ロリ少女官能小説集:紅魔幼稚園(東方/5歳/レミリア)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
某所に投稿した作品です。

東方project非公式二次創作作品。幼稚園の先生となった咲夜さんが、年長さんとなったレミリアお嬢様にエッチなことをするお話です。幼女キャラを独自設定でさらにペドくしたお話。ふたなり・百合注意。苦手な方はすいません。

小説のイメージ【東方project JE 女子幼稚園児 咲夜 レミリア おねロリ 幼女 クンニ レイプ 撮影 中出し 犯罪】

-----------------------
教育に関して、近年人口に膾炙するところとなった、食育という概念がございます。食べ物は人間の元となります。特に体の土台を作る幼稚園から小学校の期間であれば、これに気を配るのも当然といえます。そして、この伝統ある紅魔館幼稚園でも、食育には特別の配慮をしており、幼稚園専属のシェフが最高の栄養バランスの給食を提供しております。

良家の子女が集まるこの紅魔館幼稚園ならば、そんな豪華な給食もあながち贅沢とはいえません。何しろ、ご入園される方々はみな、将来の日本、そして世界のトップとして活躍することを運命づけられた方々なのです。一般庶民の命とちがって、それはもうきっと地球よりも重い価値がございます。数十万円の給食費が、一体なんだというのでしょうか。

私の隣で特注の椅子に腰掛け、上品に箸をすすめるお方は、園児の中でも筆頭です。紅魔財閥の将来の当主、そして現在、学校法人紅魔館の理事長のお孫さんでいらっしゃる、レミリア・スカーレット様でございます。紅魔館幼稚園の制服である、藍色の上下と赤いお帽子、白い靴下と黒い革のお靴、全て誂えたように似合っておいてでした。現在5歳、女の子としては一番可愛らしい時期です。男女の区別も殆ど無い赤子の時分から、だんだんと性差があらわれる2歳・3歳、そして5歳ともなれば、完全に可愛らしい女の子です。それでいて、幼児独特の大きなお腹と、少しむちっとした体型、そんな幼稚園特有の魅力も備えていました。レミリア様は今、女性として一番魅力的な瞬間にある。それが常々思い続けている、私自身の持論です。

横顔を見ながらそんな煩悩をめぐらせる今日このごろでございます。今はお昼時、自分の食事もほっといて、レミリア様のお食事にお付き合いしておりました。先ほど申し上げたとおり、極めて栄養バランスの取れた食事ですが、全て食べていただかないと、健全な発育は望めないのです。私には、レミリア様のお食事を見届ける義務がございます。

「あらあら、お野菜が残っていますよ」
「たまねぎもニンニクもきらいだもの」
「そんな、お食べになってください」
「いやよ。これはいらないわ。さげてちょうだい」

お箸で器用に避けていらっしゃいました。器用なことはよろしいですが、これはいけません。身分違いの身ではありますが、何しろ幼稚園の先生ですから、必要があれば諫言をいたします。

「いけません。きちんと食べずに病気になられでもしたら、悲して寝込んでしまいます」
「うぅー、でも、きらいなものはきらいなのよ」
「存じております」
「めーりんにたべさせなさい。めーりんならくいしんぼだから、よろこんでたべるはずよ」
「美鈴はもう、390円のからあげ弁当を食べました」
「わたしもからあげがいいわ」
「駄目ですよ、食品添加物に汚染されてしまいます。お嬢様、観念して下さい。たまねぎだって、食べてみれば意外と悪くないかもしれませんよ」

レミリア様は好き嫌いが激しく、ニンニクを筆頭に、豆類なども苦手で、気付かれないように料理しないとすぐにお残しになってしまうのです。皿の中の野菜を見つめながら、足をばたつかせていらっしゃいます。私はレミリア様のスプーンを拝借して、野菜を取りあつめました。

「いやよ、たべないといったらたべないわ」
「そうですか……」

レミリア様はつんとした表情で、コップの持ち上げ、水を啜りました。

「では、私が半分食べて差し上げますから」
「……」
「お嬢様のためなんです」

コップを傾けつつ、私の方にそっと目配せをします。凛とした表情、高い鼻、月のように明るいお肌、美しいお嬢様でした。幼いながらも、ミステリアスで高貴な雰囲気です。なんでも、東欧の王族の血も受け継いでいらっしゃるとか。ああ、料理などよりも、今この場であなたを食べてしまいたい。

「わかったわよ。じゅうしゃにしりぬぐいさせるほど、わたしもこどもではないわ」

子供様でいらっしゃいますが。それも、100cm程度の身長で、お人形のように可愛らしいお子様です。

「有難うございます。お偉いですね。信じておりました」
「おおげさよ」

そうしてレミリア様は、この不肖の教師のことを思って、嫌いなたまねぎとニンニクを食べてくださったのです。そのお優しさ、感激です。側から漂ってくる幼い香りもあって、私の下着の中は愛液の洪水になっていました。しかし私は自制します。

「あら、もう完食なさいましたか」
「ええ、それより、おくちがにおってしまうまえに、はみがきをしましょう」

私はレミリア様からよだれかけを外し、椅子のベルトも解除して、下におろしてさしあげました。レミリア様の体は壊れそうなぐらい小さいです。背丈もちょうどわたしの臍のあたりで大変ちんまりとしておりました。

「さくや、はみがきがおわったら、あなたにおあそびをめいじるわ」
「はい、喜んで。かいじゅうモケーレムベンベごっこで宜しいでしょうか」
「それでいいわ」

申し遅れました。私立紅魔館幼稚園で専任教諭を務めております、十六夜咲夜と申します。お勉強の時間のほかは、レミリア様の専属として幼稚園内のお世話を一手に担っております。

子供企画 JS高学年強制AV出演
JSひまりちゃんエッチな初体験実習 近未来性教育


東方project非公式二次創作作品。幼稚園の先生となった咲夜さんが、年長さんとなったレミリアお嬢様にエッチなことをするお話です。幼女キャラを独自設定でさらにペドくしたお話。ふたなり・百合注意。苦手な方はすいません。
→最初から読む←

小説のイメージ【東方project JE 女子幼稚園児 咲夜 レミリア おねロリ 幼女 クンニ レイプ 撮影 中出し 犯罪】

-----------------------
私が幼稚園の先生になろうと考えたのは、そうですね、中学生のころだったでしょうか。私は学校の男子に人気があったのですが、ロマンスの類は一度もありませんでした。思春期に入った私は、自らの性の方向性を自覚したのです。男性より女性、同年代より年下のほうが好きなのだと理解したのです。私だって人並みに悩みました。しかし、悩んだからといって、性欲の根源を変えることはできません。結局、自らの欲求に素直になって生きることにしたのです。

私の好きな小さな女の子が沢山いるのが幼稚園という職場でした。トントン拍子に進学し、資格をとって、あっという間に紅魔館幼稚園への採用が決まりました。紅魔館幼稚園にはお金持ちの家の子が多く、それだけおしゃれで可愛らしい子がおります。給与待遇も極めて良好ですし、好みの女の子も多い。この幼稚園は、私にとって最高の就職口でした。

幸いなことに、私は子供を世話をすることにかけては才能があったようです。私自身の努力もあり、職場での評価はみるみるうちに高まっていきました。それも、いたずらしやすい環境をつくるため。周りの評価が高ければ、先入観が働いて、不審な点が会っても見過ごされるものなのです。その上私は女ですから、紅魔館幼稚園のような上流の幼稚園であっても、そのあたり……エッチなことをしているかどうかのチェックは甘いです。甘すぎて、呆れるほどでした。

最初の年はおっかなびっくりで、月一人のペースでいたずらをして、その程度もせいぜい痴漢レベルに留めておりました。しかし全く気付かれる気配がなかったので、次の年にはもう40人ほど食べていたと思います。画像は全て残してありますから、確かな数字です。次の年はきっかり50人でした。内容もだんだんと過激化して、ペッティングからクンニリングス、ついにはセックスに至るまで関係を続けたこともあります。その収穫は、ロリコン向けのコミュニティや、友人関係の間で、交換材料に供しておりました。そうしてますます手元には過激な作品が揃ったのです。

提供する作品の量と質から、コミュニティ内では、完璧で瀟洒なロリコンとあだ名されてしまいました。しかし、100人を超える人数を経験すると、さすがにマンネリというか、飽きもきます。関係を持てる幼女がいくらでも手に入るとなると、ある程度の所で満足してしまうものなのです。三年目の後半には、月に一人犯せばいいというほどまでに性欲が減退して、あわやロリコン卒業かとも思われました。そこに現れたのが、レミリア・スカーレット様でした。転園されてきたレミリア様の担当に抜擢され、そして恋が始まったのです。レミリア様は他のどの幼稚園児よりも、気高く、美しかったのです。全ての幼女との関係を、過去のものとしてしまうほどに……。

繰り返し述べたとおり、レミリア様は大変尊いお方です。そのため、他のご学友と異なり、専属の教諭を設置するよう、決められておりました。若手の中で最も優秀と目されていた私が、幸いなことに、レミリア様のお世話を預かることとなったのです。このことは、私に多くの自由と時間を与えてくれました。レミリア様のお世話をすればいいのですから、その分、手が空く瞬間も多いのです。勿論、職務はきちんと遂行しますが、途中で抜けだしても不審さはありません。

その間に他の子と関係を築くこともできますし、暗がりに連れ込んでいいことをしてしまうこともできます。そして、なんといっても、一番の本命のレミリア様にお近づきになれる。自然な流れで、どこにでも連れていくことができる。ああ、なんて素晴らしいのでしょう。

私は今日に至るまで、懇切丁寧にレミリア様をお世話して、そしてその信頼と愛情を勝ち取ることが出来たのです、その結果が、今日、これから、この瞬間に試されるのです。心臓が高鳴っています。うっかりすると、不気味な笑みをこぼしてしまいそうです。

「さくや、このおへやでなにをするの?」
「モケーレムベンベごっこですよ」
「わたしのおへやでやらないの?」
「邪魔が入ったら興ざめですから」

レミリア様は、頭にはてなをいっぱい付けたまま、私を見上げていらっしゃいます。

「さぁ、始めましょうか」

私はレミリア様の背丈に合わせて膝立ちになると、すかさずそのお口に口付けをしました。

「んぅ、なによさくや」
「ふふふ」

小さな肩に触れます。腋に、手に、腰に手を回して小さい体を骨格から感じます。

「少し、大きくなられましたね……」
「ねぇ、さくや。かいじゅうは?」

今度はぎゅっと、体を抱きしめます。

「う?」

レミリア様は不安げにきょろきょろと辺りを見ます。そして私の顔をじっと見つめました。正面から見つめ合う体位で、また小さな体を抱きしめます。私の両腕にすっぽり埋まってしまうぐらい小さいお体です。軽くて、儚くて、少し力加減を間違えば壊れてしまいそう。

子供企画 JS高学年強制AV出演
JSひまりちゃんエッチな初体験実習 近未来性教育


東方project非公式二次創作作品。幼稚園の先生となった咲夜さんが、年長さんとなったレミリアお嬢様にエッチなことをするお話です。幼女キャラを独自設定でさらにペドくしたお話。ふたなり・百合注意。苦手な方はすいません。
→最初から読む←

小説のイメージ【東方project JE 女子幼稚園児 咲夜 レミリア おねロリ 幼女 クンニ レイプ 撮影 中出し 犯罪】

-----------------------

「ぅ……さくやぁ、なにかへんよ?」
「何か変ですか?」
「だって、なんでさわったり……」
「ふふ、こういう怪獣なんですよ。がおー。何も変なことなんてございません」
「うぅぅー、もけーれむべんべはそんなことしないわよ……」

私はレミリア様の藍色の制服の中に右手を忍ばせて、プリンのような赤ちゃん肌を味わいます。大人の女性が欲してやまないみずみずしい感触が、なんの加工もごまかしもなしに備わっているのです。私はその肉を味わうために、指の先を蛇のようにくねらせて、幼い乳房へと向かいました。

「ちょっと……!」

豆粒のような乳首はまだ柔らかく、勃起はしていませんでした。やはりレミリア様はまだ幼すぎるようです。情欲よりは、戸惑いの方がずっと大きいようです。私に懐いていた分だけ、困惑も大きいでしょう。本能的に危険を察知したのか、私の体を軽く押しのけようとします。しかし、所詮幼稚園児の力です。

「さわっちゃだめよ……」
「何故駄目なのですか?」
「こんなことみんなしないもの……、」
「そんなことありませんよ。ふふ、おかしなレミリア様」

私がにっこり笑って返すと、もう反論の術もないのか、悲しそうな顔をして口をつぐんでしまいました。いつもの高貴で高飛車な調子はどこにお忘れになったのでしょうか。レミリア様の大きくてくりくりとした瞳が私の顔を見つめます。もうすぐ6歳のお誕生日を迎えられるレミリア様ですが、私の視線も手つきも、何かいやらしいものを含んでいると本能的に察しているようです。頬は赤く、不安げになった表情は、思わず欲情してしまうようないじらしさに満ちていました。その訴えかけるような目を横切って、レミリア様の左耳に舌を伸ばします。

「お耳をいただきますね」
「う、うぅ、う……」

レミリア様のお耳は、わずかに汗ばんでしょっぱい味がしました。耳の表面の迷路から、穴の入り口まで、舌先を走り回らせます。何かこそばゆいようです。私が耳を咥えて、舐めて、息を吹きかけたりするたびに、ぴくりと震えておりました。そうこうしているうちに、私の片手は上半身いじりに飽きたようです。同じく藍色の、上質素材のスカートの中へと向かいました。

レミリア様はおしめを卒業されておりました。しっとりとしたシルクの感触が、心地よくもそれを教えてくれます。この滑らかさ、市販品とは比べるべくもありません。おそらくレミリア様のおしりの形を測定して、特注で生産した逸品なのでしょう。さすがはスカーレット家です。下着一つとっても、一流なのですね。そんな大切なお嬢様の処女を頂いてしまうというのですから、罪は海溝のように深いです。白い肌、赤い瞳、そして幼児ながら均整の取れた芸術品のプロポーション。淡く青がかったミステリアスな体毛、庶民をひれ伏させるような幼くも高貴なお体のにおい。青々と幼い時分に、未来の旦那様に先立って、それを全て私の物としてしまうのです。

「お嬢様、下着をお取りしますね」
「やっ!」

困惑するレミリア様の顔、とても素敵です。真っ白なパンツが降ろされていきます。スカートの中で生尻が顕になった瞬間、待ちきれなくなった私の片手は、レミリア様の幼い尻たぶにむしゃぶりつきました。

「やめて、いうこときいてよ! ねえっ!」
「あらあら、どうかなさいましたか? 下着ぐらいよろしいじゃありませんか、ふふ。お風呂もお召し替えも、いつも私がしておりますのに」

レミリア様はお嬢様です。限度はあるとはいえ、こうまで頼んで思い通りにならないという経験はあまりないはずです。どうしていいのか分からないのでしょう。私が淫行をやめてくれないとみると、レミリア様はしゅんと大人しくなってしまいました。パンツはするりと降りました。私はレミリア様を抱きかかえ、足首に引っかかったそれを完全に取り払ってしまいます。汚れたパンツほど親御さんを心配させるものはありません。

スカートもベストも、上の下着も取り払い、幼稚園のお帽子を脱いでいただきます。不自然な皺が出来ないように丁寧に折りたたみ、部屋の端に置きました。そして私は机の上に、動画録画機能付きの高性能デジタルカメラを設置します。更にメイド服のポケットから取り出したのは、写真撮影のできるスマートフォンです。もちろん、シャッターを切っても音が出ないアプリを導入しております。

「うぅ、ぅ……」

レミリア様には、この歳の女児としては珍しく、乙女としての基本的な恥じらいが備わっておりました。その美しい恥じらいは、きっと紅魔館幼稚園の教育の成果でしょう。裸のまま、両手でおまたを隠していらっしゃいました。しかし、股間を隠すと乳首が、乳首を隠すと股間が丸見えになってしまいます。その様子がむしろ扇情的で、私の心のちんちんを鋭く勃起させてゆきます。

子供企画 JS高学年強制AV出演
JSひまりちゃんエッチな初体験実習 近未来性教育