ロリ少女官能小説集:幼女妊娠(8歳/色々)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
孤独なおじさんとオナニー幼女が愛を育む話です。

小説のイメージ【小学校低学年 JS オナニー 放尿 撮影 セックス 性教育 中出し 妊娠 おかっぱ ボブカット】

-----------------------

地方の寂れた町、人通りの少ない住宅街の中、中年の男は日曜日の寂しい町中をズボンのポケットに手を入れつつ歩いていた。ぼろぼろの革靴、皺の目出つジャケット。眼鏡にも汚れが目立つ、痩せた貧相な男だった。中年男は顔を上げて道を見渡す。日曜日だっていうのに、大人も子供も見当たらない。街の景色を埋め作る単調な家々も、だいたいが空き家だった。男が若かった30年前は、それなりに活気のある町だったのだが……、30年の間に、ここまで寂れてしまうとは誰が予測できただろう。町の行政もいろいろと対策を練っているようだが、過疎化は止まらない。ろくに仕事もないこんな町じゃ、若い奴らだって寄りつかないだろう。男はそんなことを思いながら、誰も居ない公園の中に入っていく。

錆びたジャングルジムの向こうに、どんよりとした曇り空が広がっている。この公園も、30年前は子供で溢れていた。良い時代だった。男は重度のロリコンであり、大人の女性の柔らかな脂肪では、一切欲情することが出来なかった。大学生だったころは、近所に住む小学生以下の少女にいたずらをして、ロリコンライフを満喫していたのだが……、今はもう、時代遅れのVHSに保存されたおかずを恋人にして、シコシコとマスターベーションをすることしか出来なかった。

幼女へのいたずらはもうしていない。子どもの数が減り、親たちの監視の目が厳しくなった。そして何より、自分に自信がなくなってしまったのだ。大学生のころの若々しい自分ならともかく、薄汚れた中年の自分がいたずらなんて出来るまい。反射神経がなく、とっさの判断が出来ない。勘が鈍っている。足の先から頭のてっぺんまで衰えた気がする。

それに……きっと幼女たちも若い男のほうが好きなのだ。若い男ならばエスコート次第で嫌な気もしないだろう。若い頃は幼女を喜ばせることが出来ていたと思う。だが、こんな中年オヤジともなると、幼女にとっても問題外なのである。中年男が幼女から手を引いたのも、実際に幼女の反応の悪さを体感してからのことだった。優しい風を装っても、不安な泣きそうな顔で俺を見てくるのだ。もう15年前のこと。今となっては、ますます……。俺みたいな薄汚れた中年に触られた幼女は、鳥肌を立てて涙を流し、防犯ブザーを押して周りの大人に助けを求め、わめきながら逃げてしまうに違いないのだ。

時間ほど残酷なものはない。中年男はそんなことを考えながら、一人寂しく静かな公園を歩いていた。幼女専門だった彼には、家族と呼べる物が無かった。両親は他界している。たった一人の兄は、数ヶ月前にガンで亡くなってしまった。子供も居ない。妻も居ない。もっとも、成人女性で勃起しない彼は、妻をつくる気さえ起こさなかったのだが……。

静かな砂場と、誰も居ない滑り台の間を歩き、緑豊かな草むらの側の道を歩く。コンビニで酒とタバコを買って、家に帰ろうか。寂れた町を歩いたところで、大した気晴らしにもならない。家でごろごろしていたほうがマシだ……そう思った瞬間、彼の運命が変わった。草むらの奥から、小さな少女の可愛らしい声が聞こえてきたのである。

それは中年男と肌を重ね、愛をちぎるさだめの娘であった。

「ぁ……はぁ……、んぅ……」

男は耳を疑った。聞き覚えのある声色……、少女の切なげな声。いつか聞いた小学生のあえぎ声に似ていた。中年男はそっとその声をする方向へと歩き、声の主を探した。音を立ててしまわないように、妖精さんに気付かれないように。そっと草むらの向こうを覗いてみる。すると、そこには思った通り、小学生の幼女が居た。それもまだ低学年の。中年男の見立てでは、2年生か、あるいは小柄な3年生である。

小柄なおかっぱ頭の少女で、毛先がわずかに外に跳ねている。白い襟を付けた、紺の長袖のワンピースが可愛らしい。しかし、その白いお尻は丸出しになっている。スカートをまくりあげているのだ。パンツは側の土の上に無造作に脱ぎ捨てられている。

小さい手が、細い指が、尻の下に向かって伸びている。そこにあるのは、間違いなく少女の膣だった。誰にも見られないはずのこの草むらの中で、少女は足の間の不思議な場所を気持ちよくしながら、自分だけの世界に浸っていた。まだ陰毛も生えていないこの少女が、自分からオナニーをしているのだ。こんな野外の草むらの中で……。

「ぅ、ふぅ、ふぅ、ん……ぁぁ……」

可愛らしい子供の声で嬌声をあげる。中年男は、その小さなオナニー幼女を見て、……股間にビリビリくるような、性的な欲望を燃えさからせていた。久々に興奮していた。乱れる幼女を生で見たのは、いつ以来だっただろうか。いつインポテンツになってもおかしくないような枯れかけのペニスが、むくむくと勃起している。中年男は草むらに近づき、そして精一杯の勇気を振り絞って幼女に声をかけた。

「……やぁお嬢ちゃん、こんにちは」
「ひぃうっ!?」

幼女は驚いてしまったようで、妙な声をあげて男を見返してきた。そして……、申し訳なさそうな、叱られる前の子供のような顔をして、しゅんとうつむいてしまった。小さいなりにいけないことをしていた自覚があったのだろう。言葉に詰まっているようだ。見られてしまっても、どう反応して良いのか分からないのかもしれない。膣に伸びた手が、逃げ場を失って硬直している。今にも泣きそうな悲壮感を漂わせながら、幼女はうかがうように上目遣いで男を見た。中年男は優しげな笑顔を崩さない。

「楽しそうだね、どんな遊びなのかな」

幼女の瞳は不安げな色をにじませていたが、中年男が笑顔で見守ってやると、ぽつりと小さな声で語り始めた。

「……分かんない。おまたをね、かいかいしてたら、きもちくなってきて」
「それでこの遊びを覚えたの?」
「うん……」

幼女はまた恥ずかしそうにうつむく。オナニーを見られて、恥じる小学生の女児。中年男は興奮を悟られないように、にっこりと笑いながら草むらの中に入っていく。そして泣きそうな顔をした幼女の頭を優しく撫でてやる。

「凄いね。そんな遊び、おじさんも知らないよ」
「えっ……そうなんだ」
「おじさんにも見せてくれないかな。楽しそうなら、おじさんもやってみたいなぁ」
「おこらない……? きたないかも……」
「怒らないし、汚くなんかないよ。僕は君みたいな可愛い女の子が大好きだからね。お名前は?」
「そのださき」
「園田咲ちゃんか、良い名前だね。何年生?」
「2ねんせい!」
「そっか……、そりゃあおませさんだ。それじゃあ……、どうやるのか、おじさんに教えてくれるかな」
「うん!」

そこで漸く、幼女に笑顔が戻った。ほんの僅かに、にじむような笑顔だったが、先ほどまでの泣きそうな顔と比べれば、ずいぶん明るかった。恐らく、叱られるのが怖かったのだろう。それだけ、オナニーというイベントは、咲という幼女にとって禁断の果実だったわけである。120cmほどしかない小さな体が地面にしゃがみこんでいる。その横に、中年男もしゃがみ、咲の幼い膣を覗き込む。柔らかく膨らんだ二つの丘は、しゃがんでいるおかげで両足に圧迫され、よりぷにぷにな、肉感的なすじに変貌していた。中年男はじっと見入る。幼い少女の膣を間近で見るこの興奮、若い頃を思い出す。中年男のペニスは、すでに20代のころの若々しさを取り戻し、堅く強く反り上がっていたのである。

オナニー幼女の妊娠(JS/女子小学生低学年8歳)(2)へ進む

女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(10歳/18歳/レズ)


孤独なおじさんとオナニー幼女が愛を育む話です。
→最初から読む←

小説のイメージ【小学校低学年 JS オナニー 放尿 撮影 セックス 性教育 中出し 妊娠 おかっぱ ボブカット】

-----------------------

中年男は、しゃがんでいる咲の膣をじっと覗き込む。やわらかい割れ目、皮も小陰唇の出ていない、正真正銘の幼女まんこであった。その大事な部分に、咲のちいさな指がそっとふれる。割れている部分をちょんちょんとはたくようにさわり、たまにすじにそって指の腹を動かして、また断続的にすじの線をつつくのである。

「こうやってねぇ……おまたのところをね、さわるの」
「へぇ、凄いねぇ。こうすると気持ち良いんだ」
「うん……、でね、はやくするとね、もっときもちよくなるんだよ」
「ほほぅ。どれ、おじさんにも見せてよ」
「うん、みせてあげる」

咲はにこにことした笑顔になりながら、可愛らしいオナニーを続けていく。すじの表面をぺちんぺちんとさわり、早く、深くすじの割れ目を触っていく。気持ちよさに酔っているような、ぼうっとした赤ら顔で、夢中になってオナニーを続ける。しかし、咲のオナニーはまだ未熟だった。それ以上気持ちよくなるにはどうしたらいいか分からないようで、ただかすかな気持ちよさに体をひたしながら、膣に微弱な快感を与え続けていたのである。中年男は、自分の指テクで幼女をいかせてやりたい気分になった。可愛らしいけれど、見ていてもどかしいオナニーだった。咲はまた小さく喘ぎながら、息を荒げ始めた。

「咲ちゃん。凄いね。やっぱりおじさんも知らない遊びだったよ」
「そうなんだー。えへへ」
「とっても凄いし、とっても可愛いよ」
「え-、そうかな」
「おじさんも一緒にやってもいいかな」

咲はそのおかっぱ頭で小首をかしげて、中年男の顔を見る。

「いっしょに……、でも、おとこのひとはおまたがないから……」
「そうだね。でも、おじさんでも、咲ちゃんのおまたなら触れるでしょ?」
「さきのおまた?」
「うん。触っても良いかな」
「いいよー」

咲はしゃがんだ足を器用に動かし、笑顔のまま中年男と向かい合わせになる。横から覗き込んでいた男であったが、今度は真ん前から、幼女の膣を拝むことになる。咲の膣はすでにほんのりと濡れていた。オナニーのおかげか、見られていたせいか、それは分からないが、咲は確かに性的興奮を感じているようであった。その柔らかい部分に、男の堅く、かさかさとした指が触れた。枯れ枝のような茶色い男の指と、真っ白で瑞々しい咲の膣はあまりにもミスマッチで、それがかえって言いしれぬ淫靡さを醸し出していた。

「ぁ……!」
「気持ち良い?」
「うん。さすさす、きもちぃよ……」
「そっか。お水が一杯出てきてるね。これは何かな?」
「はぁ、はぁ、ん、えっとね。さわってるとね、でてきちゃうの」
「触って、気持ち良いと出るんだ」
「うん」
「何だろうね、おしっこかな?」
「んーとね、おしっこじゃないの」

やわらかなすじまんこをほぐすように、人差し指と中指で膣を愛撫していた。幼女のそこの肉は物凄くぷるぷるで、触っていて飽きが来ることがない。小学二年生の幼い性器は、男の愛撫が続くにつれ、ひくひくと快感から動くようになっていった。ほんの少しの反応ではあったが、確かに感じている。男の指先はいつのまにかべたべたになっていた。咲は自分で触ることも忘れて、男の動く指を切なげな瞳でみながら、気持ちよさを表現するようにうっとりとした息を繰り返している。

いつのまにか膣は、くちゅくちゅといやらしい音をたてはじめていた。粘液の量が増えるにつれ、気持ちよさが増し、ますますとろとろになっていく。そんな快楽のスパイラルの中に咲という小学生はいた。これほどまでに気持ちよくなったことは今までに無いようで、赤ちゃんのように指をおしゃぶりしながら、中年男の責めをただ受け続けている。

「気持ち良いんだね」
「ふぅ、ふぅ……、ぁああ……、おじさん、とってもうまいね。さきね、すごくきもちくて……、ふぅ、はぅ」

もう腰が砕けかけているようだ。がくんがくんと痙攣しながら、ふらふらと揺れて、尻餅をつきそうになってしまっている。中年男は咲を抱きかかえて、その胸の中でさらなる愛撫を加える。

「はぁ、はぁ、おじさぁん……」
「後はおじさんがやってあげるから、どんどん気持ちよくなっていいからね」
「ぅう、うん、おじさん、がんばって……」

咲は中年男の腕の中で、お姫様抱っこのような体勢になりながら、その下半身は男の欲情に侵略されていた。膣の上を蠢く手。二つの肉が閉じた穴をそっと開き、ピンク色の幼女の中身を露出させる。男はそのデリケートな部分を、咲の反応を伺いながら、くすぐるように触っていく。とろけた瞳が中年男の顔をみていた。クリトリスのあたりを触られるのが嬉しいらしく、陰核を軽く触る度に、色気たっぷりに子供のあえぎ声を漏らしていた。

「はぁ。はぁ、は……あ、あん、ああ、あはぁ……あ゛っ! あ゛うっ!」

体がぴくんぴくんと跳ねる。膣口のあたりを撫でさすっていた指が、膣の痙攣を感じ取った。その痙攣は止まるどころかますます早くなっていく。小さな体がガクンと力を失い、股間のあたりが急に濡れてくる。それは膣からの汁ではない。失禁だった。咲は膣への強い刺激を繰り返されたせいで、おしっこが我慢できなくなり、漏らしてしまったのだ。中年男はあわてて咲を持ち上げる。小さなふたつのふとももを持ちかかえてやって、近くの大木に咲の尿が当たるようにする。中年男のズボンは尿で汚されてしまった。しかし男の心は興奮と達成感に支配されていて、尿くさくなってしまったズボンさえも、ほとんど不快に感じなかった。

「あ、あぁぁ、おもらし、しちゃったぁ……、さきのおまた、おかしくなっちゃった……」
「大丈夫だよ。それより咲ちゃん。今、とっても気持ち良いんじゃない?」
「ひもちぃよ? きもちぃ……くて、あっ、おしっこ、もれちゃった……」

生まれて始めての絶頂。うっとりとした声で自分の快楽を認める幼女は、この世のなによりもエロティックなように、中年男には思えた。木の幹に勢いよく放出される尿はじょぼじょぼと音を立て地面の床を濡らしていく。そして勢いが弱まり、最後にちょろちょろと尿を出した後、咲はぶるりとその小さな体を震わせたのであった。中年男は快楽を表明する姿にいとおしさを感じながら、携帯していたポケットティッシュで汚れた膣を拭いてやった。

「おじさんありがとぉ……」

恍惚の笑みをうかべ、中年男の胸に体を密着させながら、咲はお礼を言った。

「さき、こんなのはじめて……」
「そうか。良かったね。そんなに気持ちよかったんだ」
「うん。とぉっても、きもちかったよ……」
「咲ちゃんはこういう遊びが好きなんだね」
「だいすきだよ……、きもち、いいもん……」
「そうか」

咲は満足したようだが、中年男の粘っこい欲望は消えるどころか溢れんばかりに膨れあがっていた。目の前の女児、自分の手でイかせた幼女。その喜びに満ちた笑顔を観察しながら、男はある種の喜びを感じていた。小さくも欲望に忠実な幼女を、この世の極楽にまで導いて遣った達成感。そして、自分のような中年でも、幼女を悦ばせられるのだという感覚。中年男は快楽の余韻にひたる咲に、優しく言葉をかける。

「咲ちゃん。おじさんのおうちにおいで。もっと気持ちよくて、楽しい遊びをしよう」
「うん……、さき、きもちいのすき……」

そして咲は、膣から液体を垂らした。それは尿ではなかった。膣液、喜びの汁だった。咲は小学二年生でありながら、中年男の誘いに股を濡らして悦んでいた。咲には、まだその正体が分かっていない。性器がまた濡れている、その感触だけが咲の認識出来る全てだ。しかし、結局のところそれは……咲という少女が初めて抱いた、異性への欲情、小さな子供の性欲なのであった。

オナニー幼女の妊娠(JS/女子小学生低学年8歳)(3)へ進む

女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(10歳/18歳/レズ)


孤独なおじさんとオナニー幼女が愛を育む話です。
→最初から読む←

小説のイメージ【小学校低学年 JS オナニー 放尿 撮影 セックス 性教育 中出し 妊娠 おかっぱ ボブカット】

-----------------------

男の住居は一軒家である。両親から相続した、二階建ての古い木造建築だ。昔ながらの瓦屋根が今も残っている。玄関の引き戸から、年季の入った木枠の窓まで、全てにおいて建て付けが悪い。床をあるけばぎいぎいと音が鳴るし、壁紙だってはげているところが目立つ。この家は、中年男が生まれ育った生家でもあった。彼が育ち、巣立って、また戻ってくるまでの間に、中年男の体同様、中身も外見も古びてしまった。さらに、彼は一人になって、ずいぶんとずぼらになった。

「ちらかってるねー」

咲は玄関から上がり、居間に案内されると、小学生らしい正直な感想を漏らした。新聞紙が床にばらまかれ、本が山積みになり、インスタントラーメンや冷凍食品の空き袋が、ゴミ箱にも入れられないで放置されていた。

「いやぁ、一人でいるとどうしてもね。こんな風になっちゃうんだよ」
「だめだよ、おそうじしなきゃ。さきね、おてつだいしてあげる」
「大丈夫だよ、自分でやるから」
「えー……」

咲はしょんぼりして床に散らかっているものを見渡す。小さな手を閉じたり知らいたりしながら、ちらちらと中年男を見る。どうも咲は「おてつだいしてあげる」のではなく、「おてつだいをしてみたい」らしい。所詮小学生だから、仮に手伝ってもらったとしても、大半は中年男がやることになるだろうが……とりあえず、ここでより仲良くなっておくのも良いのかもしれない。それに、いい加減掃除をした方がいいと、男自身も思っていたところだ。中年男は咲の頭をそっと撫でてまた笑顔を作る。

「それじゃあ、咲ちゃんに甘えちゃおうかな」
「おてつだいしてもいいの?」
「咲ちゃんがやってくれたら、とっても助かるな」
「うん、さきがんばる!」
「おじさんはちょっと着替えてくるから、そうだな……、あそこのゴミをゴミ箱に入れてくれるかな」
「ごはんのふくろ?」
「うん」
「わかった、やるね!」

あるべきものを、あるべき場所に。捨てるべきものを、捨てるべき場所に。大した作業でもないはずだったが、量が多いとなかなか大変だ。新聞紙をまとめて縛り、いらない雑誌を束ね、ゴミはゴミ袋へ。そして玄関のあたりにまとめておく。収集の日は決まっているから、今日出すわけにはいかない。そこはスッキリしなかったが、とりあえず居間が綺麗になったのは、一つの進歩だった。咲はぱたぱたとはたきで埃を払い、畳の上のゴミは中年男が掃除機で吸った。

当初の目的を忘れてしまうような風景だった。1時間もして居間が片付く頃には、中年男の勃起も収まってしまっていた。しかし、これでより親密になれただろう。咲も先程より、少しだけ打ち解けているように見えた。中年男は、冷蔵庫から麦茶を持ってくる。

「ごめんね、ジュースは無かったんだ」
「いいよー。たくさんのむと、むしばになっちゃうもん」

咲の頬には汗が浮かんでいた。小学生らしく、あまり恥じらっていない。ロリコンの目からすると、際どい仕草も多い。大股開きで足を投げ出し、ワンピースのスカートでパタパタと下半身を扇いでいる。咲は透明なコップに口をつけ、中に入った茶色いお茶をぐびぐびと飲んでいた。

「おっ、一気飲みかな」

そう言われた咲はやる気を出したのか、一気にコップを傾け、本当に全部飲み込んでしまった。茶色い液体が全て咲の中に取り込まれ、ぷはぁと一息。咲はコップを置いて足をぱたつかせた。

「おかわりはいるかな」
「んーと、もういらない」
「そっか」
「ほかのおへやはそうじしないの?」
「いいよいいよ、疲れただろう。また咲ちゃんが来てくれたら、続きはやるよ」
「はーい」

中年男は空きコップを持って台所に向かい、すぐに戻ってくる。咲は畳に寝っ転がり、無邪気にころころ転がって、中年男の足に抱きついた。スカートは半分めくれており、細く小さなふくらはぎが布の合間から覗いていた。

「つかまえたー」
「捕まっちゃった」
「あははは」
「咲ちゃんは元気だね」

中年男はしゃがんでその小さなおかっぱ頭を撫でる。ぱっちりした瞳が笑みをつくり、中年男を見上げている。自分ももう50代半ばだ。ありえないことだが、若いうちに結婚していたら、これぐらいの孫が出来ていた可能性もあったのかもしれない。とはいえ、自分は重度のロリコンだ。娘や孫……、いつもそばにいる可愛らしい少女。そんな存在がいたら、自分のような人間が我慢なんて、万に一つも出来なかっただろう。現実の自分に逮捕歴は無いが、子どもがいたら危なかったかもしれない。娘は近くていたずらしやすいが、その一方で、疑われれば逃げ場はない。そんなことを考えながら、咲を見ていると、中年男の性欲が再び盛り上がってくる。頭を撫でていた手は、小さい背中や腕、そして胸へと向かっていった。

「やぁー」

ワンピース越しに胸を触ると、咲は冗談っぽく胸をかばって、転がり離れていく。咲の胸は二年生にしてはずいぶんと膨れているような気がした。

「おじさんがおっぱいさわったー」
「いや、ごめんごめん。わざとじゃないんだ」

咲に怒っている様子はない。あくまでふざけているだけのようだ。

「ほら、咲ちゃん。こっちおいで」
「なに、おじさん?」
「そろそろ、さっきの続きをしようか」
「きもちいいの? するするー」

中年男は居間にあるカーテンを全て閉めて、慎重に戸締まりを確認した。敷地の周りに塀はある。とはいえ、念には念を入れる慎重さはいつになっても忘れてはいけない。自分のやっていることは、世間から見れば犯罪なのだ。覗かれる心配はないと思いつつも、細心の注意をはらい、準備を進める。久々のいたずらであったが、この男の記憶は肉体に宿っていた。何をすればいいかは、全て直感で分かった。

そして準備が終わると、中年男は、畳の上で女の子座りをする咲の元にやってきた。そのころにはもう、中年男のペニスは当初の勃起を取り戻していた。膨らんだ物に気付かない、気付いたとしても意味も読み取れないような幼女に、性的ないたずらをするのだ。

「何するの、おじさん? もういっかい、すりすりしてくれるの?」
「いや、それでもいいんだけどね……。おじさん、いいことを思いついたんだよ。びっくりしないでね」

そして中年男はズボンを下ろし、黒くてかてかと光る勃起ペニスを、小学生の目の前で露出させたのである。

オナニー幼女の妊娠(JS/女子小学生低学年8歳)(4)へ進む

女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(10歳/18歳/レズ)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。