ロリ少女官能小説集:ふたなり自慰(13歳/百合)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
ふたなりの女子中学生が、お友達を想ってオナニーする話です。ふたなり・百合注意。

小説のイメージ【JC 女子中学生 西洋系 ふたなり オナニー おっぱい 体操着 自慰 百合 ふたなり】

-----------------------

おちんちんが生えたら、女の子が好きになってしまった。私は中学2年生、長谷川由紀。今の髪型は首元までのセミロング……ちょっとイメチェンしようとは思ってる。名前から分かる通り、私は女の子だ。だけど、思春期がやってきて、女の子だったはずの私は、中間の性別ふたなりになってしまった。

思春期の女の子は、ごくまれにクリトリスがペニスになって、ふたなりに変わってしまうのだ。股の間に女の子のものと男の子のものが両方付いていて、どっちも普通に使える。どっちからもおしっこが出せる。今の日本には20万人ぐらい居るけれど、みんな隠してるから、ふたなりじゃない人にとってはあまり身近な性別じゃない。私も周りには女の子と偽って生きている。見た目は女の子だから、疑われることはない。寂しさを感じることもあるけれど、気を使われたりするよりは楽だと思う。

他の女の子ならクリトリスがある場所から、男の子と同じ大きさのちんちんが生えていて、ボッキもするし、射精も出来る。男の子とセックスをすれば赤ちゃんができるし、女の子とセックスすれば妊娠させられる。良いとこ取りだけど、良いことばっかりじゃない。理解してもらう以前に、知られてすらいないのが現実だった。親友がふたなりだって知ったら、あの子はどんな反応をするんだろう。

怖い、かな……やっぱり。気持ち悪がられたらショックだな……。

ソフィアっていう、アメリカ系の女の子……といっても、3歳のころから日本で暮らしてるから、中身はまるっきり日本人だ。みんなソフィって呼んでいる。茶色くて長いクセっ毛で、おめめがクリクリ動いてる。アメリカ人らしく、背はとっても高い。もう160cmを超えてるかもしれない。私と同じ中1なのに、おっぱいは握りしめてもこぼれるぐらいにある。きっと、大きくなったらモデルみたいな美人になるんだろう。そんなソフィだけれど、体にばかり栄養が行っているのか、ちょっと抜けているところがあった。昔からそうだ。だから、私がそばにいて支えてあげる。小学校の始めごろからそんな関係が続いてて、今も似たような関係が保たれていた。

だけど、私は変わってしまった。ただの親友だったはずなのに……ソフィの柔らかい体を見ると、大人の女の人みたいだと思って、ドキドキしてしまう。昔は他の女の子みたいに男の子に恋していたのに、今は女の子のこともかなり気になってしまう。これも全部、ふたなりであることが原因らしい。

ふたなりじゃない人の中にも、女が好きな女の人や、男が好きな男の人もいる。私みたいに両方好きな人もいる。ふたなりは、思春期になると異性もだけじゃなく同性にも恋するようになるらしい。小学校のころ、全国からふたなりが集まる、ふたなり専用の性教育合宿に参加させられて、そこで知ったことだ。

経験から言えば、ふたなりになってから好みが増えるのは本当のことだった。私がふたなりになったのは、小学校の6年生の時だ。突然、周りの女の子が気になりだした。体育とかで一緒に着替えをしていると、だんだんと勃起してしまう。私は必死で、自分がふたなりであることを隠した。ちんちんが付いてて、女の子も好きなふたなりだって気付かれたら、友達との関係が変わってしまう気がしたのだ。もちろん、ソフィにも言ってない。知ってるのは、家族と担任の先生ぐらいだ。

私とソフィは一緒に帰る。私達は一緒のテニス部に入って、放課後の練習を終えたら、手を繋いで帰るのだ。小学校の頃、ソフィがあんまりにもふらふら歩くものだから、心配になって手を繋ぎ始めたのだ。けれど今は、ソフィの温かい手を感じたいから、私から握っている。柔らかい手が好きなんだ。ソフィは疑問を感じてない。鈍い子で良かったと思うけれど、騙しているようで罪悪感もある。私みたいな人間が、ソフィのそばに居て良いんだろうか。そう思ってしまう。

明るい顔、脳天気だけれど裏表のない性格、その可愛らしい横顔を見ながら、私はその体に恋焦がれていた。


ふたなりの女子中学生が、お友達を想ってオナニーする話です。ふたなり・百合注意。
→最初から読む←

小説のイメージ【JC 女子中学生 西洋系 ふたなり オナニー おっぱい 体操着 自慰 百合 ふたなり】

-----------------------

春のうららかな陽気、そよ風とともにソフィの茶色いくせっ毛がせせらいでいた。灰色のチェックスカートに、真っ白なシャツ。大きな紺色のバッグを肩から下げる。部活動で使用した体操着が仕舞われているのだ。教科書は学校に置きっぱなし。先生からすれば、典型的な不真面目学生なのだろう。中学校の制服姿で私達は、手をつなぎながら大通りのそばの歩道を歩いていた。

ソフィは注意力散漫だ。たまに電柱にぶつかりそうになるので、私が気をつけてあげないといけない。反射神経がないのだ。テニス部に入っているのも、私にちょこちょこ付いてきただけで、正直、すごく下手だった。玉さえあまり返せていない。本人が楽しいならいいんだけど。

大通りの角を曲がって、店の立ち並ぶ一角に訪れる。その中にあるコンビニの前で、私は立ち止まった。

「ソフィ、コンビニ寄ろっか」
「んー? なんで?」
「何か買い食いしようよ」
「いいよー」

半ば引きずるようにコンビニの中に入り、一緒に歩いて店内を回る。ソフィはきょろきょろとして落ち着きが無い。コンビニスイーツの棚に立ち寄る。ソフィがシュークリームを取ったので、私も同じものにした。値札には100円と書いてあったので、中学生が買うにはちょうど良いところだった。

「私がお会計してくる」
「そお? ありがとー」

ソフィはがさごそと財布をまさぐり、100円玉を手渡してくる。

「ソフィ、108円だよ」
「うそぉ。だって、100円って書いてあるよ?」
「消費税が上がって、税抜き表示になったの。4月からね……」
「! あー、そうだったそうだった!」
「もう7月だよ。このやりとり10回ぐらいしてない?」
「う、うん、ごめんね」
「別にあやまんなくていいけどさ」

ソフィは照れてはにかむ。こういう仕草が、たまらなく可愛いんだ。普通の子がやったらあざといと思われるところだが、ソフィは裏表を作れるような子じゃない。男心をくすぐるってやつなんだろうけど、私の心もいつのまにかくすぐられるようになってしまった。

「今、8円出すね」
「うん、いいよ。8円ぐらい」
「でも……」
「言った手前なんだけど、大した金額じゃないもん。教えてあげただけ」
「うん……ありがとね。私がお会計してたら、パニックしてたかも」
「1人でお買い物する時は、よーく注意しなさいよ」

私はレジで216円払って店を出た。ソフィはコンビニの入り口で、リズムをとるかのようにゆらゆら横に揺れながら私を待っていた。シュークリームを手渡す。

「落とさないでよ」
「落とさないよー」

コンビニから出る。ソフィはニコニコしてシュークリームの袋を開け、急いで頬張った。クリームを吸いながら甘みを楽しんでいた。一生懸命ぱくついている。はぐっはぐって感じだ。こんなに大きいのに、子供みたいなんだから。ほっぺたにクリームが付いている。私はドキドキしながら指を伸ばした。

「んむ?」

カスタードクリームを掬い取り、自分の口に入れる。甘い。ソフィのほっぺた、柔らかい。

「クリーム付いてた」
「あー、付いてた?」
「もう少し落ち着いて綺麗に食べれば、クリームが付いたりなんてしないよ」

私はソフィの顔から視線を離し、白いシャツの上からでもはっきり分かる、大きな胸を見た。私はスキンシップを装って、その胸に触る。

「胸の栄養を、少しは頭に回せばいいのに」
「そんなこと言われてもー」
「ソフィの胸、また大きくなってない?」
「やっぱり分かる?」
「で、今どれくらいなの」
「えっとねぇ、今付けてるのがEのブラなんだけど、ちょっときついんだよね」
「じゃあ、Fか」
「まんなかぐらい? もうちょっとしたら買い換えないと駄目かも」

私はぺたぺたと胸を触る。女の子で良かった。男の子だったら、こんなに触ることなんて出来なかったはずだ。恋人でもなければ……。丸くて柔らかい。ここの感触は気持ちよくて好きだし、なんだかドキドキしてしまう。私の股の間で大人しくしていたペニスが、だんだんと興奮して大きくなってくる。真っ白な女の子のパンツから、亀頭がはみ出ているのが分かる。私はソフィを完全に性的な目で見ていた。こんなことしちゃいけないのに。顔が火照っているのが分かる。ソフィはいつも通りのぽややんとした顔でこちらを見ている。私はずるい人間なのかもしれない。

やめよう。もう。私はソフィの巨乳からそっと手を離した。ただ、名残惜しさはあった。

「もー、触りすぎだよ」
「いいじゃない。女の子同士なんだし」
「む」
「……じゃあさ、私のも触る?」
「由紀はぺったんこだから触れないもん……」
「ちょっと、人が気にしてることを……傷つくわぁ」

ソフィの顔が曇る。

「おっ、怒った?」
「うそうそ、冗談。怒ってないよ」

そして笑って、ソフィの背中を叩くと、ソフィは頭にはてなを付けて、首を傾げてしまった。本当なら、本当ならこのままソフィを押し倒して、ソフィの中に入ってみたい。柔らかいんだろうな。感じてる顔はどんな風なんだろう。そんなことしたら、私なんて嫌われるかな……。でも、大丈夫。私にはそんな勇気、これっぽっちも無いんだから。ソフィに酷いことなんてそもそも出来ないんだ。どうしようもない性欲は、いつもオナニーで発散している。ソフィのことを想いながら、1人欲望を処理している。

「じゃあ私こっちだから」
「うん、ばいばいー」
「車には気をつけるのよ!」

……ソフィのような子をそういう目でみるのは、本当はいけないことだと分かっていた。オナニーをする私の心は、罪悪感で一杯だった。


ふたなりの女子中学生が、お友達を想ってオナニーする話です。ふたなり・百合注意。
→最初から読む←

小説のイメージ【JC 女子中学生 西洋系 ふたなり オナニー おっぱい 体操着 自慰 百合 ふたなり】

-----------------------

「ただいまー」
「おかえり」

お父さんの声が聞こえる。家に居たのはお父さん1人だけだった。お母さんは仕事、お父さんはいわゆる専業主夫だ。私はリビングに行くと、郵便受けから取った郵便物をお父さんに手渡した。

「手紙。お父さん宛てだよ」
「ああ、ありがとう。気が利くね」
「あとこれ、お母さんに渡しておいて」

そして部屋に戻り、重たいバッグをベッドの上に投げ捨てた。マイラケットに体操着だから、それなりに重い。私はベッドの上に腰を下ろして、ようやく一息ついた。

ソフィと一緒に居て、興奮してしまった私のペニスは、帰路の間に普段通りの落ち着きを取り戻していた。制服のチェックスカートをたくし上げる。白いパンツがもっこりと膨れている。男の人のような玉はないが、棒はあって、サイズも男性とさほど変わりはない。だから女の子なのに――女の子のつもりなのに、男の人のようにパンツが膨らんでしまうのだ。ちんちんというのは、なかなかやっかいなものだ。興奮すると、勝手に大きくなってしまうんだから。授業でうとうとしてると、朝立ちと同じで硬くなってしまう。可愛い女の子を見ると、これまた硬くなってしまう。私が履くのはスカートだ。スカートがテントを張っていたら、物凄く恥ずかしい。

私はきつめのパンツを履いて、そういうことにならないようにしている。きついパンツは、肉が食い込んであまり履き心地は良くないけれど、勃起したペニスが上向きになってくれるので、あまり目立たない。でも、逆に刺激を受けて辛いこともある。

私は白いパンツを下ろした。半剥けの仮性包茎ペニスが、窮屈な下着から解放された。ふにゃりとして元気がない。つまむとぷにぷにとしている。そして肉の棒の下には、他の女の子と同じように膣があった。私はふたなりだから、どっちもばっちり使うことが出来る。どっちでも気持ちよくなることが出来る。ふたなりで良かったなって思うのは、やっぱりそこぐらいだ。

ふたなりは性欲が強いと言われることがある。これは一概には言えなくて、本当に淫乱な人もいれば、清楚で堅苦しい人も居るらしい。けれど、陰茎と膣で2倍快感を感じられるわけだから、エッチなことに興味を持ちやすいというのはあるかもしれない。私は、ちんちんが生えてから、オナニーを頻繁にするようになってしまった。

毎日してる。普通の女の子は、さすがに毎日はしないんだろうな……たぶん。ソフィはしたことあるんだろうか。あまり想像できない。

私はスマートフォンを見る。おかずは、やっぱりあの子だ。体操着にスパッツ姿のソフィ。豊かなボディラインがはっきりと浮き出ている。両手でも抱えきれないぐらいの胸が、私の視線を釘付けにしてしまう。柔らかそうなふとももはあまりに肉感的だった。抱きついたらとっても気持ちがいい。私のペニスはすぐに熱を集め、硬く反り立ってしまった。あの子を想うと、私はいつもこうなってしまうのだ。

私は首をふる。

「先にやることやっちゃおう」

家に帰ってまずオナニーって、女の子としてどうかしてる。

私はちんちんを勃起させたまま立ち上がった。二つの性器を使うから、一回イくと疲れて何も出来なくなってしまう。その前に、汚れた運動着を洗濯機に入れておこう。私はバッグのファスナーを開き、中から服を取り出す。服はぐしゃぐしゃになって突っ込まれていた。普段はちゃんと折りたたんでおくのに……。それに、体操着の上にいつも着ているジャージの色が少しだけ違った。そこでようやく、私は違和感を感じた。私は違和感の正体を探るため、体操着のスパッツを広げてみる。ちょっと大きい気がする。

「ん……?」

そしてスパッツの名前欄を見てみると、下手くそなカタカナで「ソフィア・ブラウン」と書かれていたのだ。

「あれ、これって……あの子の体操着じゃない」

体操着もバッグも学校指定のものを使っている。だから、そのへんに置いておくと、他人に間違えて持って行かれたり、他人の物を間違えて持って行ってしまうことがあるのだ。見た目が全く同じだからどうしようもない。私はどちらかというと慎重な性格だったので、今までそういう失敗は無かった。ソフィの運動着か……あの子に返してあげないと。ひょっとすると、あの子も私のものを持ち帰ってしまっているかもしれない。そうだ、返さないと。

私はソフィの運動着を握る。じんわりと残った熱、そして汗の感触がみょうになまなましかった。……何で私はドキドキしているんだろう。ただの汚れた運動着なのに。あの子の匂いが付いている。いくら仲がいいからって、真正面からソフィの匂いを嗅いだことなんてなかった。

運動着はくしゃくしゃになっている。生唾を飲む。頭がぼうっとした。これと一緒にすれば、あの子を抱いている気分になれるかもしれない。そう思うと、顔がどんどん火照って、下半身が期待のあまり濡れて、ペニスはますます硬くなっていくのである。まずいよ。さすがに最低だよ……私、危ない人間なのかもしれない。

やめなきゃ。こんなこと。下着泥棒と同じだ……。私はベッドの上に座る。ベッドの上に横になる。そして、汗の染み込んだ紺色のスパッツを見てしまうのだ。不快なはずの匂いなのに、体がおかしい。おかしくなっていく。

瞳を閉じるとあの子の姿が見えた。私はベッドの上で体を丸める。写真には残っていないが、私はあの子の裸を見たことがある。私がまだ、ただの女の子だったころの話だ。遠足旅行の温泉宿、あの子はもうおっぱいが膨らんでて、同級生みんなに羨ましがられていた。プールの更衣室で裸を見たこともある。肉感g的なあの子の体を。膣にはもう茶色い毛が生えていた。その時は何とも思わなかった。

けれど、私が中学生になってふたなりに変わっても、あの子はずっと無防備なままだった。当然だ。私のことを女の子だと思っているんだから、隠さないでも良いと思っているんだろう。テニス部の活動。私は勃起を悟られないように厚手のジャージを愛用している。ソフィは対照的に、いつでもスパッツと体操服だ。そして部活動が終わると、ソフィは全裸になって、学校備え付けのシャワーを浴びるのである。私は必死で性器を隠しているが、ソフィはなにもかも丸出しだ。丸くて白いお尻も、陰毛が生えそろい始めた膣も。私は興奮でくらくらしてしまう。更衣室で精子を出してしまったこともある。そしてオナニーの時は、そんな肉感的な体を思い出すのだ。

私の体はほてっていた。ペニスに触れていないのに、妄想だけで呼吸が荒くなっていた。スパッツに手を伸ばす。妄想の中だけでも、あの子を抱かないと収まりが付かない状態になってしまったのである。