ロリ少女官能小説集:爪痕(東方/9歳/橙)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方project非公式二次創作作品。橙ちゃん藍しゃまに性的虐待をされる短編。橙と藍は親子のように描かれることがあります。その設定を嫌な方向に発展させた小説ですね。昔書いた作品の転載です。ド鬼畜なので注意。

小説のイメージ【東方project 女子小学生相当 JS 藍 橙 性的虐待 本番 中出し 鬼畜】

-----------------------

青空には白い雲がゆったりと浮かんでいる。春のはじめの小川のように澄んだ色をした空の下、広大な八雲邸の住民は、狐と猫の二匹だけであった。絡み合う吐息が聞こえてくる。その情事を目撃するのは、コタツの上に配された一台のビデオカメラだけである。

橙は、寺子屋帰りのいつもの服で畳に寝そべっていたが、下半身を隠していたドロワースはすでに脱がされて、平坦な幼児の下半身が淫靡に露出させられてしまっていた。藍の人差し指の腹が、橙の、すべすべで無垢な膣のくぼみにそってぬるぬると動く。指はわずかに粘り気のある唾液でしっとりと濡れている。

尻の方面から、クリトリスの皮へと指は滑ってゆく。そして皮で包まれた陰核にたどり着くと、藍の指は楽しそうに、勃起することさえしらないクリトリスをこね回すのだ。橙はヒリヒリするような痛みを感じて、腰をビクつかせた。藍はうっとりとした顔をして、濡れた口元で、いまだ幼児のものと見分けがつかないそこに、艶かしく接吻した。

「ん、はぁ、ふぅぅ」

舌を出し、開ききっていない膣の穴を舐めまわす。そして、尿道口、味わうように舌が上下するたび、ピリピリとした感覚が下半身に走った。まだ童子そのものの橙の体にとって、そこはただ、剥き出しの感覚器だ。藍の左手がまったく平坦な橙の胸を服の上から撫でる。

「橙、気持ちいい?」

橙は無言で頷いた。藍は興奮しているようで、いつもなら見せないようなまっかな頬で橙を見上げている。鼻息も荒い。毛も生えていない部分にまたも吸い付いた。割れ目を作るしっとりとした肉を甘咬みし、分泌された汁を嬉しそうにすする。

藍様はこういうことが好きなのだ。おしっこを出すところを舐めるのが。橙はぎゅっと目をつむった。橙の膣が唾液でべとべとになると、藍の興味は柔らかな二つの尻肉に移った。橙は心得たようにくるりとうつ伏せになった。薄く盛り上がった尻の合間に、ひくひくとすぼまる小さな穴があった。藍はためらいもなくそこに舌を伸ばし、肛門に潜りこむように、執拗にその穴の周りを舐めた。妙な感触、二本のしっぽがくねくねと動く。まるで、排泄させられているかのようだ。

二、三本の指が橙の肛門に挿入されてゆく。藍が腸壁を引っ掻くように撫でると、橙の体から熱い汗がこぼれてきた。橙は尻の穴を弄ばれる感触が苦手だった。執拗に愛撫されると、そのうち粗相をしてしまいそうになる。尿道がヒクヒクと収縮する。橙はちらりとコタツの上のビデオカメラを見る。そんな姿だけは、絶対に撮られたくない。

そんな気持ちを知ってかしらずか、藍は、その親指を肛門の奥の奥まで挿入し、皺さえもなくなったアナルに舌を這わせた。

「うぅぅ」

橙は、自分のスカートのすそをぎゅっと握りしめながら、小さなうめき声を上げる。

「どうしたの橙?」
「き、気持よくて……」

咄嗟の嘘だった。しかし、藍は気づいてもいないようすで、嬉しそうに笑うとふたたび肛門で遊び続けた。そして一分ほど、橙の肛門は弄ばれ続けた。途中、藍は立ち上がり、コタツの上のビデオカメラを取りに行った。橙の広がったアナルを接写するためだ。橙は、自分の穴の中まで磁気テープに記憶されていると思うと、それだけでたまらなく恥ずかしかった。

「ねえ橙」
「はい、らんしゃま」

震えた心を隠すように、努めていつもどおりの返事をした。

「今度はね、私のここも舐めてほしいんだけど、出来るかな?」

藍はスカートをたくし上げる。藍の陰毛はライ麦畑のように鮮やかな黄金色で、男の人なら、見ただけで興奮してしまうのだろうと、橙は思った。そして、膣の割れ目のちょうどクリトリスがある部分からは、狐の術か、15cmほどの大きく太いペニスがそそり立っているのである。橙にとって、すでにニつとも見慣れた光景となっていた。

「はい」

そしてぽつりと返事をすると、橙は猫の俊敏さでぴょんと飛び起きた。弄ばれた肛門は、唾液と粘液が絡みあい、広がりきっていたためまだじんじんと痛かった。

自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出
自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出(JS11歳/JC12歳)
楽園崩壊 女子高生を16年間騙し島民総出で強姦した理由(JK16歳)


東方project非公式二次創作作品。橙ちゃん藍しゃまに性的虐待をされる短編。橙と藍は親子のように描かれることがあります。その設定を嫌な方向に発展させた小説ですね。昔書いた作品の転載です。ド鬼畜なので注意。
→最初から読む←

小説のイメージ【東方project 女子小学生相当 JS 藍 橙 性的虐待 本番 中出し 鬼畜】

-----------------------

藍が畳に寝そべっている。今度は橙が、シックスナインの形で覆いかぶさる。藍は、小さい舌でなめられるのが好きだったが、舐めている橙の股間の様子を観察するのもまた好きだった。橙はそれを知っているのだ。あらわになった藍のふたなりペニスを見る。尿と性臭のまじりあったような臭いが、橙の鼻に絡まる。嗅いで気分の良い臭いではなかった。

充血して血管が浮き上がっている。皮の色は肌よりもわずかに黒ずんでおり、亀頭の先から溢れる液でぬらぬらと艶かしく濡れていた。不気味な形に見えた。橙はわずかにためらった後、思い切り良く亀頭にしゃぶりついた。

小さな指先は陰毛の中へ、すでに愛液でべとべとになった藍の膣の穴を、おもちゃのようにいじくり回す。ねちょねちょといやらしい音をたてる。橙が愛撫するまでもなく、藍は発情しきっているのだ。

「あぁ、とってもいい、橙……そのまま、そ、あ、あぁぁ」

熱を帯びた吐息が漏れる。らんしゃまは喜んでくれているらしい。手慣れた様子で大きく首を動かし、目の前のペニスをただしゃぶる。一旦口を離し、側面から食いつく、長い舌でれろれろと裏筋を舐め、こぼれてきたカウパー液を吸い取った。一方で橙の下半身では、藍が長い中指で、橙の入り口のまわりをなぞるように指を動かしていた。左手にはカメラを持ち、橙の痴態を撮影している。

唾液と分泌液が混ざったものが、ネバつきながら糸を引く。そして一粒のしずくがたらりと、藍の口元にこぼれ落ちた。藍のペニスはパンパンに膨れ上がり、先程よりも一、ニセンチは大きくなったように思えた。ひんやりとした藍の右手が、可愛らしい尻たぶをなでる。

「はい、よくできました」

橙はペニスから口を離す。尿まじりの生臭さを持ったペニスの味が、口いっぱいに広がっている。おもわず咳き込みそうになったが、藍の手前、なんとか飲み込んだ。

「ほら、こっちおいで、キスしてあげるから」

橙はためらいもなくくるりと体を動かすと藍に唇を預けた。お互いの唇は、唾液やらいろいろな汁やらですでに濡れている。ちゅっちゅと音を立てて唇が触れ合うたび、汗と愛液でしょっぱい味が、橙の口の中に流れ込んできた。そしてなんの予告もなく、藍の手がベストの中、シャツに守られた薄い子供用下着の中へともぐりこんでゆく。

橙の胸はまだ少年のものとさほど変わりがないほどの盛り上がりしかなかった。だが、そこにあるわずかな柔らかさ、桃色の乳首の感触などは、藍を興奮させるのに十分な要素を備えていた。

「ありがとうございます……」

乳首の先を引っかかれ、震えながらほほえむ橙。

「ふふ、橙、フェラ上手くなったね、練習した?」
「いつもらんしゃまの舐めてますから」

それだけ言うと、橙は藍の上から起き上がり、畳に寝転んだ。次に何をされるのか、橙にはわかっていた。性器の準備が調えば、そのまま交尾をする。身も心も子供である橙には、まだ初潮すら現れていなかったが、藍に教えこまれた結果として知識・経験とも寺子屋の誰よりも豊富であった。

恥ずかしがるそぶりも見せず大股開きになる。実際、顔から火が出るほど恥ずかしい。顔には出さないだけだ。こうでもしなければ、子猫の穴に入れることは出来ない。それに、らんしゃまも喜んでくれる。橙は口を固く結んだ。

「ああ、とっても良い格好だよ、橙」

藍は運動会にやってきた親のように、夢中でカメラを回していた。

「ピースしながらさ、おまた開いてみようか? ね?」

橙は言うとおり、顔のそばでピースサインをつくり、余った手で膣の中身を露出させた。そして不器用な作り笑顔。知ってか知らずか、藍は鼻息を荒くしながら、舐め回すようにカメラの視点を動かした。

「上手いよ、ほんと上手い」

藍はいかにも上機嫌だ。橙は涙が出そうになった。そして満足したのか、藍はカメラを畳の上に置いた。そのレンズは橙の性器へと向けられている。このままの体勢で交尾すれば、二人の結合部が記録されるわけだ。

「さ、そろそろしようか」

軽い口調で言う。

「橙はどっちの穴でしたい?」

藍が期待に満ちた眼差しで橙の体を視姦している。ペニスはガチガチに勃起していて、射精しなければもはや収まりも付きそうになかった。橙としては、正直、どちらの穴にも入れてほしくはない。いつもの優しいらんしゃまに戻って欲しかった。どうしてそのようなことを聞くんだろう。橙はやり場のない悲しみから、涙をこぼしそうになった。だが、橙は藍の式だ。まるで恥ずかしがっているかのように袖で目元を隠し、藍が喜びそうな言葉を選ぶ。

「らんしゃまの好きな穴に入れて下さい」

たどたどしい誘い文句であったが、藍を誘惑するには十分だった。

「そう? じゃ、前のほうがいいかな」
「……はい」
「痛かったらちゃんと言うんだよ?」

焼けるように熱い亀頭が、橙の膣口にあてがわれる。そしてメリメリと、親指程度の穴に太いそれが潜り込んでゆく。痛くないはずがない。

「んぐぅっ!!」

あまりにも大きかった。割り箸の袋に刀を刺すような、裂けてしまいかねないほどのサイズ違いであった。妖怪の丈夫な体であることが幸いして、流血するような事態にはならなかったのだが、ズキズキと深い痛みがある。

「……っ! ふ……っ!」

痛いの一言を飲み込み、口をきゅっと結ぶ。亀頭が入れば、後の茎の部分もするすると中へ入っていった。予め愛撫しておいたおかげだ。抵抗というほどの抵抗はない。前も後ろも、これが初めてではなかったのも、スムーズにことがなされた原因だ。

「はぁ、はぁ」

藍は恍惚の表情で橙に覆いかぶさりつつ、橙のほほに口付けをした。

自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出
自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出(JS11歳/JC12歳)
楽園崩壊 女子高生を16年間騙し島民総出で強姦した理由(JK16歳)


東方project非公式二次創作作品。橙ちゃん藍しゃまに性的虐待をされる短編。橙と藍は親子のように描かれることがあります。その設定を嫌な方向に発展させた小説ですね。昔書いた作品の転載です。ド鬼畜なので注意。
→最初から読む←

小説のイメージ【東方project 女子小学生相当 JS 藍 橙 性的虐待 本番 中出し 鬼畜】

-----------------------

「気持ちいい?」
「は、はい、らんしゃまのおちんちん、とっても大きいです」

痛々しい笑顔だったが、藍はまったく気づいていないようで、ペニスを乱暴に出し入れしながら、ますます興奮して息を荒くする。膣の終点に亀頭が届く。子宮の入り口が乱暴にノックされると、橙の口元からうめき声が漏れた。痛い、苦しい、怖い。しっぽの毛は逆立つ、全身から嫌な汗がこぼれてくる。尖った爪を畳に突き立てた。

「橙、ちぇん……!」

藍はうわごとのように呟きながら、また橙の唇を求めた。舌が中に入り込んでくる。お互いの唾液が交換される。やめてくださいと叫びたかった。でも、そんなことを言えば嫌われてしまうかもしれない。目をぎゅっとつむると、目尻から涙がこぼれてきた。

「くっ、ふぅ、で、出るよ、橙!」

前後出入りはますます激しく、そして早くなる。剥き出しの性神経がこすられて失神しそうになる。

「らん、しゃま……」

橙はぼんやりとする意識の中であとちょっとなのかなと思った。そして、藍のペニスがひときわ怒張すると、熱を帯びた精液が、橙の膣にだくだくと注ぎ込まれ始める。藍は、本能的に橙の体に抱きつき、ペニスを子宮口に密着させる。初潮も迎えていない子猫を、妊娠させようとするかのように。

橙の瞳には、快感に打ち震える藍の姿が写っている。らんしゃま、気持ちいいのかな。藍はまた強く、橙を抱きしめている。そして橙の膣は、その心とは無関係に、藍の精液を絞りとり続けていた。

射精が終わってペニスが抜き取られると、橙はまた藍のペニスにしゃぶりついた。愛液と精液で汚れたそれ。掃除するのも、式の大事な役目であった。亀頭に吸い付くと、尿道に残った精液が橙の口に流れ込んできた。そして藍は、名残惜しそうな顔をしながらも、射精して萎えたペニスを仕舞い、すくっと立ち上がった。

「橙、気持ちよかったよ」
「はい……」
「私は仕事に行ってくるから、後始末は頼んだよ」

畳部屋には、いまだ雌二匹ぶんのにおいが充満していた。愛液は畳にしみを作り、精液はそこここに飛び散っている。

「分かってます。おしごと、頑張ってくださいね」
「ああ、頼んだよ」

それだけ言うと、藍は部屋を離れる。玄関の扉が開閉する音が聞こえる。そして、ただ広い八雲の屋敷に、橙一人だけがぽつんと取り残された。そして、それと同時に、橙は屋敷の庭にある井戸へと走った。空は、橙の心など無視するかのように、さわやかに晴れ渡っていた。

橙は、井戸のすぐそばにやってくると、膝を地面につきたまらず嘔吐した。精液、愛液、汗、尿、そして食べたばかりの朝ごはんなどが、黄色い胃液にまざって、ごぼごぼと溢れ出てくる。喉が詰まる。息ができない。濁流で地面がべたべたに汚れ、すっぱい臭いがあたりに広がってゆく。

喉に引っかかったものを、咳をすることで無理やり吐き出した。耐えられなかったのだ。下腹部から広まる痛み、酷いめまい、口いっぱいに気持ちの悪い臭いが広がっている。橙にはまだ幼く性欲というものが理解できない、そもそも同性の体に特別な感情を抱くことさえが出来なかった。あの性交は、橙にとって嘔吐するほどの苦痛でしかなかったのだ。

「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」

全力疾走した後のように息が荒い。橙は井戸の縄を引っ張り水を汲むと、粘液まみれになった手足を清らかな冷水で洗い流した。膣からは藍の精液がこぼれ落ちている。下腹部に力を入れると、ぶりゅぶりゅと空気混じりの音とともに、白い粘液のかたまりがどろりと土の地面を汚した。指を入れ、精液をかき出す。汚い、でも出さなければもっと汚い。

妊娠をしないことは明らかであったが、それでも股間に精液が溜まっていること自体、耐え難い不快感があった。汲んだばかりの冷水を、手ですくっては股間にかける。そうするうちに粘液は洗い流され、膣はもとの様子を取り戻していった。ただ、ペニスで押し広げられたことによる痛み、そしてものが挟まっているような違和感はしばらくそのままだ。

最後に洋服を全部脱ぎ捨て、冷えきった水を頭からかぶった。ぶるぶると震える。凍るように冷たい。猫は水が苦手だ。だが、そこらじゅうについた愛液は、こうでもしなければ落とせなかった。そして橙は、まだ膣の中に精液が残っているような気がして、神経質に、膣を10分ほど水で洗い続けた。

このようなことが始まったのは、つい半年ほど前のことだ。マヨイガを離れ、藍のもとで生活していた時期である。何がきっかけだったのかは、今となっては分からない。ストレスが溜まっていたのか、もとからそのつもりで橙を式にしたのか。寝ている橙の布団に藍がもぐりこんできて、いきなり体を触ったのだ。

もともとそちらの趣味があったのだろう。数日のうちに行為はエスカレートした。舌をからませながら性器を触る。乳首にしゃぶりつく。裸にして写真を撮る。そして二ヶ月もするころ、二人は性行為に及んでしまったのだ。

式は主人のための道具で、望まれるように行動しなくてはならない。橙は藍の行為に応えようと必死に取り繕った。湧き上がる気分の悪さを抑え、笑顔で、あくまで可愛い式として、らんしゃまを受け入れようとしたが、この半年間、藍の行動を心から理解することはとうとう出来なかった。

過去のことを思い出し、橙はいつのまにか泣き始めていた。らんしゃまはああすることが好きなんだと、頭では分かっているが、体が受け付けてくれない。肌を重ねるたびに嫌悪感が強くなってゆく。らんしゃまが望むような淫乱な子猫になって、快楽を分かち合うことが出来ればどんなに楽しいだろうか。

「う、ううぅ、あ、あ……!」

顔をくしゃくしゃにして泣きじゃくっていた。もう嫌だった。性器を舐められるのも、裸を撮影されるのも、ペニスを入れられるのも、考えただけで頭がおかしくなりそうだった。前のように、お姉さんのようなお母さんのような、優しいらんしゃまに戻って欲しかった。けれども、もう後戻りは出来ないのだろう。本心を吐けば、藍と橙の関係は壊れてしまう。

子猫は一人で、悲しみをかかえるしかない。

橙は体を洗い終えると、裸のまま家の中へと戻った。橙の寝室へ行き、汚れた服を部屋の隅に投げ捨てると、敷かれたままの布団に体を潜り込ませた。今日は何もする気になれなかった。らんしゃまもゆかりしゃまも、夜遅くまで帰ってこないだろう。

橙にできることは、その温かい布団の中で、つかの間の休息に逃避することだけであった。

橙の悪夢は、これからも続いていく。

自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出
自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出(JS11歳/JC12歳)
楽園崩壊 女子高生を16年間騙し島民総出で強姦した理由(JK16歳)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。