ロリ少女官能小説集:★女児銭湯(9歳/7歳)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックスを発売しました。JS姉妹がお父さんと一緒に男湯に入り、知らないおじさんにいたずらされてしまう話です。男湯が恥ずかしいお姉ちゃんと、恥ずかしさを感じない妹ちゃんの対比が見どころ。直球エロ小説です。

女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス
女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)

※この小説には以下の要素が含まれます。
小学生 姉妹 2人同時 羞恥 男湯 指挿入 手コキ フェラチオ 無知 クンニ セックス オナニー 中出し 知らないおじさん

【あらすじ】
小学4年生「習志野ひかり」は父親と男湯に入る羽目になった。小学2年生の妹「習志野いちか」と共に、しぶしぶ脱衣所で着替える。羞恥心が無い妹と違い、ひかりは男の目を気にして身体をタオルで巻く。女の子としての自覚があるひかりは、男湯が恥ずかしくて仕方がなかった。そこに姉妹を狙う男達が現れ……。先に狙われたのは妹だった。無毛のおまんこを愛撫され、快感を教えこまされる。目撃してしまった姉ひかりは、困惑以上に、欲情している自分に気づく。好奇心から男についていく姉妹。秘密の場所でフェラチオや、クンニ、指マンからの快感絶頂を経験。幼膣に大人の肉棒が突き立てられた。JS姉妹同時中出し生セックス。文字数約49000字。

【目次】
1.男湯の美少女姉妹
2.おじさんだあれ?
3.おまたの中まで洗いっこ
4.甘い誘惑
5.初めてのフェラチオ
6.指責め 姉妹で初絶頂
7.JS姉妹中出し初セックス
8.事後
9.エピローグ 忘れられない思い出

【登場人物】(★はエロシーンに登場する人物)
★習志野ひかり(9)
ツリ目な小学4年生。130センチ。お風呂が壊れ、お父さんとともに男湯に入ることに。早熟で、女の子としての意識がはっきりしており、男性の視線が気になってしまうようだ。

★習志野いちか(7)
おかっぱで素直な小学2年生。119センチ。お姉ちゃんと共にうきうきで男湯に入る。まだ小さいので、裸にもエッチにも羞恥心を覚えない。

★痩せ型の男(31)
★小太りの男(32)
銭湯に入っていく姉妹を見かけ、下心丸出しで後をつけるロリコン。2人の少女へのいたずらを試みる。

●お父さん(39)
ひかりといちかのお父さん。娘達の性的魅力に気付かず、男湯に連れてきてしまう。


【文章サンプル】
「あ、だめ、……はぁ、はぁ、そんな、舐めちゃ、駄目……んッ!」

恥ずかしさから拒否しようとしたひかりであったが、唇がクリトリスをはさみ、中身が吸い上げられるような強い刺激を受けると、腰をひくつかせて快楽に浸り、拒否できなくなってしまった。腰がびくびくとする。こんな気持ちが良いもの、嫌なわけがない。快楽が恥ずかしさを上書きしてしまったのだ。小陰唇を舐められ、しゃぶられる。尿道に吸い付かれる。処女膜付きの膣口を何度も舐められ、愛液を吸いだされる。

ひかりの頭には、クンニリングスという言葉はない。セックスでさえどういうものかはっきり分かっていないのだ。細かいプレイの名前なんて知るはずがない。だが、ひかりはこれに似たものを、先ほどおじさんたちにしてあげたばかりだ。フェラチオ。ひかりは舌先で舐めてあげただけだったが、それでもおじさんは堪らなく気持ちよさそうにしていた。今はひかりが、舌先に寄る愛撫の快感を味わっている。こんな感じなんだ。きっとおじさんたちは、こんな気持ちよさを味わっていたんだ。

身体がびくびくと痙攣する。大事な所を舐められるなんて、1時間前のひかりには考えられなかった。なのに……。今ではもっと舐められたい、もっと吸われたいとさえ思っている。恥ずかしさを感じる部分が、壊れてしまったのではないかとさえ思えた。生き物のようにひとりでにうごめく桃色の肉。小太りの男はクリトリスを舐めながら、中指は膣口を撫で、処女膜のひだをもてあそぶようにいじっていた。

「じゃ、そろそろ中に挿れるよ……」
「……はぁ、はぁ」

もう恐怖はなかった。恥ずかしさは掻き消えてしまった。次は何をしてもらえるんだろう。どんな風に気持ちよくなってしまうんだろう。そんな期待感だけが、ひかりの心のなかにあった。股をさらに開く。挿れやすくするためだ。その仕草自体が、男とのセックスを完全に受け入れたことを意味した。大人の階段を登っている。脱衣所で恥じらっていた年頃の乙女は、もうどこにもいなかった。

一気に貫かれる。中指がずぶずぶと潜り込んでくる。鈍い痛みで膣の入り口がひりひりとするが、一度入ってしまえば、さほど長引くものでもなかった。中指が膣内の肉をこすりながら進み、第二関節、そして根本まで挿入させ、ひかりの下半身に未知の興奮を与えるのであった。膣内全体がじんと痺れるような、深い快感が膣内にはあった。舌が踊るクリトリス、膣内は一歩劣るが、快感の質に違いがあり、中と外を同時に責められると、お互いが高めあってますます気持ちよくなってしまうのである。

痛がっていないとみると、中指は動き始めた。ほぐれていない処女の膣内でありながら、十分に濡れているので、痛みもほとんど無かった。回転をつけながら、膣内の壁をぐりぐりとこする。喘ぎ声が漏れる。ひかりは手を口に当てて恥ずかしい声を抑えようとするが、口を抑えれば鼻から漏れ出て、抑えきれない快感の濁流を表現してしまうだけなのであった。クリトリスを舐められながら、子宮口までマッサージしてもらう快感。4年生にはまだ早い、大人の味であった。

「あぁ、はぁ、はぁ……」
「気持ちいい?」

ひかりは返事をすることが出来なかった。気持ちよすぎて頭がくらくらしていた。気持ちよくなっていることまで言わせられてしまえば、顔が真っ赤になって、気絶してしまってもおかしくなかった。一方、妹のいちかも同じ快楽を味わっている。痩せ型の男に抱き寄せられながら、下の口で2本の指をしゃぶっていたのであった。次の段階へ進むために、膣を慣らしているのである。

「いちかちゃんも横になろうか?」
「うん……」
「お姉ちゃんの隣に寝ようね」

いちかは両手で支えられながら、白いタイルの裏に寝そべるのであった。リの字を書くように、美少女姉妹が寝そべっている。2人の膣には指が挿入され、膣壁を優しくえぐられながら、溢れる下半身の快感にうっとりとしているのであった。頬は上気し、鼻や口からは甘い声が漏れだし、胸を上下させて酸素を取り込みながら、突き上げる指に発情するのであった。ひかりに挿入される指も2本に増量された。着実に広がっている。入る量が増えた分、肉のこすれも強くなって、頭がくらくらするような快感がやってくるのである。

「おねえちゃん……」
「いちか……」

仲良し姉妹は、お互いの顔を見た。妹の顔、姉の顔。発情した顔を見るのは、なんだか妙な気分だった。昨日までは、エッチなことなんて知らない普通の女の子だったのに、今ではもう、下半身の穴が大人びて、お酒よりも甘い大人の味を堪能しているのである。2人は手を握りあった。何かが来ることを予感していた。射精のような女の子のクライマックスが、そろそろ来てしまうのだと分かっていた。

女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(10歳/18歳/レズ)


小学4年生「習志野ひかり」は父親と男湯に入る羽目になった。小学2年生の妹「習志野いちか」と共に、しぶしぶ脱衣所で着替える。羞恥心が無い妹と違い、ひかりは男の目を気にして身体にタオルを巻く。女の子としての自覚があるひかりは、男湯が恥ずかしくて仕方がなかった。そこに姉妹を狙う男達が現れ……。先に狙われたのは妹だった。無毛のおまんこを愛撫され、快感を教えこまされる。目撃してしまった姉ひかりは、困惑以上に、欲情している自分に気づく。好奇心から男についていく姉妹。秘密の場所でフェラチオや、クンニ、指マンからの快感絶頂を経験。幼膣に大人の肉棒が突き立てられた。JS姉妹同時中出し生セックス。文字数約49000字。有料作品のサンプルです。

小説のイメージ【JS 小学生 姉妹 2人同時 羞恥 男湯 指挿入 手コキ フェラチオ 無知 クンニ セックス オナニー 中出し 知らないおじさん】

女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス
女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)

-----------------------

木目調のタイル。正方形の茶色いロッカーがいくつも並ぶ脱衣所で、習志野ひかりは胸をなでおろす。左手は妹のちっちゃな手を握っている。小学4年生と、小学3年生の姉妹である。

「なんだ、あんまり人いないんじゃない……」
「いないねー」
「ああ、良かった……」

ひかりは9歳、130センチ。陰毛こそ生えていないが、男湯に入れられるにしては、少々大きい女の子であった。妹のいちかは7歳である。お姉ちゃんの手を握りながら、ちょこちょこと横についてまわっていた。姉のような恥じらいの感情は、まだ分からないようである。

ひかりはヘアゴムを外し、栗毛のツインテールをウェーブのかかったロングヘアーへと変えた。大きな黒い瞳、二重まぶた、高くすらりとした鼻、美しい少女の顔は、どのような髪型で飾っても絵になった。ひかりは辺りを見回し、男の人の目がないことを確認する。側にはお父さんが立っていた。胸や腕に筋肉のついた、がたいの良い大男である。ひかりの肩をぽんと叩いた。

「だから言っただろ。ガラガラだって」
「言ったけどさあ、だって、私女の子なんだよ。男の人がいたら、ジロジロ見られるに決まってるじゃない……恥ずかしいでしょ、誰だって」

頬を染めて言うひかりにを、お父さんはがははと豪快に笑い飛ばしてしまった。

「小学生の裸なんて誰も見ないぞ。心配性だなぁ、ん? 一人前に色気づきやがって」
「……本気で言ってるの、お父さん?」
「何かおかしいか?」
「……もういい。お父さんに言っても無駄だった」

娘がロリコンに見られたらとか気にしないのかな、このオヤジは。そんなことを思いつつ、男の人も大して居ないし、いても目の悪いおじいさんが大半なので、反論はせず、心のなかで悪態をつくに止めるのであった。タオルで隠しておけばきっと大丈夫。さっさと入って、さっさと出ちゃおう。ひかりはすらりと伸びた小麦色の腕を伸ばし、父親の鼻先で手を広げる。

「100円ちょうだい」
「何で?」
「コインロッカー使うの!」
「お父さんのロッカーに入れておけばいいだろ? な、いちか?」
「えー?」

妹のいちかは、ひかりとお父さんの顔を交互に見て首を傾げていた。

「お父さんの服なんかと一緒にしたら、臭いが移って汚れちゃうでしょ! 100円!」
「分かった分かった。ロッカーの鍵は無くすなよ」
「はいはい」
「戻ってきた100円は返すんだぞ。お父さんの貴重なお小遣いだから」
「はいはい!」

ひかりは100円を受け取ると、いちかの手を取って脱衣所を歩き始める。

「おい、どこ行くんだ?」
「誰にも覗かれない場所で着替えるから、こっち来ないでよ!」
「誰も覗きゃしないって……」
「覗く人もいるの!」

すたすたと歩いて脱衣所の隅に向かう。ぷりぷりと怒りながら、ロングヘアーをなびかせ、妹を連れて歩いて行った。妹のいちかはきょろきょろとしながら、めったに来られない脱衣所という場所に、心いっぱいの好奇心を示すのであった。

「おねえちゃん、せんとうってひろいねー!」
「まあね……はあ」

はしゃぐいちかを横目に、姉のひかりはまだ気が進まないのか、憂鬱そうな表情をするのであった。男の人に見られるかもしれない場所で着替えるなんて……。ひかりにはすでに性の芽生えがあった。水泳授業の時、男性教諭の広い胸元を見て動揺してしまうような、心揺れ動く少女なのである。

2人は脱衣所の端までやってくる。父親も含め誰もいないか、何度も何度も確認する。いちかはおかっぱ頭をぽりぽりとかいていた。ひかりは確認を終えると、荷物を置いて、わずかに警戒心を残しながら、フリルの付いた白い子供服の裾を握った。服を脱ぐ。真夏の汗が染み込んだ真っ白な肌着が見え、その隙間からは、なだらかにくぼんだ腋や、子供らしく肉づいたおなかが、ちらちらと見えているのであった。

ひかりといちかの姉妹は、夏休みを機会に、祖父母の家に遊びに来ている。昨日までは家にある風呂を使っていたのだが、急に湯沸し器が故障し、近くの入浴施設に足を運ばざるをえなくなった。やってきたのは「ミラクル銭湯」。お風呂場やマッサージ、ゲームセンターなど、様々な施設が融合した複合施設である。かつて開発計画の一環で設立されたのだが、長引く不況で客足も遠退き、計画自体ずさんで、平日には殆どがら空きという有り様であった。完全な赤字施設であり、民間への売却が検討されているが、地元民にとっては貸しきり気分で大風呂を楽しめる、それなりに悪くない入浴施設なのであった。

風呂が壊れた時、手が開いているのはお父さんだけだった。必然的に、お父さんと姉妹の3人でミラクル銭湯に入場することになった。入るのはもちろん男湯である。小学2年生のいちかならともかく、ひかりは小学4年生。生理こそ来ていないものの、身体がだんだんと育ち、性意識も発達するお年ごろである。男湯に入るのは、さすがに恥ずかしかった。

微妙な年齢である。分類としては子供だが、性差やプライバシーの意識が育ちつつあるころでもある。お父さんの洗濯物と一緒に洗われたくない。肉親であっても裸を見られたくない。おしゃれを気にする。ボディーラインを気にする。まだぺったんこな胸に、もどかしい感情を抱く。将来の夢を抱く。早く大人になりたいと願って、年齢以上の背伸びをする。男の子に身体を見られるのは恥ずかしいことだ。男の子の身体を見てしまうのも恥ずかしいことである。男女の差を気にして女の子でかたまり、しかし一方、心の奥底では男の人に淡い興味を抱きつつある。そんな年齢だった。

不幸なことに、父親は娘の変化に気づいていなかった。幼稚園児の時と同じ感覚で男湯に入れようとしている。父親にとっては、ひかりもいちかもまだ同じお子様なのである。中学生ならまだしも、小学4年生なら、男湯でも問題ないというわけだ。ひかりは長々渋ったが、保護者同伴で入ることが優先される。ガラガラだから、見られる心配はないと説得され、しぶしぶ男湯に入ることを了承したのであった。

女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(10歳/18歳/レズ)


小学4年生「習志野ひかり」は父親と男湯に入る羽目になった。小学2年生の妹「習志野いちか」と共に、しぶしぶ脱衣所で着替える。羞恥心が無い妹と違い、ひかりは男の目を気にして身体にタオルを巻く。女の子としての自覚があるひかりは、男湯が恥ずかしくて仕方がなかった。そこに姉妹を狙う男達が現れ……。先に狙われたのは妹だった。無毛のおまんこを愛撫され、快感を教えこまされる。目撃してしまった姉ひかりは、困惑以上に、欲情している自分に気づく。好奇心から男についていく姉妹。秘密の場所でフェラチオや、クンニ、指マンからの快感絶頂を経験。幼膣に大人の肉棒が突き立てられた。JS姉妹同時中出し生セックス。文字数約49000字。有料作品のサンプルです。

小説のイメージ【JS 小学生 姉妹 2人同時 羞恥 男湯 指挿入 手コキ フェラチオ 無知 クンニ セックス オナニー 中出し 知らないおじさん】

女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス
女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)

-----------------------

「いちかもお洋服脱いで」
「はーい」

男湯の脱衣所の一角。子供のストリップショーが始まる。ひかりは肌着を脱ぎ、平坦な胸を晒した。乳首はまだ肌色に近く、桃色よりもさらに純粋な色をしていた。夏休み前に新調した水着がレオタード型のためか、そのシルエットは旧型のスクール水着を思い起こさせる。すらりとした体型、少しだけ膨れた子供のお腹。細い腕。スカートを脱ぐと、子どもながらに肉づいたお尻や、シンプルな窪みの一本すじも見える。ほんのり赤く染まった淫靡な幼性器には、まだ一本の毛も生えていなかった。割れ目の上部に、ほんの少しだけ肌色のクリ皮が覗いていた。子供の色香を宿し、見る者を誘っているのである。

ひかりは全裸のまま洋服を畳んでロッカーの中に入れた。お姉ちゃんらしく世話を焼いて、いちかの服も畳んでやる。いちかは見よう見まね、小さなパンツなどをまとめ、手渡していった。タオルだけを2枚残し、ロッカーの扉を閉め、鍵をかけた。鍵についたバンドを手首の部分に付ける。裸で立つ2人。どちらの尻たぶも、丸くて可愛らしい。いちかはうんと屈伸をする。

「よしっ、それじゃあ……」
「よーいドン!」

いちかはタオルを手にとって、裸ん坊のままきゃっきゃと笑って走り始めた。

「あははははっ!」

大きなお風呂が楽しくて仕方ないらしい。黒くつややかなおかっぱ頭が、一歩走るたびにぱさぱさと揺れた。姉のひかりと同じく胸は平坦だが、子どものぽっこりお腹は姉よりも顕著に膨らんでいた。あばらがうっすらと浮かんでいる。小人のように小さな足。小柄ながらも、あらゆる場所が丸い曲線を描き、柔らかい子どもの肉をつけているのであった。乳首の色は、桃色に近い肌色である。首筋は細い。手足は小さい。お尻はぷりぷり、ふとももにも、触りがいのある肉がわずかながらに付いていた。女性器はひかり以上に狭く、縦筋なのはもちろん、クリトリスの皮も見えない。完全にピュアな子どものおまんこなのであった。

「わあははははー」

いちかはハイテンションに笑いながら、小さな裸足でとてとてと走る。

「いちか! 身体は隠さないでもいいの!?」
「へーきー!」
「……もう!」

性器や尻を晒しても、全く恥ずかしさを感じないいちかである。ひかりはため息をつく。まったく、子どもなんだから……。首を振って、2歳下の妹に呆れる。ひかりも2年前はすっぽんぽんで男湯に入って平気だったのだが、そんなことはもう、ひかりにとっては遠い昔の話であった。子供というものは、音よりも速く成長していくものだ。ひかりは、胸から性器まで隠せる大きさの、白いタオルを身体に巻いた。子供じゃないんだとアピールするかのように、大人の女性ぶってゆったりと歩き始める。唐突に、曲がり角で、ちんちんをぶらぶらさせたお父さんに出会った。ひかりは思わず目をそらした。

「隠してよ……」
「ん?」
「女の子の前で変なものぶらぶらさせないで!」
「いいだろ、別に。親子なんだから。ひかりはタオル巻いてるのか」
「当たり前じゃない!」
「巻くのは勝手だけど、湯船につかるときは、ちゃんとタオルを取るんだぞ。それがマナーだからな」
「……」

そんなことしたら、見られちゃうじゃない……。ひかりは頬を染めてうつむいた。男の人は、みんなお父さんみたいに、ちんちんをぶらぶらさせて平気なのかな。私みたいな、女の子の前でも? 私にはまだ、女の子として見られてないのかな。胸も小さいし。背も小さいし……。

思い悩む心情に気付かないまま、父親は浴場へと歩き始めるのであった。いちかは真っ先に駆けて浴場前のオレンジマットを踏み、銭湯の扉を開ける。ガラガラと音がして、浴場と脱衣所が繋がった。お湯が湧き出て流れていく音が聞こえてくる。静かだ。だが、人が居ないわけでもないらしく、シャワーが出たり、湯船から出たりするような、水の音が時折に聞こえてくる。いちかは浴場の白いタイルを裸足で踏み、その中に入っていった。ひかりははっとして声を張り上げる。

「滑らないように気をつけてねー!」
「わかってるー!」

いちかははしゃぎながら笑い、湯けむりの中に消えていってしまった。続いて、お父さんも浴場に入り、最後にひかりがきょろきょろと中を伺いながら、おそるおそる男湯の中に入っていくのであった。幼稚園児ぐらいの子や、よぼよぼのおじいさんならいいけど、同い年とか、中学生とか、それぐらいの人にあったら気まずいだろうな……。落ちてしまわないように、身体に巻いたタオルをぎゅっと押さえ、挙動不審気味に浴場へと入っていった。

「そんなに、いない、よね……」

さっと見渡した限りでは、いちかとお父さんを除き、人の姿は見当たらない。ひかりはほっとして、浴槽の中を歩み進むのであった。どこか、人があまり居ない場所で、ゆっくりとくつろごう。そう決意したのであった。そのタオルに巻かれた身体。少女の平坦な胴と、少しだけ盛り上がったお尻が、布の上に強調されている。後ろ姿の魅惑に気づくことが出来るほど、ひかりの意識はまだ発達しきっていなかった。

「おお……」
「お姉ちゃんも可愛いな……」

ロングヘアーの美少女の後ろ姿を、側で見つめる2つの影があった。痩せ型で長身の男と、小太りの眼鏡の男。共に30代の前半と言ったところだ。2人ともすでに服を脱ぎ、股間をタオルで隠していた。隠すほど羞恥心があるわけではなかったが、タオル越しに浮かぶひかりのロリータボディのおかげで、言い訳が出来ないほどにギンギンに勃起してしまっているのである。2人は脱衣所のロッカーの影で、興奮に鼻息を荒くしながら、小声でその感動を分かち合うのであった。

「あんな美少女が、まっ、まさか、男湯に入るなんて……」
「まさかとは思ったけど、つけてきて良かったなぁ」
「何年生だろう。5年? それとも4年かなぁ」
「あれはたぶん4年生だな。誕生日にもよるが、5年生はもう少し胸が出てる」
「すっげえよぅ……。妹もめちゃ可愛かったし」
「このあたりじゃ一番の美少女姉妹だよ。こっちに越してきたのか?」

小太りの男はスマートフォンの動作を何度も何度も確認する。ホーム画面にはカメラアプリ。シャッター音の無い犯罪向けのプログラムだった。写真アイコンの奥には、いままでいたずらした幼女のエロ画像が特上寿司のように詰まっている。

「久々にコレクションも増える」
「あーほんと、久しぶりだなぁ。触らせてくれるかなぁ。セックスまで行けるかな」
「注意しろよ。あくまで紳士的にいくんだぞ。泣かれたりしたらどうしようもない」
「分かってるよぉ。ふふふ……」

携帯電話を握りしめたまま、姉妹が入った浴場へと向かうのであった。電話はもちろん防水仕様。銭湯での撮影は、防水機能が必須なのであった。持ち込むときは出来るだけ、タオルを巻いて隠してしまう。

「どっちから行く?」
「やりやすいのは妹ちゃんだろうな。妹ちゃんから行こう」
「いいねぇ、あっちも可愛かったし。ふふ、2年生ぐらいだったかなぁ……」

小太りの男は、110センチ代の幼女の裸を思い起こした。胸、お腹、お尻。幼女の身体は三角形だ。下に行くほど円周が大きくなっていく。お尻には脂肪がたっぷりとついて、7歳の幼女であっても、おもちのようにふっくらとしている。アナルには入るだろうか。おまんこは? 小さな穴でも広げれば、何かしら入ってしまうのだ。あらゆる期待を抱きながら、スマートフォンの画面を押す。カメラアプリを起動させ、機能の最終確認を行うのであった。透明レンズにくもりなし。

女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(10歳/18歳/レズ)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。