ロリ少女官能小説集:★子供企画2(11歳/レイプ)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影を発売しました。サッカー好きなスポーツ小学生が、騙されてレイプビデオを撮られてしまいます。鬼畜度高め。

「2」ですが、前作を読まずにこちらから読んでも問題ありません。この本は、以前出して好評だった子供企画の続編ですが、話自体は完全に独立しています。ジャンル、展開、キャラクター、設定等を引き継ぐ程度のつながりなので、1から読まなくても差し支えなく楽しめます。

子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影 (子供企画シリーズ)
子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)

※子供企画シリーズは1冊ごとに話が完結します。どの巻からでもお読みいただけます。

※この小説には以下の要素が含まれます。
小学生(高学年) 運動部 サッカー少女 ショートヘア おしっこ レイプ 撮影 フェラチオ 口内射精 アナル 道具責め 本番 中出し 鬼畜

【あらすじ】
ロリ鬼畜レイプビデオ官能小説。ショートヘアのサッカー美少女「藤咲凛」は、小学校の5年生。同級生との練習試合を終えた後、知らないお姉さんにモデルにならないかと誘われてしまった。スタジオに連れ込まれた凛は、体操着、極小ビキニなど、きわどい衣装を強要される。気づいた時にはもう遅かった。スタッフは豹変し、凛の水着をはぎ取った。異性に見せたことのない少女の裸体が、カメラの前で強引に暴かれる。発情するまで女の子の穴を愛撫され、感じたことのない快感に身体が痙攣する。幼膣に生のペニスが挿入され、青ざめる小学生。恐怖の中出し初体験が始まった。約46000字。(この小説には鬼畜な表現が含まれます)

【目次】
1.平和な日本のサッカー少女
2.楽しい練習試合
3.モデルにならない?
4.撮影開始、そして豹変
5.幼穴蹂躙
6.性玩具強制絶頂
7.妊娠しちゃうよ
8.涙の帰宅
9.凛は初めて学校を休んだ


【登場人物】(★はエロシーンに登場する人物)
★藤咲凛:ふじさきりん(11)
市立青葉第二小学校の5年生。身長139センチ、体重33キロ。ショートカットの美少女で、平坦な胸と、引き締まった身体が特徴。サッカー部の次期エースとして土日も練習に励む。

★監督:かんとく(43)
非合法な子供アダルトビデオメーカー、「子供企画」の社長兼監督、カメラマンも担当する。強面の中年男性。

★栗山真弓:くりやままゆみ(29)
子供企画の女性スタッフ。長い髪を一房のポニーテールにしている。少女の勧誘を担当。

★横山:よこやま(27)
子供企画の男性スタッフ。190センチの大男で、ペニスは馬のように長い。


【文章サンプル】
「はい、足開くよー」
「むぅぅ……ん、はむ……」

大股開きになり、わずかにうめき声をあげる。足を閉じることはなかった。女の子の大事な部分が、蛍光灯に照らされててかてかと光っている。愛液が性器の周りに広がり、それが光を反射しているのだ。膣はさらに開き、大陰唇が割れて、小陰唇がみだらに露出していた。肌色の小陰唇。まだ色素は沈着していない。幼女の性器とも異なるが、大人の肉感的なそれとも異なる。中の具は赤くぬめっていて、生々しくひくついて、ひとりでに刺激を求めていた。

「栗山、もう一度広げろ。アップで撮る」
「はい」

栗山はおもちゃを置いて、凛の大陰唇を触る。両側に引っ張って、痙攣する幼い肉を、誰もが見えるような形で晒してしまった。両側の小陰唇が、愛液のねばついた糸を作りながら、ゆっくり広がっていく。子供ながらでこぼことして、複雑な形であった。栗山は小陰唇の裏から膣口のあたりまで、何度も指を行き来させ、愛液をすくい取った。そして愛液で濡れた指をこすりあわせ、離し、指の間に糸を引かせ、凛の濡れ具合を視覚的に表現した。

「凛ちゃん、濡れてますねぇ」
「ぅぅ……ん……」

小学生の性器の温まり具合が、映像の中に記録される。凛の愛液はかなり粘ついて、ペニスを挿れるのに丁度良い具合に仕上がっているのであった。凛のふとももが震える。見られて反応したのか、膣口がひくひくと動いて、さらなる蜜を分泌したのであった。栗山は外性器を何度も撫でるような触った。包茎クリトリスを軽くつまみ、はじいて、凛の腰を跳ねさせた。

大陰唇をはさらに広がる。広がった大陰唇を上下にこねて、色んな角度から凛の子供まんこを観察する。柔らかな膣肉が柔軟に動き、クリトリスの包茎が半分剥けた。カメラは間近にあって、熱っぽく凛の膣を視姦するのであった。視線と接触が刺激になった。凛の性器まわりは、溢れかえった愛液で濡れる湿地帯へと変貌していたのであった。

栗山は床に置かれたローションボトルを手にとって、さらに潤滑を加えるべく、性器に液体を垂らした。冷たさに反応し、足の指をきゅっと握りしめる。それからは、ローションまみれで撫で回す手のひらに、されるがままとなった。凛は目をつむり、下半身の快感を否定する。ローション付きの細やかなマッサージは、子供を発情させるほど気持ちよかったのである。

膣にもしっかりと塗りこむが、本命はアナルである。栗山は指にたっぷりとローションをつけて、先ほどほぐした肛門を撫で、すぼまった菊門に挿入していった。刺激を一度受けたこともあって、挿入はスムーズである。指の根元まで容易に入る。そのままじゅぽじゅぽと音をたてて、何度かピストンをした後、アナルから指を引き抜くのであった。引き抜かれると、肛門はすぼまる。とろみのあるローションを愛液のように垂らした。

ひくひくと動く肛門。オナニー経験はある凛であったが、肛門には一度も触れたことがない。もっぱらクリトリスで達しており、お尻の穴なんて触ろうとも思わなかった。肛門の快感。しかし何度も指を出し入れされると、排泄をしているような違和感があって、膣の奥がむずむずとする。だが、最初に挿れたときのような辛さはない。もともと、柔軟な穴なのである。

「それじゃ、ビーズを挿れてくね」

栗山はビーズにもたっぷりとローションを塗り、一つ目の赤玉を肛門に押し当てた。それぞれの玉が大きなぶどうぐらいの大きさである。ぬるぬるの玉を肛門にくっつけ、押し入れる。くちゅりと音が鳴って、1つ目のアナルビーズが飲み込まれていった。

子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)


ロリ鬼畜レイプビデオ官能小説。ショートヘアのサッカー美少女「藤咲凛」は、小学校の5年生。同級生との練習試合を終えた後、知らないお姉さんにモデルにならないかと誘われてしまった。スタジオに連れ込まれた凛は、体操着、極小ビキニなど、きわどい衣装を強要される。気づいた時にはもう遅かった。スタッフは豹変し、凛の水着をはぎ取った。異性に見せたことのない少女の裸体が、カメラの前で強引に暴かれる。発情するまで女の子の穴を愛撫され、感じたことのない快感に身体が痙攣する。幼膣に生のペニスが挿入され、青ざめる小学生。恐怖の中出し初体験が始まった。約46000字。(この小説には鬼畜な表現が含まれます)有料作品のサンプルです。

小説のイメージ【JS 小学生(高学年) サッカー少女 おしっこ レイプ 撮影 フェラチオ 口内射精 アナル 道具責め 本番 中出し 鬼畜】

子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影 (子供企画シリーズ)
子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)

-----------------------
※小学5年生の「藤咲凛」が、言葉巧みに撮影スタジオに連れ込まれた後のシーンです。

古びた灰色のビル、その地下にハイエースを停める。4人はそのままエレベーターで撮影現場のある階にまで下がっていった。ドアが開く。廊下を通って、撮影現場に入る。白いタイルに輝く蛍光灯。黒く背の高い照明がいくつもあって、いかにも本格的な撮影スタジオという雰囲気であった。凛はおのぼりさんのように部屋の中を見回していた。

「緊張してる?」
「少し……、私なんかに本当に出来るのかな」
「出来るよ。お姉さんが保証する。向こうに更衣室があるから、シャワーを浴びて、衣装に着替えてね。衣装は更衣室の机の上に出してあるから。あと、サッカーボールも撮影に使うから、ここに置いておいていいよ」
「分かった。浴びてくる……」

凛はサッカーボールを置いて、更衣室へと入っていった。子供企画のスタッフ達は、ただ沈黙している。監督はカメラやアナルビーズのような機材の動作を確認し、栗山は椅子の上に座って、バッグの中にあった書類で扇ぎ始めた。今回のビデオの企画書である。「JSサッカー少女レイプビデオ撮影」……。その中には、藤咲凛の生年月日から、趣味、特技、嗜好、性格、学校に提出したはずの作文のコピーまで、あらゆる情報が集められ、プロファイリングがなされていた。後ろのページには、これから起こるであろうことが、事細かに列挙されている。

3人は子供企画という非合法アダルトビデオ会社の構成員である。子供を誘惑し、騙し、時には誘拐して、その性を無理やりむき出しにする。高校生や中学生はもちろん、小学生や幼稚園児にもハードな本番を強要する、そんな鬼畜ロリータビデオ会社なのであった。栗山はいわば勧誘担当、ターゲットの少女を話術で誘い、撮影にまで持ち込むのが主な仕事である。

「この部屋クーラー弱いですね」
「今回のビデオが売れれば、いくらでもつけてやるよ」

ビルの地下2階にある子供企画のオフィス、そのさらに下には、専用の撮影スタジオが存在した。ただ、非合法な商売をしている都合上、所在地は頻繁に変わるし、スタジオと一緒に借りたのも、いわば成り行きの末でのことなのであった。引っ越しのためのコストはかさみ、最近はあまり景気が良くない。積極的に少女を誘い、ビデオを作って、売上を伸ばそうというところであった。最近は幼膣のしわの一本一本までくっきりと見える高画質を売りにしている。加えて、今まで以上に鬼畜な映像を収録し、競合と差をつける計画である。商品が違法なだけで、やっていることは、普通のアダルトビデオ会社とあまり変わらない。

「なんか、まどろっこしくないっすか?」

横山が言う。190センチを超える身長は、直立するとよりはっきりとする。監督や栗山とは、まさに大人と子供の差であった。栗山は大男の大顔を見上げた。

「何がまどろっこしいのよ」
「だってもう、捕まえたじゃないっすか。もうやっちゃえばいいじゃないっすか」
「分かってないな」

監督がカメラのレンズを磨きながらつぶやく。

「普通の女の子だからこそ、壊される様が映えるんだ。きちんと演出しないとな」
「そういうこと。私達はただレイプするだけのシロウトとは違うのよ」
「……」

反論されて、横山は静かになった。横山は雑用兼編集スタッフのような立場であったが、アダルトビデオで言うところの男優役を務めるため、今回の撮影に同行したのである。汁を出せるように、3日前から抜いていなかった。男の性欲は精子量に左右される。監督や栗山と言い分は十分理解していたのだが、ズボンの中の巨根がガチガチに勃起して、今にも暴れだしそうなほどになっていた。子供企画のスタッフの大半がそうであるように、横山もかなりのロリコンだった。凛のような美少女とヤれるのだと考えると、盛のついた犬のような気分になってしまう。横山は椅子にどかりと座り、落ち着こうとした。

そして15分、ようやくシャワーを浴びて、衣装を着た凛が撮影現場に戻ってきた。上は白、下はブルマ、ロリコン好みのする昔の体操着を身につけていた。

「衣装って、これ?」
「そうよ」
「これ、ブルマってやつだよね」
「うん。着たことはある?」
「知ってたけど、着たのなんて初めてだよ……。うちでは、みんなスパッツを履いてるし」

凛は恥ずかしそうにブルマの足の部分に指を入れ、ズレを直していた。膝下の日焼けとは対照的に、ふとももは真っ白て、少女そのままの色が残っているのであった。子供であるが、小学5年生ともなれば、それなりに肉づいてくるものである。ふとももの肉は枕のように柔らかく、撫でれば絹のように滑らかであるに違いなかった。少し筋肉質で引き締まっているところも、健康的で魅力的だった。ふとももは性器に近い敏感な場所でもある。小学生の生足は、性器のような禁断のフェロモンを発して、男を誘惑しているのであった。

「これ、変なビデオじゃないよね?」

栗山は笑った。

「えー? 変なビデオってどういうの想像してるの?」
「い、いや、その……なんでもない」

凛は顔を赤らめて黙ってしまった。こういう風にからかうと追求できなくなってしまう。そのあたりの少女心理を、子供企画のスタッフは知り尽くしていた。

子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)


ロリ鬼畜レイプビデオ官能小説。ショートヘアのサッカー美少女「藤咲凛」は、小学校の5年生。同級生との練習試合を終えた後、知らないお姉さんにモデルにならないかと誘われてしまった。スタジオに連れ込まれた凛は、体操着、極小ビキニなど、きわどい衣装を強要される。気づいた時にはもう遅かった。スタッフは豹変し、凛の水着をはぎ取った。異性に見せたことのない少女の裸体が、カメラの前で強引に暴かれる。発情するまで女の子の穴を愛撫され、感じたことのない快感に身体が痙攣する。幼膣に生のペニスが挿入され、青ざめる小学生。恐怖の中出し初体験が始まった。約46000字。(この小説には鬼畜な表現が含まれます)有料作品のサンプルです。

小説のイメージ【JS 小学生(高学年) サッカー少女 おしっこ レイプ 撮影 フェラチオ 口内射精 アナル 道具責め 本番 中出し 鬼畜】

子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影 (子供企画シリーズ)
子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)

-----------------------

「さ、始めよう」

監督がカメラを構え、凛の方に寄っていく。もちろん動画である。同時に栗山が別のカメラを構え、宣伝用の写真素材を収集していく。始まっちゃった。凛は緊張して固まっていた。瞳が落ち着かず、右へ左へと動いている。スポーツの緊張感には強くても、注目される緊張感には弱いであった。

「じゃ、まずはお名前。気楽に自己紹介していこうか」
「緊張しなくていいからね」
「うん……」

凛は深呼吸して、言われたとおり自己紹介を始めた。

「藤咲凛です。青葉第二小学校の5年生で、えっと、3組です」
「5年3組ね。お年とお誕生日は?」
「11歳で、4月25日生まれです……」
「なるほどね。5年生にしては大人びてると思ったよ。で、好きなものとか、何でも言ってごらん」
「好きなもの……ハンバーグ、かな? スポーツならサッカーです。ワールドカップを見るために徹夜して、よく寝坊しちゃて」
「なるほどねぇ。サッカーは上手いんだよね」
「上手いほうだと思います」
「じゃ、サッカーボールでね、何かしてみてよ、リフティングとか」
「は、はい……」
「ほら、ボールだよ。失敗したらカットもできるから、あんまり思いつめないでね」

栗山が微笑みながらサッカーボールを手渡す。その表情を見ていると、少しだけ緊張が和らぐような気がした。凛はボールを受け取り、床の上に置く。数秒見つめた後、素足の甲にボールを乗せ、空中へと蹴りあげた。足首や膝を使い、とんとん拍子に回数を伸ばしていく。足首、膝、足首、胸、膝ときて頭ではじき、かかとに流して蹴り上げ、頭上を通って前で受ける。そして足首を使って何度か蹴りあげた後、サッカーボールを手で取って、にっこりと笑った。

「おお、凄い凄い」
「ずいぶん続くのね。何回ぐらい出来るの?」
「んーと……1000回ぐらい続けたことはあるけど、きりがないからやめちゃったんだ」
「へえ、センスがあるのね」

凛はボールを置きつつ、照れくさそうに頭を掻いた。緊張もほぐれたらしい。表情もどこか自然でおだやかなものに変わっていった。いつもの藤咲凛。何一つ不自由なく平和な日本で暮らす、1人の小学生であった。

それからの撮影は順調に続いた。体操着姿のまま立ったり、振り返ったり、しゃがんだり。足を開いて柔軟体操のようなことをしてもらう場面もあった。緊張や警戒心はすでに薄れているようで、大股を開いても平気な顔をしている。運動の一環という意識があるのだろうか。白い内ふとももの柔らかさ。足の付け根がうっすらと見え、白いパンツの生地がわずかにはみ出ていた。

15分ほど撮影をすると、今度は別の衣装を着ることになった。栗山と一緒に更衣室に向かう。栗山は更衣室のロッカーから一枚のビキニを取り出した。水色と白の縞模様、少しだけ子供っぽいデザインだが、小学生の幼さを強調するにはうってつけの一着であった。

「水着を着るの?」
「そうよ」

凛は水着を受け取り、しげしげと眺める。布地は小さい。凛は今まで、タンクトップとスパッツを組み合わせたような、分離型の水着しか着たことがなかった。かつて主流だった、レオタードのようなスクール水着よりも、露出が少ないタイプである。布地をまじまじと見て、反転させたりする。凛は物心ついてから、露出度の高い水着を着た経験が無かった。

「これ、露出度高くない?」
「そうかな、普通だと思うけど」
「……着なきゃ駄目?」
「着て欲しいなぁ。ね、お願い。ちゃんとお金は払うから」

凛の頭にお金の事が浮かぶ。5万円、小学生でなくとも、それなりの大金である。それだけ貰うことになっている手前、あまりわがままを言うのは申し訳ない気がしてしまったのだ。

「分かったよ、着るよ……」

そう言って、凛は体操着を脱ぎ始めた。服の下のブラジャーを外し、ブルマとパンツも下ろす。可愛いおしりが現れた。栗山はその肉を、視線をもって撫で回す。

「綺麗な肌ね」
「そうかな」
「大人になるとね、子どもとの肌の差が気になってくるものなのよ」
「ふーん……。ねえ、あんまりジロジロ見られると恥ずかしいよ」
「そうね、ごめんなさい」

同性とはいえ見られるのはこそばゆいらしい。栗山は肌への視姦をやめた。凛はビキニのパンツを手に取る。広げてよくとく見ると、露出度はかなりのものだ。左右の腰の部分など、ほとんど紐のようになっている。上のブラジャーも同様だ。乳首の周りがかろうじて隠れる程度で、胸全体を包んでいるとは言いがたかった。

「着られた?」
「着たけどさ……うぅ」

胸元を隠す。だが、大事な所がなんとか隠れているといった程度の水着である。どこを隠せばいいか、全く見当がつかない。仕方ないので布地が少ない胸を隠しているといったところである。

「露出度高すぎだよ……」
「ほら、早く撮影しよう」
「ねえ栗山さん、他の水着はないの?」
「残念だけど、それしか用意してないのよ、ほら、早く」

手を掴んで促してくるので、しぶしぶ更衣室を出て、撮影現場に戻ってくる。横山は今も椅子に座り、その時を待っている。監督は凛がやってくるとカメラを構え直した。

子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)