃない。いっせーのせで、手をどけてみようか?」

優太はふとももの間に熱い視線を送りながら、すぐに頷いたのであった。恥ずかしさよりも、綾香のおまんこを見て、挿入することへの欲求の方が、何倍も強かったのである。綾香の顔は火照っていた。姉弟の近親相姦セックスまで、薄皮一枚程度の障壁しか残されていない。お互いの性器を晒せば、あとはくっつけて、挿入するだけである。それが分かっているからこそ、優太も綾香も緊張し、興奮しているのであった。綾香は言う。

「じゃあ、いくよ。絶対見せてね」
「うん。お姉ちゃんもね」
「えへへ……。いっせーの……せっ!」

綾香はパッと手を上げる。優太はおずおずと遠慮がちに手をどけた。男性器と女性器。おまんことおちんちん。発情した形になったそれらが、お互いの視線にさらされるのであった。どちらの性器もすでに快感を覚え、いやらしくひくついているのであった。目を奪われる。性器のフェロモンが強すぎて、余所見をすることはできない。

綾香のおまんこは、子どものようなつるつるだった。大陰唇が愛液で濡れていて、部屋の明かりできらきらと輝いている。割れ目の辺りがしきりにひくついている。はみ出た小陰唇と、ぷっくりと膨れたクリトリスの皮が、わずかに桃色がかって、淫靡な雰囲気を纏っていた。クリトリスの皮からは勃起した豆の先端が、ちょこんと顔を出しているのである。割れ目の下に向かうと、濡れ具合はさらに強くなった。膣口は水をかけたように濡れていて、愛液と汗による水滴が、いくつも玉になってお尻に垂れているのである。発情まんこ。おちんちんが欲しくて仕方がないのだ。おまんこの全てのパーツが、目の前のペニスを欲しがって、淫らにひくついていた。

優太のおちんちんは、子どものちんちんである。陰毛はまだ産毛程度しか生えていない。つるつると肌の中から、肌色のウインナーが10センチぐらいの長さで生え、天を突いているのであった。先端部は半分ほど皮に包まれている。典型的な仮性包茎であった。皮が余っているところも、子供っぽさを強調するのである。ぶらさがっている陰嚢も、手のひらに軽く乗るほどに小さい。しかし、小さくても硬度は高かった。血管が集まった茎の部分は、石のように固まっていた。裏筋がぷっくりと膨れ、先端からはカウパー液が垂れているのである。浮かんだ血管。小さくても立派に交尾できるおちんちん。それが優太のペニスなのであった。

子どもの凸と、大人の凹を、交互に見比べる。発情した異性の性器を見ていると、自分まで気持ちよくなってしまう。綾香の愛液はますますとろみを増し、優太のペニスはさらに固くなるのだ。

「お姉ちゃん、そろそろしよう?」

とうとう我慢できなくなったらしい。優太は実の姉に抱きつき、勃起したペニスをふとももにこすりつけ、交尾を求めはじめたのであった。優太は発情した犬のように自然と腰を振ってしまう。肉感的で女性的魅力に溢れた姉に、種付けしたくてたまらない、そんな本能が小学生の少年を操っているのだ。綾香は興奮で目が回りそうになったが、口元を結んで、お姉ちゃんとしての威厳を保った。自分からリードしないと。発情する弟を導かないと。

「焦らないで。ほら、ちゃんと狙わないと入らないよ?」

綾香は足を開く。ぷっくりとした大陰唇がねちょりとねばっこい音を出しながら割れて、薄い小陰唇が露出するのであった。顔を出したクリトリスが固く尖って、綾香の欲情を表している。優太は両手の親指を大陰唇に当て、おまんこの肉を開くのであった。

綾香は膣の中まで肉感的であった。大陰唇を割り開くと、薄い小陰唇同士が粘つき、糸を引きつつはがれていくのであった。クリトリスの皮もつられて持ち上がり、小指の先程度のクリトリスが完全に露出するのであった。クリトリスの下には、赤みがかった肉の沼がある。膣肉の表面はどこも溢れた愛液で湿っており、尿道口はひくひくと動いて、豊富な肉の中でその場所を主張しているのであった。さらに下にあるのは、収縮してはまた開く繁殖のための穴だ。オスのペニスをこすり、精子を吐き出させるために発達したうねる膣壁が、優太の挿入を待ち望んでいるのである。

17歳といえば、身体も心も成熟している年齢である。結婚をすることもできる。ただ、学校制度や法律という決まりによって、子どもに分類されているだけなのである。交尾を求めてひくつく肉。膣穴がひとりでにぱくぱくと動き、子どもながら立派に勃ち上がったペニスをしゃぶろうと、貪欲に誘うのであった。男性経験はないものの、ディルドやローター、果てはキュウリやリコーダーまで、様々なものを飲み込んだ穴である。処女膜はすでに無い。様々な物で快感を得てきた肉は、下手なおまんこよりもはるかに精密に、ペニスの弱い所を刺激するに違いなかった。

「どこに入れるか分かった?」

綾香が優しく微笑むと、優太はしっかりと頷いた。

「……このぴくぴくしてる穴だよね」
「そう。開いててあげるから、おちんちんを入れて。お姉ちゃん、もう我慢できないから……」

綾香は膣口の横の肉を触って、穴を思い切り広げるのであった。膣壁が分泌したであろう、粘性の高い透明な愛液が、穴からこぼれて尻を伝い、シーツに染みこんでいった。優太は耳まで赤くなりつつも、視線は膣から外さなかった。外せなかった。ペニスの亀頭を持って、腰を寄せていく。はじめに突いた場所は尿道口のあたりだった。

「もうちょっと下……」
「わっ、分かってるよ」

少しずつ下にずらしていく。粘つく肉と亀頭の先がこすれて、2人の興奮が高まる。ほどなく穴にたどり着く。穴はくぱぁと開かれていたので、亀頭を挿入するのは容易なことであった。先端が挿入されたのを確認すると、まっすぐ腰を近づけていく。ぬるぬるになった膣壁をこすりながら、ペニスは膣内に侵入していく。身体は綾香のほうが大きい。たっぷりとした膣壁が、優しくペニスを歓迎する。粘膜同士をこすり合わせながら、ようやく根本まで差し込むことが出来た。子宮口にまでは届かない。子宮口をコンコン突くためには、もう少しだけ大人になる必要がありそうだった。

清楚系変態お姉ちゃん オナニー晒しのJK姉は弟くんに恋をする(JK17歳/おねショタ)

自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出(JS11歳/JC12歳)
楽園崩壊 女子高生を16年間騙し島民総出で強姦した理由(JK16歳)
公園で露出オナニーをする変態少女が、お姉ちゃんにしか見えなかった。優太の姉「白草綾香」は高校3年生、私立の女子高に通う17歳である。Fカップ巨乳に柔らかなふともも、小学生の弟が気になってしまうほど官能的な身体。お姉ちゃんは、エッチなことが何よりも嫌いなはずなのに――。姉似の女性は、過激な動画を何本も撮影した。高校のトイレでディルドを挿入し、喘ぎ声を上げながら絶頂する。電車の中でおまんこをいじりまわす。逮捕されかねないほど危険な自慰。姉の身を案じた弟は、綾香を部屋に呼び出し正体を暴こうとする。追い詰められた姉は、自らの秘密を明かすとともに、弟に抱いてきた欲望を告白するのであった。文字数約48000字。(鬼畜度:無 鬼畜な表現はありません)有料作品のサンプルです。

清楚系変態お姉ちゃん オナニー晒しのJK姉は弟くんに恋をする
清楚系変態お姉ちゃん オナニー晒しのJK姉は弟くんに恋をする(JK17歳/おねショタ)<

-------------------------

【1:変態女の公園露出オナニー】
運動から勉強まで何でも出来て、弟の宿題を見てくれるお姉ちゃん。面倒見が良くて、悩んでいることがあればいつでも相談に乗ってくれるお姉ちゃん。胸も大きくて、スタイルも良くて、弟でさえ戸惑ってしまうぐらい綺麗なお姉ちゃん。そんな非の打ち所のない姉が、ネットにエッチな動画を流して喜ぶような変態だったら、弟はどうすれば良いのだろうか。白草優太は、未発達な陰茎を勃起させながら、食い入るように動画を見ることしか出来なかった。

優太は小学6年生。流行りの言葉で分類するなら、草食系の男の子である。髪は首元あたりまで伸びており、男の子にしては少し長かった。大きな瞳は姉との血縁を感じさせる。精通前ということもあり、男子としての特徴はそれほど明確になっていない。高校生の姉と比べると、一回り身体が小さかった。

射精経験はないものの、年はすでに11になる。健全な男子小学生として、性には並々ならぬ興味を抱いているのであった。両親の財力もあって、勉強机やベッドを置いてなお広いという、贅沢な自室を与えられていた。机の上にあるノートパソコン。音が漏れないようにイヤホンも完備されている。アダルトサイト巡りをするには十分な環境だった。エロ本を拾わなければいけなかった時代も今は昔。性への関心のはけ口として、ネットは最高の便器であった。優太の部屋につながった光回線から、世界中のエロコンテンツが流れこんでくる。ニュースサイトの更新をチェックした後、いつものように、ある女性が主催しているサイトを訪問するのであった。

変態処女ミユキ@オナニー中毒。素人ながら過激でつぼを抑えたオナニー動画は、多くの人の目を惹きつけてきたのであった。サイトの開設からまだ数ヶ月しか経っていないのに、すでに七桁のアクセスを記録しているのであった。

公開しているのは、個人撮影の自作エロ動画である。販売もしているが、無料公開しているエロ動画も山ほどあって、お金をかけずとも、半分以上の作品を視聴することが出来た。お金儲けよりも、見てもらうことを優先するタイプらしい。優太はサイト内のリンクをクリックし、外部の動画サイトを開く。彼女の新作が、今日もアップロードされている。胸が大きくて、スタイルが良くて、……姉にそっくりな、ネット露出のエロ娘。年齢は公開されていないが、姉と同一人物なら、17歳の現役女子高生である。17歳か18歳かなんて見分けられるわけがないから、表の動画サイトに堂々と掲載されている。

優太はパジャマのズボンとブリーフを下ろす。10センチほどの陰茎をギンギンに勃たせ、動画の再生ボタンをクリックする。興奮がやまない。たぎる一方である。ミユキのエロ動画はいつも過激で、発覚の危険が伴うものが大半であった。

映像ファイルが、スムーズにパソコンの中に落とされていく。写ったのは住宅街だった。辺りに人の気配はない。日差しも優しく、空は水色というより藍色をして、天空を丸く覆っているのであった。早朝である。歩行に合わせてカメラがぶれる。家々の合間を抜け、小さな公園にさしかかった。入り口で数秒立ち止まった後、様子をうかがいつつ無言で中に入る。誰もいない。風が落ち葉をさらう音が、動画の中に収録されるほどの静けさであった。

「今、朝の4時半です。ちょっと寒いです」

澄んだ声がスピーカーから聞こえてきた。凛としていて品のある声。ネットで露出をする変態には、とても思えないような、美しい声だった。お嬢様っぽいと評判の声質は、優太の心を動揺させる。10年以上聴き続けた姉の声と、聞き分けられないぐらい似ていたからだ。少なくとも優太には、相違点を見つけることは出来なかった。

「朝なので、誰もいませんねー……。えー、今日は、ここで……、オナニーをしちゃおうと思います。ミユキを見ながら、シコシコしてあげて下さい」

ミユキと名乗る女性は、そう言ってベンチの上にカメラを置いた。ようやく画像のブレがなくなり、こぢんまりとした公園の様子が映し出される。滑り台にジャングルジム、茶色い土の地面。遠くに見えるのは楓の林、その向こうに茶色い壁をした団地が空を覆うように建っているのであった。優太は達してしまわないように慎重にペニスをさわる。やがて動画の中に、小洒落た服装をしたミユキの全身が映り込むのであった。

胸元が膨らんだベージュのセーターに、濃いグレーのスカート。茶色い革靴、銀色の腕時計。灰色をした薄い生地のマフラー。全て見覚えがある。胸のあたりまで伸びた真っ黒なロングヘアーが、足を進めるたびになびいた。カメラの真正面で仁王立ちをする。顔が画面に入る。二重の大きな瞳。細いアゴのライン。すっと通った鼻筋。身元を隠すためか白いマスクを着用しているが、顔半分で美人と分かるほど、完成されたパーツが揃えられていた。興奮しているのか、鼻をひくひくさせて、頬には桃色が乗っている。優太は改めて確信する。その顔は、どう見ても、優太の姉――白草綾香17歳、高校3年生であった。

ミユキと綾香は同一人物なのか? 初めてこのサイトを見つけてから、胸に秘めてきた疑問だった。

ミユキは2歩・3歩とカメラに近づき、スカートを裾を触る。端を指先でつまんで、じらすようにゆっくりとたくし上げた。ストッキングはない。ムダ毛が丁寧に処理されたぷるぷるの生足、肉感的なふとももがあらわになり、股間付近でためらうように布を上下させた後、一気に大事な所を露出させたのであった。

清楚系変態お姉ちゃん オナニー晒しのJK姉は弟くんに恋をする(JK17歳/おねショタ)

自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出(JS11歳/JC12歳)
楽園崩壊 女子高生を16年間騙し島民総出で強姦した理由(JK16歳)
公園で露出オナニーをする変態少女が、お姉ちゃんにしか見えなかった。優太の姉「白草綾香」は高校3年生、私立の女子高に通う17歳である。Fカップ巨乳に柔らかなふともも、小学生の弟が気になってしまうほど官能的な身体。お姉ちゃんは、エッチなことが何よりも嫌いなはずなのに――。姉似の女性は、過激な動画を何本も撮影した。高校のトイレでディルドを挿入し、喘ぎ声を上げながら絶頂する。電車の中でおまんこをいじりまわす。逮捕されかねないほど危険な自慰。姉の身を案じた弟は、綾香を部屋に呼び出し正体を暴こうとする。追い詰められた姉は、自らの秘密を明かすとともに、弟に抱いてきた欲望を告白するのであった。文字数約48000字。(鬼畜度:無 鬼畜な表現はありません)有料作品のサンプルです。

清楚系変態お姉ちゃん オナニー晒しのJK姉は弟くんに恋をする
清楚系変態お姉ちゃん オナニー晒しのJK姉は弟くんに恋をする(JK17歳/おねショタ)<

-------------------------

あるはずのパンツがなかった。ミユキはノーパンだった。腰から下、本来なら布で隠されているはずの場所が丸見えなのであった。人並みよりも膨らんだ恥丘には、陰毛が全く無かった。剃り跡も残らないほどつるつるになっている。大陰唇には色素の沈着が殆どなく、子どものような白い色をいまだに維持しているのであった。

小陰唇はわずかにはみ出て外気に晒されている。肌色に近い色をしたそれは、量も少なく、下品にならない程度に、少女のおまんこを飾っているのであった。対して、クリトリスの皮はぷっくりと育ち、大陰唇から大いにはみ出ていた。何度もオナニーをしているせいなのか、皮は相当発達している。つまみ上げれば容易に中身が露出するほどゆるい鞘なのだと、動画を見てきた優太には分かっていた

「今日もパンツ履いてません。……見えますか? 毛が邪魔でおまんこが良く見えないというメールが、前から沢山来てたので……、あの、思い切って、剃っちゃいました。なんか、変な感じですね。小学生に戻ったみたいな気分です……」

ミユキは足を開き、両手の指で大陰唇を広げるのであった。交尾適齢の17歳ということもあって、肉厚な大陰唇はとても開きやすい。しとどに濡れた赤身の肉を、視聴者に向けて露出してしまうのであった。カメラが遠くて良く見えない。もどかしい。優太はペニスをさすりながら、姉に似た痴女のおまんこを、食い入るように見つめている。ミユキはスカートの側面のボタンを外し、ファスナーを下ろした。スカートが地面に落ちる。下半身に身につけているものは、白い靴下と革靴だけ。大事なところを守る布は、一枚も無くなってしまった。白いおまんこ、白い肉尻が、あられもなく晒されている。言い訳ができない。見咎められれば、露出狂として通報されてもおかしくなかった。

ミユキにはMの気があるのか、身を危険に晒すような過激なオナニーを好んでいる。動画公開もその性癖の表れなのだ。ミユキの表情に悲壮感はなく、ただ恍惚としていた。興奮のあまり、瞳がとろけている。顔も知らない視聴者達に媚びて、見せてはいけない割れ目を開き、交尾のための穴をさらけ出すのであった。

左手でおまんこを開きながら、右手で外性器をこねる。真っ赤な肉を中指で触り、ぬちぬちと音を立てる。自分の快感のために、ひたすら撫でて可愛がり、媚肉をこすり続けるのであった。膣口から溢れる愛液を、女性器全体に塗りたくる。爪が整えられた綺麗な指先で、おまんこ全体をマッサージし、気分を高めていく。くちくちとねちっこい音が、カメラの中に収められていく。ミユキは指で自慰をしながら、徐々に息を乱していくのであった。

「はぁ、はぁ……、ん、あぁ、はっ、はぁ、はぁ……!」

早朝、誰もいない公園で、おまんこを丸出しにしながら喘ぐ女子高生。誰かがこの光景を見たら、我を忘れて襲いかかってしまうかもしれない。それほどまでに淫靡で、性的で、欲望の刺激につながる痴態。猛獣の群れの上で綱渡りをするような危うさ。膣口から愛液がこぼれ、茶色い地面に小雨のように降り注いでいく。

刺激は性器全体からクリトリスに移った。強い刺激を求めている証拠だ。皮の上からクリトリスを撫で、息を荒らげていく。どんな妄想をしているのか、あるいは妄想に入るまでもなく興奮しているのか、目をつむって頬を染めながら、クリトリスの皮を強く押し、中にある性感帯の塊を大事にこねて快感を得るのであった。

「あぁ、はぁ、はぁ……、はーっ、はーっ……」

優太は喘ぎ声を聞きながら、爆発寸前のペニスに、手出しを出来ずにいた。ミユキのオナニー姿があまりにもエロティックで、ペニスをこすろうものなら、少年の未熟なペニスはすぐに達してしまうに違いなかった。じっと見る。公共の場で性器を晒し、少女が乱れている。ミユキはクリトリスへの刺激と赤身への刺激を交互に繰り返し、そのたびに息を荒らげて鳴きながら、愛液をぽたぽたと垂らすのであった。

野外オナニーという状況が性欲を掻き立てるのだろうか、綾香の興奮は激しく、絶頂は早い。クリトリスに指を当て、素早く何度かこすると、カメラからでも分かるぐらいに腰とふとももを痙攣させ、前かがみになってたたらを踏むのであった。快感でふらついてしまったのだろう。両足でしっかりと地面を踏む。だが痙攣は止まらない。ふとももがまた、ビクリと震えた。それが絶頂のサインだった。

「くぁ、はぁっ、はーっ、はぁ、あ゛……ッ!!」

ミユキはそのまま全身を痙攣させ、透明な潮を何度か吹いた。勢い良く水が出る。ぴちゃぴちゃという音とともに、土の地面に、水を垂らしたような跡が出来る。指先は愛液と潮で濡れてしまっていた。水滴がいくつも落ちる。綾香は肩で息をしながらそのまま固まっていた。

「はぁ、はぁ、はぁ……」

だんだんと息が整ってくる。風が吹く音、落ち葉が舞う音。小さな環境音に、ミユキの喘ぎ声がかき消されていく。十数秒ほど、股間に手を当てたまま余韻に浸っていた。地面を見つめ、じっとしている。地面に出来た生々しいオナニー跡を見ながら、ミユキは頬を染めるのであった。土の上に落ちたスカートを履き直し、ハンカチで手を拭いた。カメラに歩み寄り、しゃがんでレンズに顔を近づけた。汗まみれの顔がアップになる。目は性感で蕩けていて、画面越しに荒い息が伝わりそうなほど、気持ちよさそうに呼吸をしているのであった。

「イっちゃいました。……やっぱり、外はドキドキですね。外でオナるとすぐにきちゃいます。……今からイきたてのおまんこ見せますね」

清楚系変態お姉ちゃん オナニー晒しのJK姉は弟くんに恋をする(JK17歳/おねショタ)

自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出(JS11歳/JC12歳)
楽園崩壊 女子高生を16年間騙し島民総出で強姦した理由(JK16歳)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。